1. ホーム
  2. 地図からの選択
  3. 危険・スポット・広域情報
  4. マリ
マリ

危険情報

現在,感染症危険情報は出ておりません。

周辺国危険度表示
該当国危険表示
高倍率
通常倍率

2018年04月03日

レベル4
退避勧告
レベル3
渡航中止勧告
レベル2
不要不急の渡航中止

【危険度】
●トゥンブクトゥ州,キダル州,ガオ州,モプチ州,クリコロ州北部,カイ州北部及びセグー州北部
 レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)(継続)
●セグー州南部
 レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)(引き上げ)
●首都バマコ市を除く上記以外の地域
 レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
●首都バマコ市
 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)

【ポイント】
●セグー州南部は,イスラム過激派組織と見られる武装集団によるマリ治安機関,政府関係者,マリ国軍などを狙ったテロ攻撃が頻発する等,治安が急激に悪化しているため,レベル3からレベル4に引き上げます。この地域への渡航は止めてください。また,既に滞在中の方は安全な場所へ退避してください。
●マリ北部全域,南部のクリコロ州の北部およびカイ州の北部については,引き続きテロの高い脅威が認められるため,レベル4を継続します。
●マリ全土で,テロ,誘拐事件等の不測の事態に巻き込まれる高い脅威があります。やむを得ずマリへ渡航する場合には,首都バマコ市内に留まるようにしてください。バマコ市においても,2017年6月,イスラム過激派組織がリゾート施設を襲撃するテロ事件が発生しているほか,反フランスや政権批判等を掲げた大規模デモ・集会に加え,白昼の武装強盗等の凶悪犯行も発生していることから,十分な安全対策を講じてください。

現地大使館・総領事館からの安全情報

※クリックすると詳細が表示されます
  • 別ウインドウが開きます

  • 別ウインドウが開きます

  • 別ウインドウが開きます

現在、現地大使館・総領事館からの安全情報は出ておりません。

スポット情報・広域情報

※クリックすると詳細が表示されます

●【広域情報】 2018年07月10日
薬剤耐性(AMR)について

◆【スポット情報】 2018年07月02日
マリ:大統領選挙実施に伴う注意喚起(新規)

●【広域情報】 2018年04月27日
国際的詐欺事件に対する注意喚起

●【広域情報】 2018年03月23日
アフリカ西部:テロに関する注意喚起

●【広域情報】 2016年01月26日
狂犬病~もし咬まれたら,すぐに医療機関へ


page TOP