1. ホーム
  2. 地図からの選択
  3. 危険・スポット・広域情報
  4. インドネシア
インドネシア

危険情報

現在,感染症危険情報は出ておりません。

周辺国危険度表示
該当国危険表示
高倍率
通常倍率

2018年08月07日

レベル2
不要不急の渡航中止
レベル1
十分注意

【危険度】
●パプア州(プンチャック・ジャヤ県,ミミカ県のみ)及び中部スラウェシ州ポソ県
 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)
●上記を除くすべての地域(首都ジャカルタ及びバリ島を含む。)
 レベル1:十分注意してください。(継続)

【ポイント】
●インドネシア各地において,自爆テロ,警察官襲撃,宗教施設襲撃等のテロ事件(未遂を含む)が発生していますので,テロ等の被害に遭わないよう,海外安全ホームページ及び報道等により最新の治安・テロ情勢等の関連情報の入手に努め,状況に応じて適切かつ十分な安全対策を講じてください。
●パプア州プンチャック・ジャヤ県及びミミカ県においては,分離独立を求める武装集団が治安当局等を襲撃する事案が散発的に発生しており,治安が不安定な状況が継続していますので,不要不急の渡航は止めてください。
●中部スラウェシ州ポソ県においては,同県郊外に拠点を持つイスラム過激派に対する治安当局による掃討作戦が実施されていますが,残党が潜伏している可能性がありますので,不要不急の渡航は止めてください。
●アチェ州では独立運動は終結しましたが,一部の県では武器弾薬が残存しているとみられ,銃器等を使用した犯罪がたびたび発生しているほか,覚せい剤等の薬物も多く出回っていることから,治安情勢には十分注意してください。
●パプア州及び西パプア州では,パプア系住民への差別に対する抗議デモが両州内の各地で行われており,一部は暴動に発展し治安当局との衝突が発生していますので,十分注意してください。
●首都ジャカルタをはじめとする各地において,政治,宗教,人種,労働・社会問題等に起因する大小さまざまな抗議デモ等が発生しています。場合によっては暴動に発展する可能性もありますので,こうした動きに対しても引き続き十分注意してください。

現地大使館・総領事館からの安全情報

※クリックすると詳細が表示されます
  • 別ウインドウが開きます

  • 別ウインドウが開きます

  • 別ウインドウが開きます

現在、現地大使館・総領事館からの安全情報は出ておりません。

スポット情報・広域情報

※クリックすると詳細が表示されます

●【広域情報】 2018年07月10日
薬剤耐性(AMR)について

●【広域情報】 2018年04月27日
国際的詐欺事件に対する注意喚起

●【広域情報】 2016年01月26日
狂犬病~もし咬まれたら,すぐに医療機関へ


page TOP