1. ホーム
  2. 地図からの選択
  3. 危険・スポット・広域情報
  4. コンゴ民主共和国
コンゴ民主共和国

危険情報

現在,感染症危険情報が出ております。

周辺国危険度表示
該当国危険表示
高倍率
通常倍率

2019年04月09日

レベル4
退避勧告
レベル3
渡航中止勧告
レベル2
不要不急の渡航中止

【危険度】
●カサイ3州(カサイ州,中央カサイ州及び東カサイ州)
 レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)(継続)
●バ=ズエレ州の中央アフリカ国境地帯,オー=ウエレ州,イツリ州,北キブ州及び南キブ州
 レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)(継続)
●北ウバンギ州の中央アフリカ国境地帯及び南ウバンギ州の中央アフリカ国境地帯
 レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
●上記以外の地域
 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)

【ポイント】
●中南部に位置するカサイ3州では,2016年8月に伝統的首長のカムウィナ・ンサプが当局との衝突で殺害されて以降,同氏を信奉する民兵組織と当局との衝突が連続して発生するなど,治安情勢が著しく悪化し,2017年には国連職員2人が殺害される事案が発生しました。引き続き,同地域への渡航は絶対に止めてください。
●危険度レベル4を発出している東部地域などにおいては,依然として反政府勢力による地元住人の虐殺,誘拐などの非人道的行為の発生が報告されているため,渡航は絶対に止めてください。
●2018年12月,2016年以降延期となっていた大統領選挙及び国民議会選挙・州議会選挙が実施され,2019年1月,チセケディ野党民主社会進歩連合(UDPS)党首が第5代大統領に就任しました。候補者の1人であったファユルECiDe党首は選挙のやり直しを求めるなど選挙結果に抗議しており,引き続き政治情勢を注視する必要があります。

感染症危険情報

現在,感染症危険情報が出ております。

感染症危険表示
高倍率
通常倍率

2019年07月18日
コンゴ民主共和国及びウガンダ共和国におけるエボラ出血熱の発生

レベル2
不要不急の渡航中止(感染症)

【危険度】
●コンゴ民主共和国
レベル2:不要不急の渡航は止めてください(引き上げ)
●アンゴラ,ウガンダ,コンゴ共和国,ザンビア,タンザニア,中央アフリカ,南スーダン,ブルンジ,ルワンダ 
レベル1:十分注意してください(継続)

感染が拡大する可能性があるので,最新情報の入手に努めてください。
現地で十分な医療が受けられない恐れがありますので,症例が発生している場所には近付かないでください。
コンゴ民主共和国及びウガンダ共和国における感染例数等についての最新情報は,「感染症スポット情報」でご確認ください。
コンゴ民主共和国:
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_103.html
ウガンダ共和国:
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_093.html

【ポイント】
●7月17日,世界保健機関(WHO)は,コンゴ民主共和国におけるエボラ出血熱の発生状況について,緊急委員会の第4回会合を開催し,「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)」を宣言しましたので,コンゴ民主共和国の感染症危険レベルをレベル2に引き上げます。
●エボラ出血熱は,致死率が非常に高い極めて危険な感染症で,主として感染者の体液等(血液,分泌物,吐物・排泄物)に触れることにより感染します。コンゴ民主共和国及びその周辺国への渡航・滞在にあたっては,感染者が発生している地域には近づかないようにし,最新情報の入手に努めるよう,十分注意してください。

現地大使館・総領事館からの安全情報

※クリックすると詳細が表示されます
  • 別ウインドウが開きます

  • 別ウインドウが開きます

  • 別ウインドウが開きます

現在、現地大使館・総領事館からの安全情報は出ておりません。

スポット情報・広域情報

※クリックすると詳細が表示されます

●【広域情報】 2018年07月10日
薬剤耐性(AMR)について

●【広域情報】 2018年04月27日
国際的詐欺事件に対する注意喚起

●【広域情報】 2016年01月26日
狂犬病~もし咬まれたら,すぐに医療機関へ


page TOP