モーリシャス | Mauritius > 安全対策基礎データ

※本情報記載の内容(特に法制度・行政手続き等)については、 事前の通告なしに変更される場合もありますので、渡航・滞在される場合には、渡航先国の在外公館または観光局等で最新情報を確認してください。

● 犯罪発生状況、防犯対策


1.犯罪発生状況
モーリシャス政府は治安対策に力を入れており,凶悪犯罪は少なく,周辺諸国に比較すると一般的に治安状況は良い方であるといえます。しかし,空き巣,車上狙い,スリ,ひったくり等の一般犯罪は散発している他,夜間においては,旅行者を狙った強盗事件も発生しているため,注意する必要があります。特に夜間のポートルイス市内は急激にひと気が無くなり,一人歩きは危険ですので,極力車両等を使って移動するようにしてください。なお最近は、麻薬取引が一般市民にも広がっており、麻薬欲しさに金品を強奪する者が増えているようです。

2.日本人の被害例
日本人旅行者が遭遇しやすい犯罪は,主に盗難被害であり,雑踏の中でのスリ,ひったくり,置き引きに注意する必要があります。

3.犯罪被害危険地域
首都ポートルイス市内の商店街等で,スリ,ひったくり,置き引きなどの犯罪が発生しています。

4.防犯対策
夜間の一人歩きは避けてください。また,バッグ類を常に目の届く位置(体の前)に持つようにし,注意を怠ることのないようにしてください。

5.その他
 これまでに,モーリシャスにおいて日本人・日本権益を直接標的としたテロ事件は確認されていませんが,近年,シリア,チュニジア及びバングラデシュにおいて日本人が殺害されたテロ事件や,英国,フランス,ドイツ,ベルギー,トルコ,インドネシア,フィリピン等,日本人の渡航者が多い国でもテロ事件が多数発生しています。このように,世界の様々な地域でイスラム過激派組織によるテロがみられるほか,これらの主張に影響を受けた者による一匹狼(ローンウルフ)型等のテロが発生しており,日本人・日本権益が標的となり,テロを含む様々な事件の被害に遭うおそれもあります。このような情勢を十分に認識して,誘拐,脅迫,テロ等に遭わないよう,また,巻き込まれることがないよう,海外安全情報及び報道等により最新の治安・テロ情勢等の関連情報の入手に努め,日頃から危機管理意識を持つとともに,状況に応じて適切で十分な安全対策を講じるよう心がけてください。



● 査証、出入国審査等


(手続きや規則に関する最新の情報についてはモーリシャス当局,在オーストラリア・モーリシャス高等弁務官事務所(日本を兼轄),在京モーリシャス名誉領事館(http://www.mofa.go.jp/mofaj/link/emblist/africa.html#40 )等に確認してください。)

1.査証
観光目的等で90日以内の短期滞在であれば不要です。

2.出入国審査
パスポート,帰路航空券,滞在ホテル等の予約確認書等の提示を求められます。なお,入国にはパスポートの残存期間が6か月以上必要です。

3.外貨申告
モーリシャス貨500,000ルピー以上、もしくは同額相等の外貨、小切手については、持込み・持ち出しともに申告が必要です。

4.通関
免税での持込みは,タバコ250グラム,スピリッツ1リットル,ワイン又はビール2リットルまでです。



● 滞在時の留意事項


1.旅行制限
特にありません。

2.写真撮影の制限
政府関連施設,治安機関関連施設,空港,ヒンドゥー教の寺院,モスク等の撮影は禁止されています。

3.交通事情
全島にわたり,道路はほぼ舗装され,標識も整っていますが、街灯がなく夜は見通しが悪い場所も多くあります。左側通行かつその他の交通法規も日本とほぼ同様で,シートベルトの着用が義務付けられています。また,飲酒運転は摘発されると厳しく罰せられます。

4.子の居所の移動
モーリシャスは,国境を越えて不法に連れ去られた子の返還の仕組み等を定める「国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約(ハーグ条約)」の締約国です。一方の親の監護権を侵害する形で子どもを常居所地国であるハーグ条約締約国から他のハーグ条約締約国へ連れ去り又は留置した場合は,原則的に子が元の常居所地国に返還されることとなります。ハーグ条約についての詳細はこちらのページをご覧下さい。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/hague/index.html

5.在留届
現地に3か月以上滞在される方は,緊急時の連絡などに必要ですので,到着後遅滞なく在モーリシャス日本国大使館に「在留届」を提出してください。また,住所その他届出事項に変更が生じたとき,又は日本への帰国や他国に転居する(一時的な旅行を除く)際には,必ずその旨を届け出てください。在留届の届出は,在留届電子届出システム(ORRネット,https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet )による登録をお勧めしますが,郵送,ファックスによっても行うことができますので,最寄りの在外公館まで送付してください。

6.「たびレジ」
在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)は,外務省海外旅行登録「たびレジ」への登録をお願いします(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/ )。「たびレジ」に渡航期間・滞在先・連絡先等を登録すると,滞在先の最新の安全情報がメールで届き,緊急時には在モーリシャス日本国大使館館からの連絡を受けることができます。安全情報の受け取り先として,家族・同僚等のメールアドレスも追加登録できますので,併せてご活用ください。



● 風俗、習慣、健康等


1.風俗,習慣,国民性に関する留意事項
一般に宗教に敬虔な人が多い国です。モスクやヒンドゥー教の寺院の付近では,それぞれの宗教に敬意を払う必要があります。また,ビーチ以外の場所での肌の露出が多い服装(水着のような服装)は避けた方が無難です。

2.衛生事情
衛生状態は比較的良好ですが,施設・地域により格差があります。水道水は一般的に飲用には不適当ですので,煮沸するか,市販のミネラルウォーターを利用してください。また,露店などで皮をむいて売っている果物やジュース類の飲食は避けることをお勧めします。

3.病気
蚊を媒体とする感染症であるマラリア及びチクングニア熱が発生したことがあり,2015年にはデング熱の発生がみられました。肌の露出を控える,蚊除け剤を使うなど,防蚊対策を行うことをお進めします。
感染性胃腸炎(下痢・嘔吐など)や風邪(季節によっては日中の寒暖の差が激しい)に注意する必要がありますので,手洗い,うがいなどの励行をお勧めします。
また、高温多湿の熱帯性気候なので、水分不足、疲労等には十分気をつけましょう。
日本からの入国に当たって義務付けられた予防接種はありませんが,破傷風とA型・B型肝炎の予防接種を済ませておいた方が安心です。

4.医療事情
(1)モーリシャスの医療水準は比較的高く,設備の整った公立病院と私立病院があります。日本人が病気やケガをした場合に利用する病院として,モカ市に所在するWellkin Hospital (TEL: +230-605-1000, URL: https://wellkinhospital.com/ )が挙げられます。また、首都ポートルイス市内のCity Clinicには日本人鍼灸師が勤務しています。重症疾患や手術が必要な場合には,国外移送を選択せざるをえない場合がありますので,緊急移送サービスを含む十分な補償内容の海外旅行保険等への加入をお勧めします。
(2)「世界の医療事情」(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/africa/mauritius.html )において,モーリシャス国内の衛生・医療事情等を案内していますので,渡航前には必ずご覧ください。
 その他,必要な予防接種等については,以下の厚生労働省検疫所ホームページを参考にしてください。
 ◎感染症情報(http://www.forth.go.jp/

5.豪雨・洪水
サイクロンの時期(12月~3月)には,集中豪雨や洪水が発生することがあります。2013年3月,豪雨により土砂流及び地下歩道の冠水等,死傷者を伴う被害が発生しています。    また,下水は自然浸透処理させている地域が多いので,大雨の後は上水道が汚染されている可能性があります。



● 緊急時の連絡先


◎警察:TEL 112または999
◎救急:TEL 114
◎消防:TEL 115または995

◎在モーリシャス日本国大使館
TEL:(国番号230)210-6751(開館時間08:00~16:45)



(問い合わせ先)


○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞ヶ関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)(内線)2306
○領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)(内線)3047
○領事局政策課(感染症関連)(内線)5367
○海外安全ホームページ
  :https://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版)
  https://www.anzen.mofa.go.jp/sp/index.html (スマートフォン版)
  http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)

(現地大使館連絡先)
○在モーリシャス日本国大使館
 住所:Level 12, One Cathedral Square, Jules Koenig Street, Port Louis
 電話:(国番号230)210-6751
 FAX:(国番号230)210-6759
 ホームページ:http://www.mu.emb-japan.go.jp/itprtop_en/index.html