1. ホーム
  2. 危険情報詳細
危険情報
本情報は(日本時間)現在有効です。

香港の危険情報(新規)

2019年08月14日
地図へ

【ポイント】
●「逃亡犯罪人条例等改正案」を巡っては,一部の抗議活動について,警察不許可にも拘わらず抗議活動が行われたり,ゲリラ的な抗議活動が行われるなど流動化傾向がみられ,また抗議者と警察当局の衝突がエスカレートしている傾向もみられます。抗議活動は空港や一部観光地を含め香港の広範な範囲で行われており,今後も抗議活動は継続し,かかる混乱が続く可能性があることから,香港を危険レベル1に引き上げます。
1 概況
(1)2019年6月以来,香港では,「逃亡犯罪人条例等改正案」を巡る抗議活動が,香港島,九龍,新界の市街地等を主として行われており,いまだ収束の目処は立っていません。
(2)一連の抗議活動では,デモ・集会等は基本的に事前申請され,警察の許可の下,総じて平和的に行われていましたが,最近の抗議活動の動向として以下の状況が発生しており,具体的には,警察不許可にも拘わらず抗議活動が行われたり,ゲリラ的な抗議活動が行われるなど流動化の傾向がみられ,また抗議者と警察当局の衝突がエスカレートするなどの傾向もみられます。
ア デモ・集会等の後も一部抗議者が残留して警察当局と対峙・衝突する例があること
イ 警察が不許可したにも拘わらず抗議活動が行われる例があること
ウ 複数の他地域に突如移動する等して,抗議活動がゲリラ的,同時並行的に行われるなど,事態の流動化の傾向がみられること
エ 抗議者,警察当局の衝突に加えて,白シャツ等を着用した集団が抗議者を無差別に襲撃するなどの例が発生していること
オ 警察側が大量の催涙弾,ゴム弾等を使用するようになっている一方,抗議者側も,火を使用するなど対峙手段がエスカレートする傾向がみられ,その中で衝突も激化傾向にあり,逮捕者及び主に抗議者・警察当局双方の負傷者が増大していること
カ 対峙・衝突の発生場所が,政府関連機関,警察署や街頭のほか,地下鉄(MTR)駅構内,商業施設内,空港等でも行われるケースがみられるようになっていること
キ 抗議活動の形態についても,デモ・集会のみならず,公共交通機関等のストライキ,サボタージュ等がみられること
ク 特に,8月中旬には,数日続いて香港国際空港に多数の抗議者が集結し,多数のフライトが欠航となるなど,空の便への大きな影響が生じていること
(3)抗議活動は空港や一部観光地を含め香港の広範な範囲で行われており,今後も抗議活動は継続し,かかる混乱が続く可能性があることから,香港を危険レベル1に引き上げます。

2 地域別情勢
香港(全土):レベル1:十分注意してください(新規)
 
(1)香港島
○立法会や政府総部,中央政府関係機関等の政府関係機関が集中しています。
○香港島北部を貫く大通りや公園等でデモ・集会が行われることが多く,その後抗議活動に発展したケースがあります。
○北角等の地域では,反抗議集団が抗議者を襲撃した事案が発生しています。
(2)九龍
○チムサーチョイ(尖沙咀)を中心とする九龍半島南部は,繁華街が多く,多数の外国人観光客が集まる地域です。チムサーチョイや紅ハムに於いても,最近は抗議活動が複数回行われているほか,別の地域で抗議活動を行っていた抗議者がゲリラ的に流れてきて抗議活動を行い,負傷者が発生している事態も見られ,思わぬ場所で抗議活動に遭遇するリスクが高まっています。
(3)新界
○元朗地区では,白服を着た集団が抗議者を襲撃し,多数の負傷者が発生しました。
○同地域内には香港国際空港が所在し,上記1(2)クの事態が発生しました。

3 渡航・滞在にあたっての注意
(1)香港滞在中は下記の事項に十分留意して行動し,危険を避けるようにしてください。
○外出する際は,報道等から最新の治安情報の入手に努め,行き先の安全を確かめるとともに,外出中は周囲への警戒を怠らない。
○抗議活動や衝突・口論の場,またはその可能性のある場所には決して近づかない。万一かかる場所に遭遇した場合には速やかにその場を離れる。
○抗議活動の様子等をスマートフォン等で撮影しない。香港警察当局の記者会見でも,撮影した者が抗議者に取り囲まれ,批判やさらには殴打を受ける例を挙げて注意を促したところ,注意する。
○パスポート等身分証明書を携帯し,職務質問を受けたときに備える。
○家族や知人に行き先,居場所,連絡先を知らせておくとともに,日本の親族等との定期的な連絡を心掛ける。
○万一,トラブルに巻き込まれた場合には,速やかに日本国総領事館に支援を求める。
(2)海外渡航の際には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。
 3か月以上滞在する方は,大使館又は総領事館が緊急時の連絡先を確認できるよう,必ず在留届を提出してください。
 3か月未満の旅行や出張などの際には,渡航先の最新安全情報や,緊急時の大使館又は総領事館からの連絡を受け取ることができるよう,外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html)
香港への渡航・滞在にあたっては,以下の注意事項を参考に,十分な安全対策を講じてください。また,日本国外務省,在香港日本国総領事館,現地関係機関等から最新情報を入手するよう努めるとともに,不測の事態が発生した場合に備え,在香港日本国総領事館との連絡手段を確保してください。
有効な防犯対策等については,「安全対策基礎データ(https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure_016.html )」の「●犯罪発生状況,防犯対策」をご参照ください。
(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902, 2903

(外務省関連課室連絡先)
○領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
  (内線)5139
○領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
  (内線)3047
○外務省 海外安全ホームページ
http://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版・スマートフォン版)
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (モバイル版)

(現地公館連絡先)
○在香港日本国総領事館(領事部)
住所:46 /F, One Exchange Square, 8 Connaught Place, Central, Hong
香港中環康楽広場8号交易広場第一座46楼
電話:2522-1184 国外からは(地域番号852) 2522-1184
ホームページ: http://www.hk.emb-japan.go.jp/jp/index02.html
page TOP