1. ホーム
  2. 地図からの選択
  3. 安全対策基礎データ
  4. ウクライナ

※本情報記載の内容(特に法制度・行政手続き等)については、 事前の通告なしに変更される場合もありますので、渡航・滞在される場合には、渡航先国の在外公館または観光局等で最新情報を確認してください。

犯罪発生状況、防犯対策

1 治安状況(概要)
 ウクライナ検事総局発表による2017年における犯罪登録件数は約52万件と依然高い水準を保っています(犯罪の種類の詳細については報じていませんが,強盗,暴行,スリ・盗難等)

2 防犯対策と被害事例
(1)一般的注意事項
 混雑した地下鉄車内,ホテル,飲食店,大衆が集まる各種イベント会場等,不特定多数の利用者が多い施設でのスリ・置引き被害の他,路上に落ちている財布(ビニール袋に入った多額の外貨紙幣のケースもあり)を拾い,トラブルとなる下述の所謂「財布落とし」事件の被害も依然として複数寄せられており,注意を要します。

(2)注意すべき事件(具体例)
ア 財布落とし
 ウクライナで見られる犯罪手口の一つに「財布落とし」があります。これは人間の親切さを逆手に取った犯罪なので,対策としては,こうしたことに一切関わらないようにするということ(無視すること)です。
【具体的な被害例】
○ 自分の前を歩いている人物が財布,又は札束を落としたので,親切心からこれを拾い上げて落とした人に手渡すと,逆に「財布の中身が減っている」,「現金が抜き取られた」,「落とした物がまだほかにもあった」などと抗議を受けて,弁償を求められるもの,さらにはバッグを開くことを求められ,中から現金をひったくられる。
○ 通りを歩いていた者から「財布を拾った。山分けしよう」等と持ちかけられ,現金を山分けして別れた後,財布の所有者を名乗る男が現れて全額の返済と警察への口止め料として更にお金を要求されるもの。また,山分けをしなくとも,財布の所有者が現れて,「確認のためあなたの財布を見せてくれ」などと要求され,あまりにしつこいので自分の財布を見せると,スキをついてカードや現金が抜き取られる。
○ さらに巧妙な手段としては,財布を拾った男に話しかけられているところに所有者が現れ,意図的に騒ぎを大きくし,困惑しているところに制服を着た警察官らしき男が現れて,身分証と財布の中身を確認され,解放後,気づいてみると自らの財布から紙幣が抜かれている。
イ スキミング
 依然,クレジットカードやキャッシュカードのスキミング被害事例が散見されます。特に通り沿いの(通りにむき出しになっている)ATMは,カード情報を窃取する機器が比較的取り付けられやすく,このような場所でカード情報を窃取されることが多いようです。他方,店舗,銀行,ホテル等の内部に設置されているATMには同機器が取り付けられにくいとされていますが,カード使用の際には使用履歴を随時確認するなど,注意を払うことが大切です。
ウ スリ
 被害者の多くは,背負ったリュックサックの中,ズボンの後ろポケット,ジャケットの内ポケット,ショルダーバッグ内に貴重品を入れており,多くのケースでは,人混みの中,数人に囲まれて身体に触れられた記憶が残るのみで,その犯行手口は極めて巧妙です。
 ウクライナにおけるスリ被害の場所は地下鉄車内が最も多く,次いで市場,レストラン,イベント会場,広場等不特定多数が集まる場所です。

(3)日本人の被害事例
ア 深夜にキエフ市内の公園を歩いていると,数名から成るウクライナ人グループから抱えていたデジタルカメラを横取りされそうになり,揉み合いになった結果,カメラは強奪され,顔を殴られ重傷を負う。
イ 宿泊するホステルにおいて,外出中,入浴中,また飲食,雑談中等気を許した隙に,ノート型パソコン,金品類,旅券等が盗難される。
ウ 混み合った地下鉄車内において,リュックサックや手提げ鞄在中の,パスポートや財布を抜き取られる。

(4)一般的防犯対策
 日常の起居,買い物や散策などの際にも,周囲の状況に留意しつつ,油断せずに行動することが必要です。
 また,新聞やテレビ,ラジオなどから犯罪に関する情報を収集し,平素から関心を高めておくことも重要です。
以下の諸点は,当地滞在にあたって特に留意すべき点です。
○ 暗くなってからの一人歩き,人気の少ない通りは避ける。
○ 街中で不穏な若者集団が目に付いたら,すぐにその場から離れる。
○ 平素から派手な格好はしない(裕福層に見られないようにする)
○ 貴重品,多額の現金は持ち歩かない。レストラン,バーなどでは,財布や貴重品は肌身離さず所持しておく。
○ 自分の荷物から目を離さない。
○ 列車内や遊興場所では,人から飲物等を勧められても安易に口にしない。
○ 住居,ホテルのドアは,相手を確認できない場合には絶対に開けない。他人(運送業者や修理人等)を部屋に入れる時,高価で珍しい物品等は目に付かないようにしておく。
○ エレベーターには怪しげな人との同乗を避ける。
○ 所謂“白タク”は利用しない(空港・駅等のタクシー会社,タクシーアプリを利用する)。
○ 公共交通機関等の人混みの中では,所持品若しくは着衣内に保管するパスポートや現金等の貴重品を盗まれないよう特に注意する。
○ 自分のスケジュールや家族構成等を不必要に他人に教えない(発生した日本人を被害者とする空き巣,押し入り強盗では,犯人が被害者の個人情報について知っていた例もある)。
○ 通勤,習い事や散歩等の毎日の行動・経路,家を出る時間を随時変える。
○ クレジットカードを無効にする際の連絡先は,財布とは別に保管しておく。
○ 万が一被害にあった場合には,不用意に抵抗せず,大声を上げ,周囲に助けを求める。

3 テロ
 これまでにウクライナにおいてテロによる日本人の被害は確認されていませんが,近年,シリア,チュニジア,バングラデシュにおいて日本人が殺害されるテロ事件が発生しています。また,テロは,日本人が数多く渡航する欧米やアジアをはじめとする世界中で発生しており,特に,近年では単独犯によるテロや,一般市民が多く集まる公共交通機関等(ソフトターゲット)を標的としたテロが頻発していることから,こうしたテロの発生を予測したり,未然に防ぐことが益々困難となっています。
 このようにテロはどこでも起こり得ること及び日本人が標的となり得ることを十分に認識し,テロの被害に遭わないよう,海外安全ホームページや報道等により最新の治安情報の入手に努め,状況に応じて適切で十分な安全対策を講じるよう心がけてください。

査証、出入国審査等

(手続きや規則等に関する最新の情報は駐日ウクライナ大使館(03-5474-9770)等にご確認ください)

1 出入国及び滞在上の留意事項
 ウクライナに入国する日本人は,90日以内の短期滞在であれば査証は不要です。入国査証を取得せずにウクライナに入国・滞在できるのは,2012年2月15日付ウクライナ内閣第150政令を根拠とし,その入国日を起算日として以降180日間のうち,90日間が限度となります。
 ただし,短期滞在であっても,就労や留学等の場合は査証が必要となりますので,出発前にあらかじめ駐日ウクライナ大使館等に照会し,必要な査証を取得してください(空港等入国後の査証取得はできません)。
 長期滞在の場合については,2011年12月25日に新たな法律「外国人及び無国籍者の法的資格」が制定されるなど,長期滞在査証及び在留資格に関する手続きが改訂され,あらかじめ駐日ウクライナ大使館等で査証を取得して入国の上(空港等入国後の査証取得はできません),居住区の入国管理局において当該査証を一時在留証明書に切り替える手続き等を行うこととされています。

2 税関申告
 外貨,現地通貨,高額商品や美術品等の持ち込み,持ち出しにあたっては税関申告が必要となる場合があります。
(1)外貨の持ち込み総額が1万ユーロ相当額以下の場合は,申告の必要がありません。それ以上の場合は,所持している外貨について正確に税関申告するとともに,自身の銀行口座から引き出した証明書等を提示して申告書に確認印を受け,出国まで保管しておく必要がありますので,紛失しないよう注意してください。

(2)価格200ユーロ以上,もしくは重さ50キログラム以上の物品の持ち込みに際しては,税関申告を必要とし,当該物品の価格の20%及び付加価値税の支払いを伴います(ウクライナ関税法第7条)。ただし,当該物品が個人の使用に供されるものである場合には,申告の対象となりません。

(3)500グラム以下の貴金属(金塊,コイン,宝石類等)については,税関申告をすれば出入国が可能(2008年6月11日付中銀による命令)ですが,関税をかけられる場合があります。例えば,自分が平素から身につけている貴金属類については,課税の対象となりませんが,明らかに贈り物として持ち込まれた貴金属類や,客観的に見て,自己の装飾品とは認められないもの(税関職員の判断)については,申告を求められ,当該貴金属類価格の20%の税金を課される場合がありますので,注意が必要です。

(4)パソコンやビデオ等比較的高価な電化製品等を所持している場合,関税をかけられる場合があります。例えば,税関職員をして自己の所有物の範疇ではないと見なされ,明らかに贈り物として持ち込まれたと認められるパソコンやカメラ等を所持している場合には,課税される場合がありますので注意が必要です。

(5)アルコール類等については,ウォッカ,ウィスキーは1リットル,ワイン2リットル,ビール5リットル,タバコ200本を超える場合には,課税の対象となり,申告が必要となります。

(6)入国時に税関申告をした方は,出国の時点で所持している現金等を税関申告書に明記し,審査を受けます。入国時と同じ要領で税関申告書に記入し,税関窓口で入国時の税関申告書,パスポート,航空券と共に検査官に提出してください。

(7)出国時の持ち出し外貨が,入国時の持ち込み外貨より多い場合は,銀行の取引明細書等,所持する外貨が増えた正当な理由を立証する書類を提示する必要があります。

(8)イコンを含む古美術品(1945年以前のもの)は持ち出し禁止です。それ以外の美術品の持ち出しについては文化省の許可が必要です。市中で骨董品を購入した場合は文化省による証明書を売り主から受け取っておく必要があります。

(9)その他持込み及び持出しが認められていないのは,銃器・薬物等の禁制品のほか,劇薬,放射性物質,人種差別や大量殺戮の宣伝等を内容とした印刷物等です。

滞在時の留意事項

1 チェルノブイリ原発4号炉は長らく石棺と呼ばれる建物に覆われていましたが,これを補強するために,2016年11月,更に上から覆う新シェルターが設置されました。事故後30年以上が経過し,立入禁止区域内及びキエフを含む周辺地域の空間線量率は低下し,立入禁止区域内のごく一部の高線量地域を除いては,事故前の空間線量率とほぼ変わらなくなっていると言われています。

2 軍事関係施設,空港内(特に出入国審査付近)の撮影は禁じられています。そのほかにも,写真撮影が禁止されているところがあり,撮影料を要求する博物館もあります。

3 麻薬の所持,売買は禁じられています。絶対に関わらないでください。また,EUと国境を接するウクライナへの密入国者も見られることから,密入国や麻薬密輸に対する当局の厳しい取締りが行われています。滞在中,パスポートまたはウクライナ当局が発行した長期滞在者用の身分証明書を必ず携帯する必要があります。

4 夜間の騒音や公衆の面前での醜態は,公安を乱すものとみなされます。

5 路上での飲酒行為の禁止
(1)ウクライナ行政法典第178条及びウクライナ法「エチル・アルコール,ブランデー・アルコール類,果実由来アルコール類,単純アルコール類,タバコ類の生産及び取り扱いについて」(2010年3月3日改正)を根拠として,公園や路上など屋外(レストランやバーなどを除く)での飲酒行為が禁止されています。

(2)この法律では,ウオッカやコニャック等強いアルコール飲料のほか,ビールを含む弱アルコール飲料についても,当該法律に基づいて,公園や路上など屋外での飲酒行為が禁止の対象となっています。

6 ウクライナは,国境を越えて不法に連れ去られた子の返還の仕組み等を定める「国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約(ハーグ条約)」の締約国です。一方の親の監護権を侵害する形で子どもを常居所地国であるハーグ条約締約国から他のハーグ条約締約国へ連れ去り又は留置した場合は,原則的に子が常居所地国に返還されることとなります。ハーグ条約についての詳細はこちらのページをご覧ください。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/hague/index.html

7 現地に3か月以上滞在される方は,緊急時の連絡などに必要ですので,到着後遅滞なく在ウクライナ日本国大使館に「在留届」を提出してください。また,住所その他届出事項に変更が生じたとき,又は日本への帰国や他国に転居する(一時的な旅行を除く)際には,必ずその旨を届け出てください。在留届の届出は,在留届電子届出システム(オンライン在留届,https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html )による登録をお勧めしますが,郵送,ファックスによっても行うことができますので,在ウクライナ日本国大使館まで送付してください。

8 在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)は,「たびレジ」への登録をお願いします(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html )。「たびレジ」は,滞在先の最新の安全情報などを日本語のメールで受け取れる外務省のサービスです。登録した情報は,ウクライナで事件や事故,自然災害等が発生した際に,在ウクライナ日本国大使館が安否確認を行う際にも利用されます。安全情報の受け取り先として,家族・同僚等のメールアドレスも追加登録できますので,併せてご活用ください。

風俗、習慣、健康等

1 かかりやすい病気・怪我
(1)経口感染症では細菌性胃腸炎,A型肝炎があげられます。
(2)冬期に使用されるスパイクタイヤから出る粉塵,重油暖房などの空気汚染による,呼吸器感染症(頑固な咳)。
(3)うつ症状(冬場の日照時間減少やロシア語又はウクライナ語しか通じないコミュニケーション不足による引きこもり傾向など)。

2 健康上心がけること
(1)食料品
 春から秋に細菌性胃腸炎の症例が多く発生します。生ものやサラダなど水洗いしたものに注意してください。ウクライナ料理やロシア料理はこってりした物が多く,肉やチーズなどの動物性蛋白質,油,塩分の摂り過ぎは,日本人の胃腸には負担となります。
(2)飲料水
 水道水については,一般細菌の混入,配管の老朽化による鉄・鉛・アルミニウム等の金属類の混入が認められます。特別な浄水器を利用するか,市販のミネラルウォーターを飲用することを勧めます。放射性汚染が不安な方はRO浄水器を設置してください。
(3)大気汚染
 急激な自動車の増加による渋滞等に伴い大気汚染も深刻な状態が続いています。異臭・目の痛みを感じることがあります。

3 医療事情
 西洋化が進む中でも,医療面については西欧諸国と比較して依然として立ち後れています。特に公的病院については予算不足等の影響があり,十分な医療機器が整備されていないこともあります。キエフ市内を除き,欧米で教育を受けた医師や英語を話す医療関係者は少ないのが現状です。
 キエフ市内では英語の通じる欧米型私立医療機関が数カ所開設され,英語でコミュニケーションが可能な医師や通訳を備えたところが多くなりましたが,1回の診察,簡単な検査等で数百ドルと高額となりますので,事前の海外渡航保険への加入を強くお勧めします。
病院では,完全な意思の疎通を図ることは難しいことが多く,大きな外科手術,悪性腫瘍に関する生検術などは日本で受けられることをお勧めします。また,医療設備・従事者,サービス,術後感染などの観点からも,軽い症状での受診,小手術及び緊急時のやむを得ない入院以外の利用には適しません。

 医薬品については,一般的に使用される薬は処方箋なしで販売されていますが,カウンターで欲しい薬を告げて出してもらう方式ですので,言語と医薬品名に精通していないと購入はハードルが高いと思われます。新薬等入手が困難なものもあり,また,偽薬(約20%といわれています)や期限切れの薬品も出回っていることもありますので注意が必要です。必要になりそうな医薬品を日本から携行することを勧めます。なお,外国人に適用される公的保険制度はありません。

4 「世界の医療事情」(https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/europe/ukraine.html )において,ウクライナ国内の衛生・医療事情等を案内していますので,渡航前には必ずご覧ください。
 その他,必要な予防接種等については,以下の厚生労働省検疫所ホームページを参考にしてください。
 ◎感染症情報(https://www.forth.go.jp/

4.海外旅行保険
 海外旅行中,たとえ万全の注意を払っていても,事件や事故に巻き込まれる可能性はないとは限りません。また,健康に自信があっても,海外では日本と違う環境でのストレスや疲労により,思いがけない病気にかかる可能性もあります。海外での入院治療には高額な費用が必要となる場合もありますので,こうした予期できないトラブルに備え,緊急移送の可能性も考慮して海外旅行保険等に加入することを強くお勧めします。

緊急時の連絡先

◎ 警 察:102
◎ 救急車:103
◎ 消防署:101

問い合わせ先

○外務省領事サービスセンター
 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
 電話:(外務省代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関係課室連絡先)
○領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)(内線)2853
○領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)(内線)3047
○領事局ハーグ条約室(一般案内窓口)03-5501-8466
○海外安全ホームページ
 https://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版・スマートフォン版)
 http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)

(現地大使館連絡先)
○在ウクライナ日本国大使館
 住所:4, Muzeiny Lane, Kyiv, 01901, Ukraine
 電話:(市外局番044)-490-5500(ウクライナ国内からのみ案内可)
 ファックス:(市外局番044)-490-5502
 ホームページ:https://www.ua.emb-japan.go.jp/jpn/index.html

page TOP