ケニア | Kenya > 危険情報・スポット情報・広域情報

ケニア Kenya

危険情報※クリックすると詳細が表示されます

「危険情報」とは?
MOFA's Overseas Travel Safety Information

現在,感染症危険情報は出ておりません。

周辺国危険度表示
該当国危険表示
高倍率
通常倍率

2018年03月14日

レベル4
退避勧告
レベル3
渡航中止勧告
レベル2
不要不急の渡航中止
レベル1
十分注意

●ソマリアとの国境地帯,北東地域ダダーブ難民キャンプ周辺地域及び北東地域ガリッサ郡ガリッサ
 レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)(継続)
●リフトバレー地域トゥルカナ郡の南スーダン,ウガンダとの国境地帯及び南部一帯,ウェスト・ポコット郡,バリンゴ郡北部一帯,北東地域マンデラ郡,ワジル郡,ガリッサ郡の一部及び沿岸地域ラム郡の一部
 レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
●ナイロビ郡の一部(ナイロビ東部イスリー地区周辺地域、キベラ、マザレ、カワンガレ等スラム街周辺地域),リフトバレー地域トゥルカナ郡の一部,東部地域マルサビット郡,サンブル郡及びイシオロ郡,沿岸地域タナ・リバー郡及びモンバサ郡
 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)
●その他の地域
 レベル1:十分注意してください。(継続)

【ポイント】
●2017年の大統領選挙の結果を巡って,与野党支持者の間で首都を含む各地で散発的に衝突が発生した他,野党大連合(NASA)は,オディンガ同代表の「大統領」就任式を実施する等,国内情勢が不安定化しました。現時点では,与野党間の対立は落ち着きを見せているものの,引き続き情勢を注視する必要があります。
●ケニア国内においては,各地で様々な凶悪犯罪や暴力事件が頻発しています。また,テロの危険もあることから,ケニアへの渡航は以下の点に留意してください。


現地大使館・総領事館からの安全情報※クリックすると詳細が表示されます

  • 別ウインドウが開きます

  • 別ウインドウが開きます

  • 別ウインドウが開きます

現在、現地大使館・総領事館からの安全情報は出ておりません。

スポット情報・広域情報※クリックすると詳細が表示されます

●【広域情報】 2018年05月07日
ラマダン月の注意喚起

●【広域情報】 2018年04月27日
国際的詐欺事件に対する注意喚起

◆【スポット情報】 2017年10月20日
ケニア:大統領選挙再実施に伴う注意喚起(その4)

◆【スポット情報】 2017年09月12日
ケニア:大統領選挙再実施に伴う注意喚起(その3)

◆【スポット情報】 2017年07月21日
ケニアにおけるコレラの流行

◆【スポット情報】 2017年06月08日
ケニア:総選挙及び選挙活動の開始等に伴う注意喚起

●【広域情報】 2016年01月26日
狂犬病~もし咬まれたら,すぐに医療機関へ

●【広域情報】 2010年09月10日
多剤耐性菌について