1. ホーム
  2. 地図からの選択
  3. 危険・スポット・広域情報
  4. ブルキナファソ
ブルキナファソ

危険情報

現在,感染症危険情報は出ておりません。

周辺国危険度表示
該当国危険表示
高倍率
通常倍率

2019年02月13日

レベル4
退避勧告
レベル3
渡航中止勧告
レベル2
不要不急の渡航中止
レベル1
十分注意

【危険度】
●北部マリ国境周辺地域,東部ニジェール,ベナン及びトーゴ国境周辺地域
 レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)(継続)
●南西部コートジボワール国境周辺地域,北部マリ国境周辺地域,北西部マリ国境周辺地域,東部ニジェール国境周辺地域
 レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
●マリ国境付近のレベル3及びレベル4発出地域以南の地域
 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)
●ニジェール,ベナン及びトーゴ国境付近のレベル3及び4発出地域以西の地域
 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(引き上げ)
●首都ワガドゥグ市
 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)
●上記を除く地域
 レベル1:十分注意してください。(継続)

【ポイント】
●2015年11月のカボレ現政権発足以降,マリ及びニジェール国境地域では武装集団による誘拐やテロ事件が多発しており,治安情勢が急激に悪化していることから,2019年1月,ブルキナファソ政府は同地域に対する非常事態宣言を発令しました。
●首都ワガドゥグ市では,大規模テロ事件が3度発生しており,2018年5月にはテロリストの拠点が摘発されています。今後もテロ事件等の不測の事態が発生する懸念があり,レベル2を継続しますので,不要不急の渡航は止めてください。
●2018年6月以降,東部のニジェール,ベナン及びトーゴ国境周辺については,武装集団による襲撃事件が急増しているため,危険度をレベル4としています。同地域に滞在している方は,直ちに安全な地域へ退避してください。また,これら地域への渡航を予定している方は,渡航を中止してください。
●南西部のコートジボワール国境周辺については,2018年に武装集団による治安部隊等への襲撃事件が複数発生し,今後もテロ事件等の脅威が認められるため,一部をレベル3としていますので,渡航は止めてください。
●東部のセノ県南部,ヤガ県西部,グナグナ県,コモンジャリ県西部,グルマ県西部及びクルペロゴ県西部については,テロ事件が頻発している地域と隣接しており,2019年1月に発令された非常事態宣言の対象地域となっているため,レベル1から2に引き上げますので,不要不急の渡航は止めてください。

現地大使館・総領事館からの安全情報

※クリックすると詳細が表示されます
  • 別ウインドウが開きます

  • 別ウインドウが開きます

  • 別ウインドウが開きます

現在、現地大使館・総領事館からの安全情報は出ておりません。

スポット情報・広域情報

※クリックすると詳細が表示されます

●【広域情報】 2019年04月18日
ラマダン月に伴う注意喚起

●【広域情報】 2018年07月10日
薬剤耐性(AMR)について

●【広域情報】 2018年04月27日
国際的詐欺事件に対する注意喚起

●【広域情報】 2018年03月23日
アフリカ西部:テロに関する注意喚起

●【広域情報】 2016年01月26日
狂犬病~もし咬まれたら,すぐに医療機関へ


page TOP