1. ホーム
  2. 地図からの選択
  3. 危険・スポット・広域情報
  4. ベネズエラ
ベネズエラ

危険情報

現在,感染症危険情報は出ておりません。

周辺国危険度表示
該当国危険表示
高倍率
通常倍率

2019年02月27日

レベル3
渡航中止勧告
レベル2
不要不急の渡航中止

【危険レベル】
●ブラジルとの国境地帯(アマゾナス州の一部)
 :レベル3:渡航は止めて下さい。(渡航中止勧告)(引き上げ)

●カラカス首都圏,ミランダ州,スリア州,カラボボ州,タチラ州,アラグア州,グアリコ州,アンソアテギ州,ボリバル州及びマイケティア(シモン・ボリバル)国際空港周辺地域及びコロンビアとの国境地帯
 :レベル3:渡航は止めて下さい。(渡航中止勧告)(継続)

●上記以外の地域
 :レベル2:不要不急の渡航は止めて下さい。(継続)

【ポイント】
●本年2月23日,コロンビア及びブラジルの国境地帯では,人道支援物資搬入に伴う衝突があり,多数の死傷者が発生しています。人道支援物資搬入は,今後も継続されることが発表されており,不測の事態が発生する可能性があります。かかる新たな情勢が生じていることを踏まえ,ブラジルとの国境地域のうち,これまでに引き上げられていない地域についても,危険情報をレベル3に引き上げます。同地域への渡航は止めてください。
●本年1月10日,マドゥーロ大統領が2期目の大統領就任の宣誓をしたのに対し,1月23日,グアイド国会議長は,憲法に基づき暫定大統領に就任したことを宣言するとともに,政権交代に向けたデモを引き続き呼びかけ,これに対し,カラカス等において,一部暴徒化したデモを鎮圧するため,治安当局が銃器や催涙弾を使用し多数の死傷者が生じています。今後も,国内全土において大規模なデモが発生する可能性があります。
●カラカス首都圏,ミランダ州,スリア州,カラボボ州,タチラ州,アラグア州,グアリコ州,アンソアテギ州等では,既に2017年4月から,生活インフラの整備を求めるデモ・抗議集会が頻繁に発生しており,上記のとおり本年1月以降もデモ等の発生は続いています。同地域への渡航は止めてください。
既に滞在している方は,今後のベネズエラの国政を巡る情勢を踏まえ,国外に退避することも考慮してください。

現地大使館・総領事館からの安全情報

※クリックすると詳細が表示されます
  • 別ウインドウが開きます

  • 別ウインドウが開きます

  • 別ウインドウが開きます

現在、現地大使館・総領事館からの安全情報は出ておりません。

スポット情報・広域情報

※クリックすると詳細が表示されます

◆【スポット情報】 2019年07月23日
ベネズエラ:大規模停電に関する注意喚起(その2)

●【広域情報】 2019年05月28日
ハリケーン・シーズンに際しての注意喚起

◆【スポット情報】 2019年03月08日
ベネズエラ:大規模停電に関する注意喚起(新規)

●【広域情報】 2018年07月10日
薬剤耐性(AMR)について

●【広域情報】 2018年04月27日
国際的詐欺事件に対する注意喚起

●【広域情報】 2016年01月26日
狂犬病~もし咬まれたら,すぐに医療機関へ


page TOP