1. ホーム
  2. 地図からの選択
  3. 危険・スポット・広域情報
  4. スーダン
スーダン

危険情報

現在,感染症危険情報は出ておりません。

周辺国危険度表示
該当国危険表示
高倍率
通常倍率

2019年09月05日

レベル3
渡航中止勧告
レベル2
不要不急の渡航中止

【危険度】
●ダルフール地方5州(東ダルフール州,西ダルフール州,南ダルフール州,北ダルフール州及び中央ダルフール州),南コルドファン州,西コルドファン州(アビエ地域を含む。),青ナイル州,紅海州(ポートスーダン),エリトリアとの国境地帯(紅海州,カッサラ州),南スーダンとの国境地帯(白ナイル州,センナール州),リビアとの国境地帯(北部州)
レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)

●ハルツーム州(首都ハルツームを含む),北コルドファン州,紅海州(ポートスーダン及びエリトリアとの国境地帯を除く),カッサラ州(エリトリアとの国境地帯を除く),ガダーレフ州,北部州(リビアとの国境地帯を除く),ナイル州,ゲジーラ州,センナール州(南スーダンとの国境地帯を除く),白ナイル州(南スーダンとの国境地帯を除く)
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(引き下げ)

【ポイント】
●2019年4月11日,バシール大統領(当時)を含む政府要人の身柄が拘束され,スーダンを暫定的に統治する機構として暫定軍事評議会(TMC)が設置されましたが,民政移管を求める「自由と変化宣言」署名派(DFC)は,スーダン全土においてTMCに対する抗議活動を継続し,6月3日にはTMCが治安上の理由により,軍総司令部前の座り込みを行っていた抗議者を強制排除したことにより,多数の死傷者が発生しました。
●その後,アフリカ連合(AU)やエチオピアの仲介のもと,TMCとDFCにより民政移管の協議が進められた結果,8月17日,軍民双方が参加する暫定的な統治機構の設立に関する合意文書への署名が行われ,国内の緊張状態が相当程度緩和されたことから,ハルツーム州(首都ハルツームを含む),北コルドファン州,紅海州(ポートスーダン及びエリトリアとの国境地帯を除く),カッサラ州(エリトリアとの国境地帯を除く),ガダーレフ州(エリトリアとの国境地帯を除く),北部州(リビアとの国境地帯を除く),ナイル州,ゲジーラ州,センナール州(南スーダンとの国境地帯を除く),白ナイル州(南スーダンとの国境地帯を除く)の危険レベルを「危険レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」に引き下げます。
●一方,暫定的な統治機構への参加を拒んでいる政党・勢力も存在しますので,引き続き情勢を注視する必要があります。

現地大使館・総領事館からの安全情報

※クリックすると詳細が表示されます
  • 別ウインドウが開きます

  • 別ウインドウが開きます

  • 別ウインドウが開きます

現在、現地大使館・総領事館からの安全情報は出ておりません。

スポット情報・広域情報

※クリックすると詳細が表示されます

◆【スポット情報】 2019年04月12日
スーダン:抗議行動の継続に伴う注意喚起(継続)

◆【スポット情報】 2019年04月10日
スーダン:抗議行動の拡大に伴う注意喚起(継続)

◆【スポット情報】 2019年03月01日
スーダン:非常事態宣言発出に伴う注意喚起(新規)

●【広域情報】 2018年07月10日
薬剤耐性(AMR)について

●【広域情報】 2018年04月27日
国際的詐欺事件に対する注意喚起

●【広域情報】 2016年01月26日
狂犬病~もし咬まれたら,すぐに医療機関へ


page TOP