1. ホーム
  2. 地図からの選択
  3. 危険・スポット・広域情報
  4. レバノン
レバノン

危険情報

現在,感染症危険情報は出ておりません。

周辺国危険度表示
該当国危険表示
高倍率
通常倍率

2017年12月28日

レベル4
退避勧告
レベル3
渡航中止勧告
レベル2
不要不急の渡航中止
レベル1
十分注意

【危険度】
●バールベック・ヘルメル県の一部(アルサール)
レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)(継続)
●バールベック・ヘルメル県アル・カーアからベカー県キファール・ザバドにかかるシリアとの国境地帯(アルサールを除く)
レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(引き下げ)
●アッカール県北部,バールベック・ヘルメル県北東部,ベカー県東部,ナバティーエ県北東部,南レバノン県南部,ベイルート南郊外(ダーヒヤ地区),パレスチナ難民キャンプ
レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
●アッカール県南部,バールベック・ヘルメル県南西部,ベカー県西部,北レバノン県トリポリ市
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(引き下げ)
●上記以外の地域(ダーヒヤ地区を除く首都ベイルート市,山岳レバノン県,北レバノン県(トリポリ市を除く),南レバノン県北部,ナバティーエ県北西部
レベル1:十分注意してください。(引き下げ)

【ポイント】
●アルサールは,2017年8月にレバノン国軍が掃討作戦を展開するまでイスラム過激派組織ISIL(イラク・レバントのイスラム国)が占拠していた地域です。現在も軍による地雷除去作業や捜索活動が続けられていますので,同地域への渡航は止めてください。既に滞在中の方は避難してください。
●シリアと国境を接するレバノン北部及び南部の「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」を発出している地域は軍が警戒監視を強化し,一般人の立ち入りを制限している場所を含んでおり,不審者とみられた場合は拘束される危険性があります。また,パレスチナ難民キャンプ内及びその周辺では手榴弾投擲や銃撃戦が確認されていますので,同地域への渡航は止めて下さい。
●ベイルートを含む地中海側及び中央部の県や都市については危険レベルを引き下げましたが,テロの脅威が完全になくなったわけではないことを十分ご理解ください。

現地大使館・総領事館からの安全情報

※クリックすると詳細が表示されます
  • 別ウインドウが開きます

  • 別ウインドウが開きます

  • 別ウインドウが開きます

現在、現地大使館・総領事館からの安全情報は出ておりません。

page TOP