1. ホーム
  2. 地図からの選択
  3. 安全対策基礎データ
  4. エルサルバドル

※本情報記載の内容(特に法制度・行政手続き等)については、 事前の通告なしに変更される場合もありますので、渡航・滞在される場合には、渡航先国の在外公館または観光局等で最新情報を確認してください。

犯罪発生状況、防犯対策

1 犯罪発生状況
(1)銃器,刃物等を使用した殺人,強盗,車両強盗などの凶悪事件は,首都サンサルバドル市を中心に国内各地で多発しています。特に,殺人事件の大半が銃器を用いた犯行となっています。その背景には,エルサルバドルでは21歳以上であれば,法律に則した形で申請すれば,合法的に銃器の所持が出来ることや非合法な銃器も相当数が出回っている事にあります。
 さらに,犯罪事件の大半が,2015年エルサルバドル当局がテロ組織と認定した青少年凶悪犯罪集団「マラス」による犯行であり,大きな社会問題になっています。「マラス」は大きく3つの組織に分かれており,「マラ・サルバトゥルーチャ(MS13)」,「マラ18R(M18R)」及び「マラ18S」がエルサルバドルにおけるマラスの三大勢力です。これら組織間の抗争に一般市民が巻き添えになる事件や,治安当局との銃撃戦,警察官や軍隊兵士及びその家族を狙った殺人事件が毎日のように発生しています。「マラス」の構成員は,全国に存在しますが,特に各県の中心都市の旧市街(セントロ)及びその周辺での犯罪行為が多発しています。
 現政権及び国家文民警察(PNC)は,2016年3月より「対マラス特別措置(治安特別部隊によるマラスへの掃討作戦や中央刑務所内の囚人と外部との連絡の遮断措置等)」,「安全なエルサルバドル計画(治安状況が悪化している50市について,優先的に治安改善措置を行う)」等,マラス勢力を押さえ込み,犯罪を減少させるための対策を行っていますが,その反動として,マラスによる治安当局等への報復が連日行われており,治安の先行きは,まだまだ不透明な状況です。

(2)テロ関連
 これまでに,エルサルバドルにおいてテロによる日本人の被害は確認されていませんが,近年,シリア,チュニジア,バングラデシュにおいて日本人が殺害されるテロ事件が発生しています。また,テロは,日本人が数多く渡航する欧米やアジアをはじめとする世界中で発生しており,特に,近年では単独犯によるテロや,一般市民が多く集まる公共交通機関等(ソフトターゲット)を標的としたテロが頻発していることから,こうしたテロの発生を予測したり,未然に防ぐことが益々困難となっています。
 このようにテロはどこでも起こり得ること及び日本人が標的となり得ることを十分に認識し,テロの被害に遭わないよう,海外安全ホームページや報道等により最新の治安情報の入手に努め,状況に応じて適切で十分な安全対策を講じるよう心がけてください。

2 犯罪被害危険地域
(1)サンサルバドル県サンサルバドル市(首都)旧市街(セントロ地区)周辺
 全国の殺人事件の約3分の1が首都サンサルバドル市で発生し,なかでも,旧市街(セントロ地区)での殺人・強盗・窃盗事件の発生件数は群を抜いています。旧市街には,古い教会、劇場等の観光名所があるため,多くの旅行者が訪れていますが,旧市街地に近い大型ショッピングセンター(メトロ・セントロ)より東及び北方面に当たる一帯(イロパンゴ市、ソヤパンゴ市、シウダ・デルガード市、メヒカーノス市)では,殺人,強盗,恐喝,暴行,性犯罪,ひったくり,麻薬売買等の犯罪が多発しています。さらに,セントロ地区に位置する中央市場は,マラス組織間のテリトリーの境界線上に位置しているため,市場販売員がマラスの抗争に巻き込まれ殺害される事件や治安部隊・警備員とマラスとの銃撃戦が頻繁に発生しております。これらの地域への立入りは可能な限り避けてください。やむを得ず立ち入る場合には,人通りの少ない路地や危険と思われる場所には近づかないようにしてください。また,旧市街付近にある公園内では,昼間でも殺人,強盗,窃盗,恐喝,暴行,性犯罪,麻薬売買が発生しているので立ち入らないでください。
 旧市街付近は安宿が集中しているためか、日本人旅行者が危険な地域と認識することなく,宿泊先を求める例が多いようです。しかし,最近日本人旅行者の事件・事故の多くがこの地域で発生していますので,旧市街付近での宿泊は避けるようお勧めします。また,やむを得ずこの地域に宿泊する場合も(それ以外の地域に滞在する場合も)入口に銃を所持するガードマンが配置された,警備が厳重なホテルに宿泊するようお勧めします。

(2)その他の犯罪多発地域
ア サンサルバドル県
 サンサルバドル市、シウダ・デルガード市、メヒカーノス市、アポパ市、ソヤパンゴ市、イロパンゴ市、サン・マルティン市、トナカテペケ市、クスカタンシンゴ市、パンチマルコ市,サント・トマス市、アユトゥクステペケ市、サンマルコス市、ネハパ市、ワサパ市

イ ラ・リベルタ県
 サンタ・テクラ市、ケサルテペケ市、コロン市、サン・フアン・オピコ市、シウダ・アルセ市、ラ・リベルタ市、サラゴサ市、アンティグオ・クスカトラン市

ウ サンタアナ県
 サンタアナ市、チャルチュアパ市、エル・コンゴ市、コアテペケ市、メタパン市

エ ソンソナテ県
 ソンソナテ市、アカフトラ市、イサルコ市、ナウイサルコ市、カルコ市、アルメニア市

オ サンミゲル県
 サンミゲル市、チナメカ市、エル・トランシット市

カ カバーニャス県
 イロバスコ市、センスンテペケ市

キ ラ・ウニオン県
 ラ・ウニオン市、コンチャグア市、サンタ・ロサ・デ・リマ市

ク ラ・パス県
 サカテコルカ市、サンチアゴ・ノヌアルコ市、オロクイルタ市、サン・ルイス・タルパ市、サンペドロ・マサワット市

ケ アウアチャパン県
 アウアチャパン市、アティキサヤ市、サン・フランシスコ・メネンデス市

コ ウスルタン県
 ウスルタン市、ヒキリスコ市、サンティアゴ・デ・マリア市

サ クスカトラン県
 コフテペケ市、サン・ペドロ・ペルラパン市、サンタ・クルス・ミチャパ市、スチトト市、サン・ラファエル・セドロス市、エル・カルメン市

シ サンビセンテ県
 サンビセンテ市、テコルカ市

ス チャラテナンゴ県
 チャラテナンゴ市、ヌエバ・コンセプシオン市

セ モラサン県
 サン・フランシスコ・ゴテラ市

3 日本人の被害例
○警備員が常駐している駐車場へ車両を駐車し,貴重品の入ったバッグを車内に置いたまま,数分程度,車両を離れた際に,車両の扉をこじ開けられ,貴重品の入ったバッグを窃取された。
○夜間,レストラン街を徒歩で移動中,数人の強盗犯に刃物で襲撃され,パスポートや財布が入ったバッグを強奪された。その際,刃物で腹部を刺され負傷した。
○郊外のハイウェイを自転車旅行者が走行中,10人以上の武装集団にけん銃等で襲撃され,パスポートを含む所持品(総額40万円以上)を強奪された。その際,けん銃で殴られる等したほか,靴までも強奪された。
○外出中に,宿泊先のホテルの自室から,寝袋,現金等,航空券を盗まれた。
○車にて出勤途中に強盗に遭い,所持品全てを強奪された。
○銀行で現金を引き出し,車にて帰宅する途中で2台のバイクに分乗した4人組の男にけん銃で脅され,現金,腕時計等を奪われた。
○宿の客引きと口論になり,周辺にいた男2人から投石を受け,顔面を数針縫う怪我を負った。
○市内レストランにおいて食事中,隣の席に鞄(現金及びクレジットカードの入った財布)を置いていたところ,少し目を離した隙に置き引き被害に遭った
○夕方,旧市街(セントロ地区)を散策中に,首に掛けていたカメラを強奪された。

4 防犯対策
○強盗・恐喝事件では,人通りの少ない場所を歩いている間に被害に遭う傾向にあります。被害に遭った場合は身の安全を第一に行動し,絶対に抵抗せず,相手を刺激するような行為や不用意に懐やポケットに手を入れる行為(武器を取り出そうとしているものと誤解される恐れがある)は避ける。
○殺人,強盗及び恐喝事件は,昼夜問わず発生しているので,無用の外出は極力避ける。
○外出する際は,徒歩及び路線バスでの移動を極力避け,自家用車並びにラジオタクシーを利用する。
○犯罪が多発している地域に近づかない。
○宿泊先は,警備のしっかりしたホテルを選ぶ。
○貴重品は,宿泊先のセーフティーボックスなど安全と思われる場所に保管する。
○多額の現金,高価な貴金属は身に着けず,現金は分散して所持し,出し入れは人目に付かないよう注意する。
○銀行等で現金を引き出す際は,周囲に不審者がいないかどうか警戒し,その後の移動時には特に警戒する(尾行された後に強盗被害に遭うケースが頻発)。
○常に周囲の状況や人の動きに気を配る。
○自分の持ち物から目を離さない。
○観光地等の訪問先へは,その開館時間,ルート,交通手段を十分確認し,可能な限り日中に行動し,日没前には宿泊先に戻るような計画を立てる。
○「周辺を案内する」との現地人からの誘いに乗り,人気のない所へ連れて行かれ所持品を全て奪われる事件が発生しているので,声を掛けられても,安易に信用しない。
○通勤,通学途中及び帰宅の時間帯に,車両通行量の少ない路上での誘拐事件が発生する可能性があるため,日頃からパターン化された行動をせず,不審な電話,人や車の尾行など,兆候をいち早く察知する等用心を怠らない。

査証、出入国審査等

(手続や規則に関する最新の情報については,駐日エルサルバドル大使館(電話:03-3499-4461)にお問い合わせください。)

1 査証
 観光,知人訪問を目的とする3か月以内の滞在については、査証免除取極により無査証で入国できます。しかし,3か月以上の滞在を希望する場合は各国のエルサルバドル大使館等で査証を取得後に入国してください。

2 出入国審査
(1)入国手続きの際は,国境又は空港の入国管理事務所にパスポートを提示し,滞在期間を申告します。なお,入国にはパスポートの有効期限が6か月以上必要となりますので,エルサルバドルでの旅行を計画される際には,必ず,パスポートの有効期限を確認し,6か月未満であった場合は,パスポートの更新を行ってください。

(2)観光,知人訪問目的での3か月以内の滞在については,入国査証は必要ありませんが,入国時,滞在目的及び期間を審査する入国審査官の判断により, 90日以内での滞在許可が認められます。許可された滞在期間の延長を希望する場合,司法・公共治安省移民局外国人課で申請すれば最大90日まで延長が可能です。

(3)また,観光,知人訪問目的で入国後,留学,就職等により滞在目的を変更する場合も同様に司法・公共治安省移民局外国人課に申請します。

3 外貨申告
 出入国時に1万米ドル相当以上の現金を所持している場合,税関に申告が必要です。2001年1月より通貨統合法により,エルサルバドルの現地通貨コロンと米ドルの両方が使用可能となりましたが,現在は米ドルのみが流通しています。また,100米ドルや50米ドルといった高額紙幣は,多くの商店が受け取りを嫌うため,空港,銀行,またはホテルで20米ドル以下の少額紙幣に両替しておくようお勧めします。なお,エルサルバドルでは,日本円の両替はできませんので,ご注意ください。

4 通関
 税関検査に際し,私用目的以外の電気製品,高級品は課税の対象となることがあります。持ち込み禁止品目としては、銃器,麻薬,ポルノ雑誌,植物,生鮮食料品などがあり,持ち出し禁止品目としては,マヤ及びアステカの遺跡発掘品が指定されています。

5 黄熱予防接種証明書の提示
 中米(パナマ),南米(チリ,ウルグアイ以外の南米諸国)及びアフリカ大陸の各国を経由して入国する者に対して黄熱予防接種証明書の携行を義務付けています。このため,これらの国々からエルサルバドルに入国予定の方は,入国の10日前までに黄熱予防接種を受けてください。

6 ハーグ条約
 エルサルバドルは,国境を越えて不法に連れ去られた子の返還の仕組み等を定める「国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約(ハーグ条約)」の締約国です。一方の親の監護権を侵害する形で子どもを常居所地国であるハーグ条約締約国から他のハーグ条約締約国へ連れ去り又は留置した場合は,原則的に子が常居所地国に返還されることとなります。ハーグ条約についての詳細はこちらのページをご覧下さい。  https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/hague/index.html

滞在時の留意事項

1 滞在時の各種届出
(1)外国人登録
 ア 3か月以上の滞在者は,エルサルバドル司法・公共治安省移民局外国人課で外国人登録を行う必要があります。登録には有効期間が3か月以上あるパスポート,無犯罪証明書(アポスティーユ付き),健康診断書などが必要ですので,事前に同課に確認してください。

 イ 外国人登録期間は1年間(初回のみ3か月)で,毎年更新する必要があります。また,出国に際しては,エルサルバドル国民と同様,当局からの出国許可を受けることが必要です。

(2)在留届(長期滞在者向け注意事項)
 現地に3か月以上滞在される方は,緊急時の連絡などに必要ですので,到着後遅滞なく在エルサルバドル日本国大使館に「在留届」を提出してください。また,住所その他届出事項に変更が生じたとき,又は日本への帰国や他国に転居する(一時的な旅行を除く)際には,必ずその旨を届け出てください。在留届の届出は,在留届電子届出システム(オンライン在留届,https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html )による登録をお勧めしますが,郵送,ファックスによっても行うことができますので,在エルサルバドル日本国大使館まで送付してください。

(3)「たびレジ」(短期滞在者向け注意事項)
 在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)は,「たびレジ」への登録をお願いします(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html )。「たびレジ」は,滞在先の最新の安全情報などを日本語のメールで受け取れる外務省のサービスです。登録した情報は,エルサルバドルで事件や事故,自然災害等が発生した際に,在エルサルバドル日本国大使館が安否確認を行う際にも利用されます。安全情報の受け取り先として,家族・同僚等のメールアドレスも追加登録できますので,併せてご活用ください。

2 旅行制限
 外国人に対する旅行制限はありません。

3 写真撮影の制限
 軍事施設や軍人,警察施設などの撮影は禁止されています。報道関係者が撮影を希望する場合は,職業などの身分を証明できるもの(記者証など)を大統領府に提出し,許可を取り付けることが必要です。

4 各種取締法規
(1)麻薬
 エルサルバドルは,コロンビアなどの生産地から米国,カリブ諸国,ヨーロッパなどへの密輸の中継地点の一つとなっており,厳しい取り締まり体制が敷かれています。港湾,空港,国境,海岸線,主要幹線道路では,南米地域からの入国者を対象に,検査及び取り締まりが強化されており,国家文民警察(PNC)が押収する麻薬の量は年々増加しています。自分で気付かないうちに,麻薬犯罪に巻き込まれることがありますので,男女を問わず,現地で知り合った旅行者と一緒に旅行をする際にも,その旅行者の荷物を一時的にでも預かることはしない,誘われても怪しげな店や地域(旧市街地など)に出入りしない等,十分留意することが必要です。麻薬所持や使用で1年~10年の禁固刑、売買では10年~20年の禁固刑が科されますので,絶対に関わらないでください。

(2)不法就労
 無査証での就労は禁止されています。発覚した場合は罰金の支払い及び国外退去を命じられます。

5 交通事情
(1)交通マナー等
 信号無視,無理な追い越し,合図不履行,速度超過等の違反が目立ち,一般的に運転マナーは良いとは言えません。また,飲酒運転による事故が多く発生しています。さらに,雨季(5月~10月)には主要幹線道路及び市内でも道路が陥没したり,下水があふれ出し,マンホールのふたが流されていることや,マンホールの部分が窪んだ構造になっていることもありますので,運転の際は注意が必要です。

(2)交通手段
ア バス
 料金が安く便利な交通機関ですが,無謀運転・車両の整備不良等による事故(衝突,横転,車両火災)が多く発生しており,車内ではスリが頻発し,強盗,性犯罪,殺人 (抵抗したことにより発砲され死亡するケースあり)も発生しています。また,マラス間の抗争により,バスに乗り込んだマラス構成員を敵対勢力が襲撃し,マラス構成員だけでなく,周囲にいた乗客も巻き込まれる事件が多く発生していますので,路線バスの利用は極力避けてください。万一,犯罪に巻き込まれた場合は、身体の安全を一番に考えて絶対に抵抗しないでください。
イ タクシー
 料金は少し割高になりますが,電話で呼ぶ「ラジオタクシー」は比較的安心して利用できます。流しのタクシーを利用する場合,無許可で操業を行っているタクシー(いわゆる「白タク」)がありますのでその利用は避け,以下の4点を確認の上,正規のタクシーを利用するようにしてください。
○車体が黄色である
○車体側面に白黒のチェッカーフラッグ模様の表示がある
○車体側面に登録番号が表示されている(さらにタクシー会社名がある)
○無線機が備え付けてある
 なお,料金メーターが付いていないので,乗車前に料金を交渉すると安心です。
ウ 自家用車
 最も安心して利用できる交通手段ですが,運転をする際には,常にドアをロックし,不用意に窓を開けないなどの注意が必要です。車両強盗・盗難事件が多発しています。特に信号や渋滞での停車中や路上駐車中の事件が頻発していますので,予め渋滞する道路を避け,ルートを決めてから外出し,路上駐車は避けてください。
 また,近年,交通ルール不履行,特に飲酒運転による交通事故が増加していますので、車での移動時は周囲の状況に気を配るようにしてください。

風俗、習慣、健康等

1 風俗,習慣,国民性に関する留意事項
(1)宗教
 宗教はカトリックが国教となっており,国民の大半がカトリック教徒ですが,他の宗教の教徒も増えています。

(2)国民性
 現地の人との交際にあたっては,金銭の貸し借り,物の売買等においてのトラブルが発生しないようにすることが賢明です。委託殺人等の私的制裁が後を絶たないので,万一,トラブルが発生しても,個人的な恨みを買うような対応はしないように留意してください。

2 衛生事情
 氷水を含め生水は飲まない(飲料水は,市販されているミネラル・ウォーターを利用する),信頼のおける飲食店であっても,生野菜も含め生ものやよく火が通っていないものの摂取を避ける,手洗いを頻繁に励行する等,注意が必要です。
 また,食中毒も多く発生していますので,経口感染する病気を防ぐためにも,外食する際は,不衛生な露店での飲食は避け,信頼できる飲食店を選ぶことが大切です。

3 病気
 主な病気としては,ジカウイルス感染症,デング熱,チクングニア熱,マラリア,アメーバ赤痢,A型肝炎,狂犬病,エイズなどがあります。破傷風も発生しているので,小さな傷でも注意が必要です。 また,ジカウイルス感染症,デング熱,チクングニア熱及びマラリアは蚊が媒介する病気ですので,長袖,長ズボンを着用して肌の露出を避け,虫除けスプレー等を使用するなど,蚊に刺されないための対策が必要です。 
・ジカウイルス感染症
 ジカウイルス感染症が,エルサルバドル国内でも発生しています。ジカウイルスを持ったネッタイシマカやヒトスジシマカに刺されることで感染するほか,母胎から胎児への感染,輸血や性交渉による感染リスクも指摘されています。ジカウイルス感染症は感染しても症状がないか(不顕性感染),症状が軽いため感染に気づきにくいことがありますが,妊娠中にジカウイルスに感染すると,胎児に小頭症等の先天性障害を来すことがあることから,特に妊娠中又は妊娠を予定している方は,流行地域への渡航を可能な限り控えるなど,十分な注意が必要です。
(参考)感染症広域情報:ジカウイルス感染症に関する注意喚起
  http://www.anzen.mofa.go.jp/info/search/pcinfectioninfo.html#widearea

4 医療事情
 日本や欧米諸国に比べると必ずしも医療技術は高いとは言えず,外国への緊急移送が必要なる可能性があります。また,入院・手術などが必要となった場合は,医療費は非常に高額となるケースが多くあります。万一に備えて,緊急移送サービスを含む十分な補償内容の海外旅行保険に加入しておくようお勧めします。
◎「世界の医療事情」(https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/cs_ame/elsalvad.html )において,エルサルバドル国内の衛生・医療事情等を案内していますので,渡航前には必ずご覧ください。
 その他,必要な予防接種等については,以下の厚生労働省検疫所ホームページを参考にしてください。
 感染症情報(https://www.forth.go.jp/

緊急時の連絡先

◎警察:TEL 911
◎消防:TEL 2555-7300
◎救急:TEL 2222-5155(赤十字)
◎在エルサルバドル日本国大使館:TEL 2528-1111(サンサルバドル)
                国外からは(国番号503)2528-1111

問い合わせ先

○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:03-3580-3311 (内線)2902,2903

(外務省関係課室連絡先)
○領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)(内線)5145
○領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)(内線)3047
○領事局政策課(感染症関連)(内線)5367
○領事局ハーグ条約室(一般案内窓口)03-5501-8466
○海外安全ホームページ
  https://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版・スマートフォン版)
  http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)

(現地大使館連絡先)
○在エルサルバドル日本国大使館
 住所:89 Av. Norte y C. El Mirador 6 Nivel, Torre 1, World Trade Center Colonia Escalon, San Salvador, El Salvador, C.A. Apartado Postal #115
 電話:2528-1111 
  国外からは(国番号503)2528-1111
 FAX:2264-6061  
  国外からは(国番号503)2264-6061
 ホームページ:https://www.sv.emb-japan.go.jp/index_jp.html

page TOP