1. ホーム
  2. 地図からの選択
  3. 危険・スポット・広域情報
  4. レバノン
レバノン

危険情報

現在,感染症危険情報は出ておりません。

周辺国危険度表示
該当国危険表示
高倍率
通常倍率

2018年11月14日

レベル4
退避勧告
レベル3
渡航中止勧告
レベル2
不要不急の渡航中止
レベル1
十分注意

【危険度】
●バールベック・ヘルメル県の一部(アルサール)
レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)(継続)
●バールベック・ヘルメル県北部(アルサールを除く)及び東部(バールベック遺跡周辺を除く),アッカール県北部,ベカー県東部,ナバティーエ県北東部,南レバノン県南部(ティール以北の地中海沿岸地域を除く),ベイルート南郊外(ダーヒヤ地区),パレスチナ難民キャンプ
レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
●バールベック・ヘルメル県バールベック遺跡周辺,南レバノン県ティール以北の地中海沿岸地域
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(引き下げ)
●アッカール県南部,バールベック・ヘルメル県南西部,北レバノン県トリポリ市
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)
●ベカー県西部
レベル1:十分注意してください。(引き下げ)
●上記以外の地域(ダーヒヤ地区を除く首都ベイルート市,山岳レバノン県,トリポリ市を除く北レバノン県,南レバノン県北部,ナバティーエ県北西部
レベル1:十分注意してください。(継続)

【ポイント】
●アルサールは,2017年8月にレバノン国軍が掃討作戦を展開するまでイスラム過激派組織ISILが占拠していた地域です。現在も軍による地雷除去作業や捜索活動が続けられていますので,同地域への渡航は止めてください。既に滞在中の方は避難してください。
●シリアと国境を接するレバノン北部,東部及び南部の「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」を発出している地域は軍が警戒監視を強化し,一般人の立ち入りを制限している場所を含んでおり,不審者とみられた場合は拘束される危険性があります。また,パレスチナ難民キャンプ内及びその周辺では手榴弾投擲や銃撃戦が確認されていますので,同地域への渡航は止めて下さい。
●バールベック・ヘルメル県バールベック遺跡周辺では,当局が治安対策を強化しています。その徹底した対策が功を奏し,一般人を巻き込んだ事件の発生件数は大幅に減少していることから,同地域に発出されていた「危険レベル3:渡航は止めてください。」を「危険レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」に引き下げます。ただし,同地域の周辺では部族間の対立に起因した衝突が散発的に発生しているため,同地域への不要不急の渡航は控えてください。
●南レバノン県ティールはバールベックと同様,当局の徹底した対策により事件の発生件数は大幅に減少しています。また,同地域においては地雷が撤去されたことから,ティール以北の地中海沿岸地域について「危険レベル3:渡航は止めてください。」を「危険レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」に引き下げます。ただし,同地域の周辺には国連部隊の展開地があり,一般人の立ち入りが制限されるなど警備が厳重な区域もありますので,同地域への不要不急の渡航は控えてください。
●ベカー県西部では当局の治安対策が功を奏し,近年誘拐を始めとした凶悪事件を含め犯罪の発生件数が減少していることから,同地域に発出されていた「危険レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」を「レベル1:十分注意してください。」に引き下げます。ただし,テロの脅威や一般犯罪に巻き込まれる可能性がないわけではないため十分注意してください。

現地大使館・総領事館からの安全情報

※クリックすると詳細が表示されます
  • 別ウインドウが開きます

  • 別ウインドウが開きます

  • 別ウインドウが開きます

現在、現地大使館・総領事館からの安全情報は出ておりません。

page TOP