1. ホーム
  2. 地図からの選択
  3. 安全対策基礎データ
  4. エジプト

※本情報記載の内容(特に法制度・行政手続き等)については、 事前の通告なしに変更される場合もありますので、渡航・滞在される場合には、渡航先国の在外公館または観光局等で最新情報を確認してください。

犯罪発生状況、防犯対策

1. 犯罪発生状況(治安概況)
 エジプトでは,2011年1月と2013年6月の政変に伴い,社会・治安状況が不安定化しましたが,2014年6月の,エルシーシ大統領の就任以後,政治プロセスの進展とともに治安対策も強化され,国内情勢は安定を取り戻しつつあります。また,カイロを含む各地で発生していたデモ及びそれに伴う衝突も減少しています。
 近年,エジプトにおいてテロ事件による日本人の被害は確認されていませんが,エジプト各地では,カイロ中心部を含め減少傾向にあるものの,下記のとおりテロ事件が発生しています。
●2015年6月,ルクソール南部カルナック神殿付近での爆弾事件(治安関係者1名,市民1名負傷)
●2016年7月,観光地ハルガタでの外国人観光客を狙った殺傷事件(2名死亡,4名負傷)
●2016年12月9日,ギザ県ハラムストリートでの警察車両を狙った爆弾事件(警察官6名死亡,警察官3名と一般市民4名負傷)
●2016年12月9日,北部カフル・エルシェイク県での警察車両を狙った爆弾事件(市民1名死亡,警察官3名負傷)
●2016年12月11日,カイロ中心部アッバーシーヤ地区のコブト教の教会での爆弾事件(少なくとも25名死亡,49名負傷)
●2017年4月9日,カルビーヤ県タンタ市内のコプト教の聖ジョージ教会で爆弾テロ事件(30名死亡,70名負傷)
●2017年4月9日,アレキサンドリア市内のラムル駅近辺のコプト教の教会での爆弾テロ事件(17名死亡,60名負傷)
●2017年6月18日,カイロ市内マーディ地区での警察官を狙った爆弾テロ事件(警察官1名死亡,4名負傷)
●2017年7月14日,ギザ県での検問所襲撃事件(警察官5名死亡)
●2017年11月24日,北シナイ県でのモスク襲撃事件(309名死亡,128名負傷)
●2017年12月29日,カイロ県ヘルワーン市内のコプト教の教会付近での銃撃事件(10名死亡,5名負傷)
●2018年9月4日,カイロ市内ガーデンシティ地区の米国大使館付近での発火事件(死傷者なし)

 テロは主に警察や教会・モスクを狙ったものですが,観光地でも死傷者の出る事件が起きており,十分な注意が必要です。
このような状況を十分に認識し,テロに巻き込まれることがないよう,海外安全ホームページや報道等により最新の治安情報の入手に努め,状況に応じて適切で十分な安全対策を講じるよう心がけてください。

 2018年8月現在,大カイロ都市圏を含む各地の治安状況は比較的落ち着いていますが,安全上の観点から,外国人を含め不特定多数の人が集まる場所への訪問は必要最小限にし,特に,デモ・集会が発生した場合や不穏な動きを察知した場合にはその場から速やかに離れる,教会,治安当局などの政府関係施設等には近づかない等不測の事態に巻き込まれないための措置をとってください。また,早朝・夜間外出時には周囲への警戒を行ってください。
シナイ半島においては,イスラム過激派武装組織である「ISILシナイ州」が活発に活動しており,エジプト治安当局による対策が強化されているものの,依然としてシナイ半島北部を中心に,エジプト治安部隊への攻撃,軍の検問所付近での爆弾テロ等を敢行しています。

 近年の主な邦人の犯罪被害報告事例は以下のとおりです。
(1)詐欺被害:2018年4月,カイロ・ダウンタウン地区で,当地で知り合った日本語を話すエジプト人と路上でビールを飲んでいたところ,別の男2名からエジプトは路上での飲酒は禁じられていると告げられ,現金7万円相当,携帯電話2台及びiPad1台を取り上げられた。幸い,警察に被害を届けたことにより,男2名は逮捕され,現金の一部,携帯電話2台及びiPad1台は回収できた。

(2)スリ被害:2018年2月,カイロ・ザマレック地区で,下校時間と重なり混雑している中を友人と二人で歩いていたところ,後ろから近づいて来た東洋人と思われる女3人組に背負っていたリュックサックから携帯やハンカチ等を盗まれた。下校中の子供が気づいて教えてくれるも,犯人はすぐ近くのタクシーに乗って逃げた。

(3)スリ被害:2018年1月,ギザ・ドッキ地区で,スマートフォンの地図を確認しながら歩いていたところ,タクシーが止まり,降りてきた男から国籍を聞かれ,日本と答えると,空手や柔道の話をしながら技をかけるように体を近づいて来たので振り払った。男はそのままタクシーに乗って去ったが,上着の右ポケットに入れていたスマートフォンが無くなっていた。

(4)スリ被害:2017年12月,ギザ行きのバスの中で現金2千円相当及びクレジットカード2枚入りの財布を盗まれた。

(5)ひったくり被害:2017年10月,カイロ・ヘリオポリス地区で,通勤途中,後ろから来た車の助手席の男が身を乗り出して斜め掛けのバッグをひったくろうとした。バッグは盗まれずにすんだが,転倒し,負傷した。

(6)ひったくり被害:2017年8月,カイロ・マーディ地区で,自宅の近くを歩いていたところ,バイクに乗っていた男に携帯2台,現金2千5百円相当及びクレジットカード入りのバッグをひったくられた。

(7)偽警察官詐欺被害:2017年3月,カイロ・ダウンタウン,当地で知り合った日本語を話すエジプト人と路上でビールを飲んでいたところ,警察官を名乗る者に,エジプトでは路上での飲酒は禁じられているので,一緒に警察署まで来いと言われた。一緒にいたエジプト人から,お金を払えば見逃してくれるとのアドバイスがあったので,お金を支払おうとしたところ,財布の中にあった現金7万円相当と携帯電話を取り上げられた。
※(1)とは異なる事案で,類似の事案が複数発生しています。

(8)ひったくり被害:2017年1月,ギザ地区のピラミッド付近の路上を歩行中,突然見知らぬ男に背後から腕をつかまれ,ズボンのポケットに入れてあった現金約3万円程度とクレジットカード2枚などが入っていた財布をひったくられた。

(9)窃盗被害:2017年1月,自転車で世界一周旅行中,カイロ空港からダウンタウン地区に向かう途中で知り合った2人組の少年に自転車と鞄を盗まれた。

2. 防犯対策
(1) 早朝,夜間や人の少ない場所での単独行動は避ける。

(2) 必要以上の現金は持ち歩かず,また,現金や貴重品は分散して携行する。

(3) 公共交通機関を利用する際には,特に貴重品の管理に気を付ける。

(4) タクシーを利用する際は,深夜・早朝の時間帯や周辺に誰もいない場所での流しのタクシー利用や,1人での利用を避ける。

(5) 宿泊施設について,同行者以外の旅行者と共有部屋に宿泊する場合には,特に貴重品の管理に注意を払う。

(6) 空港や街頭で声をかけてきた人や現地で親しくなった人を安易に信用せず,相手の言うがままに行動しない。

査証、出入国審査等

手続や規則については駐日エジプト大使館(03-3770-8022~3)等に最新情報を確認してください。

1. 日本とエジプトの間には査証免除取極がないため,エジプトへの入国には査証を取得する必要があります。一般旅券所持者は,入国査証は事前に駐日エジプト大使館等で取得するか,到着時に空港で取得する(滞在許可1か月:手数料25米ドル)必要があります。
 外交・公用旅券所持者及びイスラエルからエジプト・タバへ陸路入国する一般旅券所持者は,入国目的に関わらず,日本又は滞在国にて査証を事前取得してから到着する必要があります。空港や国境での到着時査証の取得はできず,エジプト当局により入国も認められていません。
また,査証申請の際にパスポート(旅券)残存有効期間が6か月以上あることが必要です。

2. 麻薬,銃器等の禁制品の持ち込みは厳しくチェックされます。麻薬等違法薬物の密輸,所持等は死刑を含む重い刑罰の対象となっています。

 なお,エジプトの文化財(特に古美術品,一部の化石等)の国外持ち出しは厳しく制限されています。文化財を持ち出す場合には,文化省考古局から営業許可を受けた古美術商より購入し,出国の際は,古美術商が発行する古美術証明を税関に提出する必要があります。

滞在時の留意事項

1. エジプトは至る所に軍事関連施設があり,写真撮影は禁止されています。また空港,港湾,橋,博物館・美術館及び遺跡の内部も撮影禁止になっている場所も多くあります。知らずに撮影しているところを発見され,カメラのメモリーカードを没収されたり,身体を一時拘束された例もありますので,撮影禁止の看板等に注意してください。

2. エジプトの交通事情(車両の整備,道路環境,交通マナー)は劣悪であり,交通事故が多発しています。道路を横断するときやバス,タクシーに乗降するときは,他の車を含め十分注意してください。
 また,エジプト国内の各都市を結ぶ長距離バスを利用する場合には,治安の関係上,可能な限りその利用を日中に限るようにし,夜間や降雨時の移動は極力避けるようにしてください。また,安全の観点から,個人経営のミニバスは避け,実績のあるバス会社を利用するようにしてください。

3. エジプトの病院では,保険に加入していない患者に対しては多額の医療費が要求され,また,この治療費を前払い又は担保できない場合には治療を受けられないということもあります。旅行にあたっては,充分な費用補償とサポート体制を備えた海外旅行保険に必ず加入するようにしてください。

4. 現地に3か月以上滞在される方は,緊急時の連絡などに必要ですので,到着後遅滞なく在エジプト日本国大使館に「在留届」を提出してください。また,住所その他届出事項に変更が生じたとき,又は日本への帰国や他国に転居する(一時的な旅行を除く)際には,必ずその旨を届け出てください。在留届の届出は,在留届電子届出システム(オンライン在留届,https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html )による登録をお勧めしますが,郵送,ファックスによっても行うことができますので,在エジプト日本国大使館まで送付してください。

5. 在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)は,「たびレジ」への登録をお願いします(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html )。「たびレジ」は,滞在先の最新の安全情報などを日本語のメールで受け取れる外務省のサービスです。登録した情報は,エジプトで事件や事故,自然災害等が発生した際に,在エジプト日本国大使館が安否確認を行う際にも利用されます。安全情報の受け取り先として,家族・同僚等のメールアドレスも追加登録できますので,併せてご活用ください。

風俗、習慣、健康等

1. エジプトの宗教的・社会的慣習を尊重し,過度に肌を露出した服装での外出やレストランや観光ホテル等以外の屋外での飲酒は避けてください。

2. 「バクシーシ(富める者が貧しい者に施しを与えるという意味)」という習慣があります。観光客の訪れるところにはバクシーシを要求するエジプト人がいますが,チップとして渡すときは別として,与える意思がないときは「ラー(NOの意味)」と言って態度をはっきり表すことが大切です。

3. 衛生に関して,生水は避け,煮沸するか,ミネラル・ウォーターを飲用してください。また,生野菜や生魚を避けるなどの注意も必要です。

4. A型肝炎の流行地なので,ワクチンの接種をお勧めします。
 その他,必要な予防接種等については,以下の厚生労働省検疫所ホームページを参考にしてください。
◎感染症情報(http://www.forth.go.jp

5. ナイル川やその支流には住血吸虫がいるので,河川で泳がない,裸足で川に入らない等の注意が必要です。

6. 盛夏時には屋外気温が40度以上になるので,過度な日焼けを避ける,十分な水分の補給を心掛けること等が大切です。

7. 「世界の医療事情」(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/africa/egypt.html )において,エジプト国内の衛生・医療情報等を案内していますので,渡航前には必ずご覧ください。

緊急時の連絡先

 ◎警察  :TEL 122
 ◎観光警察:TEL 126(観光地,ホテル等における被害等)
 ◎救急  :TEL 123
 ◎消防  :TEL 180
 ◎在エジプト日本国大使館:TEL (市外局番02) 25285910
(エジプト国外からは国番号20-2-25285910)

※ 在留邦人向け安全の手引き
 現地の在外公館(日本大使館・総領事館等)が在留邦人向けに作成した
「安全の手引き」も御参照ください。

問い合わせ先

○外務省領事サービスセンター
 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
 電話:(外務省代表)03-3580-3311(内線)2902,2903


(外務省関係課室連絡先)
○領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)(内線)2853
○領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)(内線)3047
○領事局政策課(感染症関連)(内線)5367
○外務省海外安全ホームページ
  https://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版)
  http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)

○在エジプト日本国大使館
 住所:81 Corniche El Nil Street, Maadi, Cairo, Egypt
    (P.O.Box 500 Maadi)
 電話: (市外局番02) -25285910
    国外からは(国番号20)-2-25285910
 FAX : (市外局番02) -25285905
    国外からは(国番号20)-2-25285905
 ホームページ:https://www.eg.emb-japan.go.jp/j/index.htm

page TOP