1. ホーム
  2. 危険情報詳細
危険情報
本情報は(日本時間)現在有効です。

モーリタニアの危険情報【一部地域の危険レベル引上げ及び引下げ】

「危険情報」とは?別ウインドウが開きます

更新日 2021年08月31日
危険情報
地図
凡例:黄色箇所「レベル1:十分に注意してください。」・その国・地域への渡航、滞在にあたって危険を避けていただくため特別な注意が必要です。薄橙色箇所「レベル2:不要不急の外出は止めてください。」その国・地域への不要不急の渡航は止めてください。渡航する場合は特別な注意を払うとともに、十分な安全対策をとってください。橙色箇所「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」その国地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。(場合によっては、現地に滞在している日本人の方々に対して退避の可能性や準備を促すメッセージを含むことがあります。)赤色箇所「レベル4:退避してください。渡航はやめてください。(退避勧告)」その国・地域に滞在している方は滞在地から、安全な国地域へ退避してください。この状況では、当然のことながら、どのような目的であれ新たな渡航は止めてください。
凡例表示

危険レベル・ポイント

【危険度】
●マリ国境地帯全域及びアルジェリア国境地帯全域
 レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)(一部引上げ)
●上記を除くティリス・ゼムール州(ズエラットから東側地域)、ホード・エッシャルギ州、ホード・エルガルビ州、アッサバ州及びアドラール州東部(ワダンから東側地域)並びにタガント州
 レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
●ダーヘル・ヌアディブ州(西サハラ地域国境地帯)、ブラクナ州、ゴルゴル州、ギディマカ州(レベル4地域を除く)、アドラール州西部(ワダンから西側地域)及びティリス・ゼムール州(ズエラットから西側地域)
 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(一部引下げ)
●ヌアクショット特別州、トラルザ州、インシリ州及びダーヘル・ヌアディブ州(西サハラ地域国境地帯を除く)
 レベル1:十分注意してください。(引下げ)


【ポイント】
●マリ及びアルジェリアとの国境地帯においては、全域でイスラム過激派組織がテロ・誘拐事件等を起こす可能性があるため、アマケ以西の南部マリ国境地帯の危険度をレベル4(退避勧告)に引き上げます。
●アドラール州のシンゲッティから東のワダンまでの地域の危険度をレベル2(不要不急の渡航は止めてください)に引き下げます。
●ヌアクショット特別州、トラルザ州、インシリ州及びダーヘル・ヌアディブ州の一部については、マリ及びアルジェリアとの国境から十分に離れており、幹線道路上には警察及び憲兵隊による検問所が多数設置され十分な警戒が行われていることなどから、危険度をレベル1(十分注意)に引き下げます。
●2020年11月、モーリタニア国境に近い西サハラ地域の緩衝地帯エル・ゲルゲラットにおいて、モロッコ軍と西サハラ独立派組織「ポリサリオ戦線」との間に戦闘が発生していることから、ヌアディブ市と西サハラ地域が接する場所にある国境ポスト(通称「PK55」)からの出入国は厳に控えてください。

詳細

1 概況
(1)モーリタニア国内では、2012年以降、テロ事件は発生していませんが、マリ、ブルキナファソ及びニジェール等の周辺国において、「イスラムとムスリムの支援団」(JNIM)、「大サハラのイスラム国」(ISGS)等のイスラム過激派組織によるテロ・誘拐事件が多発しています。これと関連して、特にマリ及びアルジェリアとの国境地帯において、これらの組織に関連したテロ・誘拐事件が発生する可能性がありますので、同地域への渡航はいかなる理由があっても止めてください。

(2)モーリタニア政府は、一貫して「テロとの戦い」を国家の重要政策の一つとし、国境警備の強化や幹線道路における検問所の設置といった取組を積極的に行っています。また、近隣諸国の情勢に対応し、首都ヌアクショット近郊のビーチや主要ホテル等に憲兵隊や警官隊を常駐させるなど、積極的なテロ対策を講じてきました。2019年8月に就任したガズワニ大統領の下においてもこの方針に変更はなく、前防衛大臣である同大統領の堅実な政権運営の下、安定した治安情勢が続いています。

(3)これまでに、モーリタニアにおいて日本人・日本権益を直接標的としたテロ事件は発生していませんが、上記のとおり、周辺国では多数のテロ・誘拐事件が発生しており、モーリタニア国内でも同様の事件が発生する可能性は否定できません。
 このような状況を十分に認識し、テロ・誘拐に巻き込まれることがないよう、海外安全ホームページや報道等により最新の治安情報の入手に努め、状況に応じて適切で十分な安全対策を講じるよう心掛けてください。


2 地域情勢
(1)マリ国境地帯全域及びアルジェリア国境地帯全域
 レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)(一部引上げ)

 隣国マリの北部及び中部においては、JNIMの活動が活発であり、傘下組織によるテロ攻撃が頻発しています。仏バルカンヌ軍及びマリ国軍による武装勢力掃討作戦が実施されていますが、依然としてテロ攻撃が発生しており、大きな脅威となっています。このため、マリ及びアルジェリアとの国境地帯においては、国境を越えて侵入したイスラム過激派組織によるテロ・誘拐事件等に巻き込まれる可能性があります。南部のホード・エルガルビ州アマケ以西のマリ国境地帯についても、危険度を「レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)」に引き上げます。

 つきましては、これらの地域への渡航・滞在はどのような目的であれ止めてください。また、既に滞在中の方は、直ちに安全な地域へ退避してください。

(2)上記を除くティリス・ゼムール州(ズエラットから東側地域)、ホード・エッシャルギ州、ホード・エルガルビ州、アッサバ州、及びアドラール州東部(ワダンから東側地域)並びにタガント州
 レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)

 モーリタニア国防省は、ティリス・ゼムール州北東部チェガ、同州北西部アインベンティリ、タガント州ダールティチット及び同州南東部レムライエに囲まれた長方形の広範な砂漠地域を軍事地帯として立入禁止にしており、何人も立ち入れば攻撃の標的とみなすと発表しています。

 つきましては、これらの地域への渡航・滞在はどのような目的であれ止めてください。

(3)ダーヘル・ヌアディブ州(西サハラ地域国境地帯)、ブラクナ州、ゴルゴル州、ギディマカ州(レベル4地域を除く)、アドラール州西部(ワダンから西側地域)及びティリス・ゼムール州(ズエラットから西側地域)
 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(一部引下げ)

ア 憲兵隊による検問や上空からの監視が行われていますが、各都市間を結ぶ幹線道路を外れると治安部隊の配置されていない砂漠地帯が広がっており、不測の事態が発生した際に対応が困難となる可能性がありますので、各都市間の移動については必ず幹線道路を利用してください。

イ シンゲッティ-ワダン間の幹線道路は未舗装である上に路面状況が悪いことから、専門のガイドを伴い四輪駆動の車両で移動を行うなど、十分な安全対策を講じるよう心掛けてください。

ウ 2020年11月、モーリタニア国境に近い西サハラ地域の緩衝地帯エル・ゲルゲラットにおいて、モロッコ軍と西サハラ独立派組織「ポリサリオ戦線」との間に戦闘が発生していることから、ヌアディブ市と西サハラ地域が接する場所にある国境ポスト(通称「PK55」)からの出入国は厳に控えてください。

 つきましては,これらの地域への不要不急の渡航は止めてください。やむを得ず渡航・滞在する場合には、特別な注意を払うとともに、十分な安全対策を講じるようにしてください。

(4)ヌアクショット特別州、トラルザ州、インシリ州及びダーヘル・ヌアディブ州(西サハラ地域国境地帯を除く)
 レベル1:十分注意してください。(引下げ)

ア 2012年以降モーリタニア国内でテロが発生していないことに加え、これらの地域はイスラム過激派組織によるテロ・誘拐事件の可能性のあるアルジェリア及びマリとの国境地帯から十分に離れており、幹線道路上には警察及び憲兵隊による検問所が多数設置され十分な警戒が行われていることから、危険度を「レベル1:十分注意してください。」に引き下げます。

イ ただし、依然として首都ヌアクショットでは、人口流入と失業問題のため周縁部の貧困地域等での犯罪の増加がみられ、強盗、殺人等の凶悪犯罪も発生しています。滞在の際は、比較的安全なテブラグゼイナ地区にとどまり、犯罪の多発するヌアクショット南西部のアラファト地区、リヤド地区及びトゥジュニン地区には立ち入らないようにしてください。

 つきましては、これらの地域への渡航・滞在に当たっては、海外安全ホームページや報道等により最新情報の入手に努め、身の回りの安全に十分注意してください。


3 滞在に当たっての注意
 モーリタニア滞在中は、下記の事項に十分注意して行動し、危険を避けるようにしてください。また、海外安全ホームページや報道等より最新情報を入手するよう努めてください。なお、詳細については、「安全対策基礎データ」(https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure_278.html )を併せて参照してください。
(1)在留届、たびレジ
 海外渡航の際には万一に備え、家族や友人、職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。
 モーリタニアに3か月以上滞在する方は、在モーリタニア日本国大使館が緊急時の連絡先を確認できるよう、必ず在留届を提出してください。(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet
 3か月未満の旅行や出張などの際には、渡航先の最新安全情報や、緊急時の在モーリタニア日本国大使館からの連絡を受け取ることができるよう、外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

(2)政府関係施設等では、政策等に反対するデモが時折発生します。不測の事態が起こる可能性も排除できませんので、大統領官邸や軍・治安関係施設などには極力近付かないようにし、万一デモや集会に遭遇した際にはすぐにその場から離れてください。また、テロの標的となりやすい欧米諸国関連施設も、必要のある時以外は近付かないようにしてください。

(3)空港では、荷物搬送やタクシー斡旋、両替等の便宜の申し出を行う人がいますが、これらの人の中には、通常以上の斡旋料を要求したり、両替に乗じて詐欺を行ったりする人もいますので、注意してください。出入国時の空港周辺ではスリや置き引きが多いことから、所持品の管理についても十分注意してください。
 なお、モーリタニアでは酒類の持込みは厳しく禁じられていますので、持込みは止めてください。空港で酒類の持込みが発覚した場合には、厳しく罰せられる可能性があります。

(4)モーリタニアの道路網は、幹線道路も含めて未整備なところが多く、街灯等照明設備が備えられている場所も限られています。都市や幹線道路を離れると大半が砂漠・土漠地帯で、通常の車両で移動することは極めて困難であり、また、人家もほとんどないことから、不測の事態が起きた場合に身動きが取れなくなることも懸念されますので、砂漠・土漠地帯での移動に際しては、必ず土地感のある運転手あるいはガイドを伴い、できるだけ2台以上の車両で走行してください。また、衛星電話や無線などの通信手段を確保しておくことも重要です。


4 隣国のアルジェリア、マリ及びセネガル並びに西サハラ地域についても危険情報を発出していますので、併せて留意してください。

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞ヶ関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902、2903

(外務省関連課室連絡先)
○領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)9850
○領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047
○海外安全ホームページ
  https://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版・スマートフォン版)
  http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)

(現地大使館連絡先)
○在モーリタニア日本国大使館
  住所:Lots 861, 862 and 520 Ilot E Nord, Tevragh Zeina, BP7810, Nouakchott, Mauritanie
  電話:(市外局番なし)4525-0977
   国外からは(国番号222)4525-0977
  FAX:(市外局番なし)4525-0976
   国外からは(国番号222)4525-0976
  ホームページ:http://www.mr.emb-japan.go.jp/j/
page TOP