1. ホーム
  2. 危険情報詳細
危険情報
本情報は(日本時間)現在有効です。

シリアの危険情報【危険レベル継続】(内容の更新)

「危険情報」とは?別ウインドウが開きます

更新日 2021年09月17日
危険情報
地図
凡例:黄色箇所「レベル1:十分に注意してください。」・その国・地域への渡航、滞在にあたって危険を避けていただくため特別な注意が必要です。薄橙色箇所「レベル2:不要不急の外出は止めてください。」その国・地域への不要不急の渡航は止めてください。渡航する場合は特別な注意を払うとともに、十分な安全対策をとってください。橙色箇所「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」その国地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。(場合によっては、現地に滞在している日本人の方々に対して退避の可能性や準備を促すメッセージを含むことがあります。)赤色箇所「レベル4:退避してください。渡航はやめてください。(退避勧告)」その国・地域に滞在している方は滞在地から、安全な国地域へ退避してください。この状況では、当然のことながら、どのような目的であれ新たな渡航は止めてください。
凡例表示

危険レベル・ポイント

危険度】
●全土:レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)(継続)

【ポイント】
●シリアでは、渡航者・滞在者に深刻な危険が及ぶ可能性が極めて高い状況が続いており、全土に「レベル4:退避勧告」を発出しています。シリアへの渡航は、どのような目的であれ止めてください。既に滞在されている方は直ちに退避してください。

詳細

1 概況
(1)シリア国内においては、「イラク・レバントのイスラム国」(ISIL)等のイスラム過激派組織、反政府武装勢力、クルド勢力、シリア政府軍・治安当局等が入り乱れて衝突しており、多数の死傷者が発生しています。また、イスラム過激派組織や反政府武装勢力、犯罪集団等による誘拐・強盗等の凶悪犯罪も発生しています。

(2)反政府武装勢力の拠点である北西部、トルコ軍及びその同盟勢力が事実上支配する北部、クルド勢力が事実上支配する北東部及び東部、反政府抵抗活動が活発な南部等の各地域において、様々な勢力間の衝突が発生しています。シリアに入国した場合、これらの衝突に巻き込まれたり、過激派組織等に誘拐・拘束されたりするおそれがあり、非常に危険です。また、反政府武装勢力やクルド勢力等が自主運営するトルコやイラクとの国境検問所を通過してシリア領内に入った場合は、シリア政府から不法入国の罪で逮捕・拘束されるおそれもあります。

(3)2012年8月、シリア北部のアレッポ市で取材中の日本人ジャーナリストが銃撃に巻き込まれ死亡する事件が発生し、2015年1月には、シリアにおいて拘束されていた2人の日本人の映像がISILによりインターネット上に公開され、その後殺害されたとみられるテロ事件が発生しました。ISILは同年2月に公開した映像の中で、今後日本人が攻撃の標的となると警告しています。また、2015年にシリア北部イドリブ県で拘束された日本人は、2018年に解放されるまで3年以上にわたり拘束されました。シリア国内は依然として危険な情勢が続いています。どのような目的であれ渡航は止めてください。既に滞在されている方は直ちに退避してください。

2 地域別情勢
 全土:レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)(継続)

(1)首都ダマスカス市及びその近郊
 2018年5月にダマスカス市近郊がシリア政府の統治下に入りましたが、首都ダマスカス市及びその近郊では、反政府武装勢力がテロを行う可能性が極めて高い状態が続いています。2020年2月には、ダマスカス市内中心部を含め、合計6件の自動車が爆発するテロ事案が発生しています。また、他国の軍によるものとみられるミサイル攻撃も頻発しています。

(2)シリア北西部(イドリブ地域)
ア シリア政府軍と反政府武装勢力に加え、ロシア軍やトルコ軍等の様々な勢力の間で武力衝突が発生しています。2020年3月にロシア軍とトルコ軍との主導により停戦合意が結ばれましたが、その後も戦闘行為は続いており、住民にも多数の死傷者が出るなど、極めて危険な情勢です。
イ 2015年6月にイドリブ県で拘束された日本人は、2018年10月に解放されるまで3年以上にわたり拘束されました。
ウ 反政府武装勢力等が運営する国境検問所を通過してトルコからシリア領内に入域した場合、シリア政府は不法入国者の安全は保証できないと公に述べていることから、シリア政府から不法入国の罪で逮捕・拘束されるおそれがあります。

(3)シリア北部
 トルコ軍及びその同盟勢力は、2016年8月、2018年1月及び2019年10月の3回にわたりクルド勢力に対する軍事作戦を実施し、シリア北部を事実上の支配下に置きました。これら勢力による北部地域の事実上の支配は現在も継続しており、クルド勢力等との武力衝突も続いています。また、市街地においても、自動車爆弾等のテロ事案が散発し、住民に多数の死傷者が発生しています。

(4)シリア北東部、東部及び中央部
ア 2014年6月以降シリアとイラクの広大な領域を支配したISILは、2018年3月、その支配地域を失いましたが、依然としてその残党が、北東部及び東部地域を事実上の支配するクルド勢力及び米主導の「対ISIL有志連合」等への襲撃を繰り返し、中央部の砂漠地帯においても活発なテロ攻撃を継続しています。2015年1月20日には、シリアにおいて拘束されていた2人の日本人の映像がISILによりインターネット上に公開され、その後殺害されたとみられるテロ事件も発生しています。
イ 反政府武装勢力等が運営する国境検問所を通過してイラクからシリア領内に入域した場合、シリア政府は不法入国者の安全は保証できないと公に述べていることから、シリア政府から不法入国の罪で逮捕・拘束されるおそれがあります。

(5)シリア南部
 2018年7月、シリア政府軍がシリア南部を掌握し、同年10月にはシリア・ヨルダン国境が再開されましたが、シリア政府に対する反政府派による攻撃が散発し、住民に死傷者が発生するなど、同地域の治安情勢はいまだ不安定です。

 上記情勢に鑑み、シリアへの渡航は、どのような目的であれ止めてください。既に滞在されている方は直ちに退避してください。

 現在のシリア情勢下にあっては、取材活動であっても不測の事態に巻き込まれる可能性が高く、非常に危険です。危険レベル4の国・地域における取材については、報道各社等に向けてこれまで累次にわたり注意喚起を発出していますが、下記を踏まえ、フリーの報道関係者の方も含め、シリアへの渡航は止めてください。
「危険レベル4の国・地域における取材活動について」(https://www.anzen.mofa.go.jp/attached2/attached_press20210811.pdf
 また、既にシリア国内に滞在されている方は、速やかに在シリア日本国大使館(現在は在レバノン日本国大使館内に臨時事務所を設置)緊急連絡用電話まで連絡するとともに、直ちに退避してください。

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター(海外安全相談班)
 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902、2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)4567
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047
○外務省 海外安全ホームページ:
 https://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版・スマートフォン版)
 http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)

(現地大使館連絡先)
○在レバノン日本国大使館内在シリア大使館臨時事務所
 住所:Serail Hill Area, Army Street, Zokak El-Blat, Beirut, Lebanon (P.O. Box 11-3360)
 電話:市外局番(01) 989751~3
   国外からは(国番号961)-1-989751~3
 FAX:市外局番(01) 989754
   国外からは(国番号961)-1-989754 
 緊急連絡用電話: (国番号963)-933-217011
 ホームページ:https://www.sy.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
page TOP