1. ホーム
  2. 危険情報詳細
危険情報
本情報は(日本時間)現在有効です。

マラウイの危険情報【危険レベル継続】(内容の更新)

「危険情報」とは?別ウインドウが開きます

更新日 2022年04月01日
危険情報
地図
凡例:黄色箇所「レベル1:十分に注意してください。」・その国・地域への渡航、滞在にあたって危険を避けていただくため特別な注意が必要です。薄橙色箇所「レベル2:不要不急の外出は止めてください。」その国・地域への不要不急の渡航は止めてください。渡航する場合は特別な注意を払うとともに、十分な安全対策をとってください。橙色箇所「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」その国地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。(場合によっては、現地に滞在している日本人の方々に対して退避の可能性や準備を促すメッセージを含むことがあります。)赤色箇所「レベル4:退避してください。渡航はやめてください。(退避勧告)」その国・地域に滞在している方は滞在地から、安全な国地域へ退避してください。この状況では、当然のことながら、どのような目的であれ新たな渡航は止めてください。
凡例表示

危険レベル・ポイント

【危険度】
●全土
 レベル1:十分注意してください。(継続)

【ポイント】
●日本人被害の大半は首都リロングウェや南部商業都市ブランタイヤで発生しています。被害内容はスリ、ひったくり、強盗、建造物侵入、空き巣等です。外国人は非常に目立つ存在のため、滞在時は十分注意が必要です。

詳細

1 概況
(1)マラウイ国内における犯罪の大半は、窃盗、ひったくり、建造物侵入等の軽犯罪であり、件数は増加傾向にあります。また、近年国内の収入格差が広がり、貧困層に加えて近隣諸国からの不法移民が銃器と共に流入しており、犯罪の手口が凶悪化かつ組織化し、殺人及び13歳以下が被害者となる強姦も増加傾向にあります。建造物侵入に関しては、複数の強盗団による侵入事案が主流であり、電気業者や警察官に変装する、警備員および使用人が犯罪者を手引きし集団で住居に侵入するなどのケースが報告されています。また、慢性的な電力不足から道路の外灯は常に消灯しているため、道路に置き石をして停車車両を襲撃する、通行人を襲撃するなど夜間の犯行が頻発しています。

(2)政府に対する抗議デモが行われると、一部の参加者が暴徒化し、道路封鎖、投石、放火、略奪等の暴力行為を伴う事件が発生します。デモのルートは大変危険な状態となりますので、報道等によりデモの最新情報の入手に努めると共に、多数の人が集まる場所には近づかない等、ご自身の安全確保に努めてください。

(3)これまでに、マラウイにおいてテロによる日本人の被害は確認されていませんが、近年、シリア、チュニジア、バングラデシュにおいて日本人が殺害されるテロ事件が発生しています。また、テロは、日本人が数多く渡航する欧米やアジアをはじめとする世界中で発生しており、特に、近年では単独犯によるテロや、一般市民が多く集まる公共交通機関等(ソフトターゲット)を標的としたテロが頻発していることから、こうしたテロの発生を予測したり未然に防ぐことが益々困難となっています。
 このようにテロはどこでも起こり得ること及び日本人が標的となり得ることを十分に認識し、テロの被害に遭わないよう、海外安全ホームページや現地の報道等により最新の治安情報の入手に努め、ご自身の安全確保に努めてください。

2 地域別情勢
全土レベル1:十分に注意してください。(継続)
(1)リロングウェや南部商業都市ブランタイヤ、旧首都ゾンバ等都市部における犯罪は、複数の強盗団による建物侵入事案が主流です。電気会社や警察を装う、警備員が犯罪者を手引きする、集団で住居に侵入する等のケースが報告されています。また、慢性的な電力不足から街灯は消灯していることが多く、道路に置き石をして停車させ、車両を襲撃するなど、夜間の外出には十分注意が必要です。同地域では在留邦人の多くが強盗、ひったくり、盗難被害に遭っています。

(2)2017年にはHuman Bloodsuckers(吸血鬼)にまつわる噂話が引き金となって、ムランジェ、チョロ、チラズル、ンサンジェ、パロンベ、マンゴチ、ゾンバの農村部、ブランタイヤの農村部およびその周辺地域において、自警団による暴行事件が発生し、9人の犠牲者が出ています。

 つきましては、マラウイに渡航・滞在される方は夜間の外出を避け、周囲の状況に注意し犯罪に巻き込まれないように十分注意してください。

3 滞在に当たっての注意
 日本人が犯罪被害に遭うケースがあとを絶ちません。マラウイでは外国人は非常に目立つうえに裕福と認識されているため、常に犯罪被害に遭う可能性があることを意識して行動してください。
 海外渡航の際には万一に備え、家族や友人、職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。
 マラウイに3か月以上滞在される方は、在マラウイ日本国大使館が緊急時の連絡先を確認できるよう、必ず「在留届」を提出してください。
 3か月未満の旅行や出張などの際には、渡航先の最新の安全情報や、緊急時に在マラウイ日本国大使館の連絡を受け取ることができるよう、外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html

4 隣国のタンザニア、モザンビーク及びザンビアの危険情報にも留意してください。

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-2211(内線)2902、2903

(外務省内関係課室連絡先)
 ○領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)(内線)2306
 ○領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)(内線)3047
 ○海外安全ホームページ:
  http://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版・スマートフォン版)
  http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)

(現地大使館連絡先)
○在マラウイ日本国大使館
 住所:Plot No. 14/191 Petroda Glass House
   P.O.Box 30780 Lilongwe 3, Malawi
 代表電話:+265-888-985-352
 緊急番号:+265-999-985-360
  ホームページ:https://www.mw.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
page TOP