1. ホーム
  2. 地図からの選択
  3. テロ・誘拐情勢
  4. 中央アフリカ

中央アフリカ

更新日 2020年03月23日

1 概況
 中央アフリカでは,イスラム系反政府武装勢力連合「セレカ」から派生した勢力やキリスト教系武装組織「アンチ・バラカ」等の武装集団が多数活動しており,武装集団同士や治安当局との武力衝突により多数の死傷者を伴う事態となっていますが,2019年中,テロ事件の発生は報告されていません。

2 各組織の活動状況または各地域の治安情勢
 1 概況のとおり

3 誘拐事件の発生状況 
 誘拐事件の発生件数は正式なデータが存在していないため不明ですが,乱立する武装勢力による暴行・略奪の過程で多数発生しています。また,カメルーンとの国境付近では,中央アフリカの武装勢力がカメルーン人の家畜所有者等を襲撃し,身代金目的で誘拐する事件が発生しています。

4 日本人・日本権益に対する脅威
 中央アフリカにおいては,上記のとおり,誘拐事件等が断続的に発生しており,日本人・日本権益が誘拐事件の標的となる,あるいは巻き添えとなる可能性が高く,極めて危険です。

テロについて

「テロ」について国際的に確立された定義は存在しませんが,一般には,特定の主義主張に基づき,国家等にその受け入れを強要する又は社会に恐怖等を与える目的で行われる人の殺傷行為等を指すとされています。本情報は,このような「テロ」に該当するか否かにかかわらず,外務省が報道等の情報に基づいて海外に渡航・滞在される邦人の方々の安全確保のための参考として編集したものであり,本情報の内容がそのまま外務省の政策的な立場や認識を反映するものではありません。
page TOP