1. ホーム
  2. 地図からの選択
  3. 安全対策基礎データ
  4. 赤道ギニア

赤道ギニア
安全対策基礎データ

更新日 2022年02月04日

1 赤道ギニアでは、2017年12月にクーデター未遂が発生し、その後は街頭の要所に治安当局者が配置されていますが、ひったくりや強盗事件等の一般犯罪が依然として多発しており、注意が必要です。

2 日本とは異なる治安状況にあることを認識し、自覚ある行動を心掛けるなど、犯罪に遭遇するリスクを最小限にする努力が極めて重要です。主な安全対策は以下のとおりです。
(1)外出の際には周囲の状況に十分気をつけ、昼間でもひと気の少ない裏通りを通行することは避けてください。また、夜間は近場でも車両での移動を心掛け、市場や酒場等の不特定多数が集まる場所への立ち寄りは控えてください。
(2)多額の現金や貴重品は持ち歩かず、スマートフォン等を手に持ったまま歩くこと、目立つ装飾品を身につけて外出することなどは控えてください。バッグ類を持ち歩く際は、密閉度が高く丈夫な肩掛け鞄等を使用するなど、ひったくりに十分注意してください。防犯ブザーを携帯したり、周囲の状況をよく確認するなど、油断しないことが大切です。
(3)自動車に乗車中はドアを必ずロックし、窓は開けないようにしてください。また、降車後は社内に貴重品等を残さないよう注意してください。
(4)万一犯罪に遭遇した場合には、犯人が凶器を所持している可能性を考慮して、身の安全を最優先に考えてください。
(5)タクシーは相乗りが一般的ですが、運転手や同乗者によるスリや強盗等の危険性がありますので、信頼できるタクシーかレンタカーの利用をお勧めします。

3 赤道ギニアにおけるテロ・誘拐については、テロ・誘拐情勢(https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcterror_276.html )をご確認ください。

※手続きや規則に関する最新の情報については、各国所在の赤道ギニア大使館等にお問い合わせください。
※新型コロナウイルス感染症対策のため、入国制限措置や入国に際しての条件・行動制限措置がとられることがありますので、事前に最新の情報(https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html )をご確認ください。

1 赤道ギニアへの入国時には、旅券、査証、黄熱予防接種証明書(イエローカード)、入国カード等が必要です。また、入国管理官による指紋の採取、顔写真の撮影が行われるほか、滞在日程、宿泊先等について聴取されます。黄熱予防接種証明書については「風俗、習慣、健康等」の1をご参照ください。

2 査証は渡航目的にかかわらず必要です。日本には赤道ギニアの大使館がないため(在中国赤道ギニア大使館が日本を兼轄)、海外の同国大使館において査証を取得する必要があります。同国大使館のある主な国は、スペイン、フランス、中国、ガボン等です。詳細については同国大使館にご確認ください。

3 空港係官は英語をほとんど解さないので、ある程度のスペイン語もしくはフランス語ができないと円滑な出入国審査の支障となることがあります。

4 医薬品の携帯による持込み、持出しの手続きについては、以下の厚生労働省のホームページを参照してください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/yakubuturanyou/index_00005.html

1 赤道ギニア国内には、日本の大使館・総領事館はありません。滞在中にトラブル等が発生した場合には、赤道ギニアを兼轄している在ガボン日本国大使館に連絡してください。

2 空港、軍事施設、大統領府、大統領私邸等及びその周辺での写真撮影は禁止されています。これらの場所では、スマートフォンやカメラ等を手に持っているだけでトラブルになるおそれがありますので、注意が必要です。不特定多数の人々が集まる市場等での撮影は、もめごとの原因となりますので、控えることをお勧めします。

3 滞在中は、旅券や滞在許可証等を常時携行する義務があり、所持していないと検問時等にトラブルになるおそれがありますので、注意してください。

4 赤道ギニアでは、航空便の運航スケジュールが不安定であり、しばしば出発の遅延などが発生していますので、余裕のある旅程を立てることをお勧めします。

5 経済都市バタを始め、大陸部の地方都市への陸路による旅行については、各地の通信や電力事情が劣悪であることから、事件・事故に巻き込まれた際の緊急連絡が困難である場合がありますので、注意してください。また、政府により報道が統制されており、特に国内有事の際に、インターネットへの接続が遮断される可能性もあり、情報が得られないおそれがありますので、留意してください。

6 在留届
 赤道ギニアに3か月以上滞在する方は、緊急時の連絡などに必要ですので、到着後住所または居所が決まり次第遅滞なく在ガボン日本国大使館(赤道ギニアを兼轄)に在留届を提出してください。また、住所その他届出事項に変更が生じたとき、または日本への帰国や他国に転居する(一時的な旅行を除く)際には、必ずその旨を届け出てください。在留届の届出は、オンラインによる在留届電子届出システム(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html )による登録をお勧めしますが、郵送またはFAXによって行うこともできますので、大使館宛に送付してください。

7 たびレジ
 在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)は、「たびレジ」への登録をお願いします
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html )。「たびレジ」は、滞在先の最新の安全情報などを日本語のメールで受け取れる外務省のサービスです。登録した情報は、赤道ギニアで事件や事故、自然災害等が発生し、在ガボン日本国大使館(赤道ギニアを兼轄)が安否確認を行う際にも利用されます。安全情報の受取先として、家族・同僚等のメールアドレスも追加登録できますので、併せてご活用ください。

1 赤道ギニアは黄熱に感染するおそれのある地域です。事前に黄熱の予防接種を受け、黄熱予防接種証明書(イエローカード)を取得の上、携行してください(入国審査時にも必要です)。黄熱の予防接種は接種後10日目から有効となりますので、赤道ギニア入国の10日以上前までに接種するようにしてください。
 なお、黄熱予防接種証明書の有効期間について、2016年7月11日以降は生涯有効と変更され、既にお持ちの有効期間が過ぎた証明書も生涯有効なものとして扱われます。
 黄熱の詳しい説明は以下の厚生労働省検疫所ホームページをご参照ください。(https://www.forth.go.jp/useful/yellowfever.html

2 赤道ギニアは、蚊の媒介するマラリア(主に熱帯熱マラリア)に感染するおそれのある地域です。適切な治療が遅くなれば死亡する場合もあるので注意が必要です。肌の露出を避け、防蚊剤を使用する等、防蚊対策を十分に行いましょう。2週間以上流行地に滞在し、野外作業に従事する場合は、抗マラリア薬の予防内服が望ましいとされますが、必ず事前に専門医にご相談ください。また、急な発熱や頭痛等の症状が現れたらマラリアを疑い、早急に血液検査を受けるなど適切に対処してください。
 蚊の媒介するその他の感染症(デング熱、チクングニヤ熱等)にもご注意ください。

3 降雨など気象条件の変化等により、各種感染症の発生・流行が懸念されます。生活環境全般における衛生管理の徹底を図るとともに、A型・B型肝炎、破傷風、黄熱、腸チフス、狂犬病などの各種予防接種をお勧めします。
 その他、必要な予防接種等については、以下の厚生労働省検疫所ホームページを参考にしてください。
◎感染症情報(https://www.forth.go.jp/

4 腸チフスや感染性胃腸炎などは、経口感染するため、水や食器等衛生管理が行きとどいた施設(ホテル・レストラン)を利用してください。飲料水は市販のミネラルウォーター等を用いるなど十分注意してください。

5 マラボ及びバタには比較的医療設備の整った病院がありますが、重症の場合はヨーロッパ等で治療を受けることを考えなくてはなりません。この際の移送費用は高額となりますので、渡航前に移送サービスを含む十分な補償内容の海外旅行保険への加入をお勧めします。

◎警察:電話 114(マラボ)、113(バタ)
◎消防:電話 115
◎救急:電話 112
◎在ガボン日本国大使館(赤道ギニアを兼轄):
 電話(+241)011-73-22-97、011-73-02-35、
   (+241)077-38-73-38(閉館時緊急用)
※ガボン国外からかける場合、最初の「0」は除きます。
※日本大使館は赤道ギニアに存在せず、近隣の国に所在する在ガボン日本国大使館が兼轄しているため、すぐに対応できない場合があります。

 外務省
  住所:東京都千代田区霞ヶ関2-2-1
  電話:(外務省代表)03-3580-3311
○領事サービスセンター(内線)2902、2903

(外務省関係課室連絡先)
○領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)(内線)2853
○領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)(内線)3047
○領事局政策課(感染症関連)(内線)4475
○外務省海外安全ホームページ
  https://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版・スマートフォン版)
  http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)

(現地大使館連絡先)
※日本大使館は赤道ギニアに存在せず、近隣の国に所在する在ガボン日本国大使館が兼轄しています。
○在ガボン日本国大使館(Ambassade du Japon au Gabon)
  住所:Boulevard du Bord de Mer, B.P.2259, Libreville, Gabon
  電話:(+241)011-73-22-97
  閉館時の緊急連絡先:(+241)077-38-73-38
  FAX:(+241)011-73-60-60
 ※ガボン国外からかける場合、最初の「0」は除きます。
  ホームページ:https://www.ga.emb-japan.go.jp/jointad/gq/ja/index.html

※本情報記載の内容(特に法制度・行政手続き等)については、 事前の通告なしに変更される場合もありますので、渡航・滞在される場合には、渡航先国の在外公館または観光局等で最新情報を確認してください。

page TOP