1. ホーム
  2. 地図からの選択
  3. 安全対策基礎データ
  4. グレナダ

グレナダ
安全対策基礎データ

更新日 2021年07月20日

1 犯罪発生状況
(1)グレナダは人口約11万2千人の小さな島国で、一般的に治安は良いと言われています。犯罪統計でも、殺人、性犯罪、強盗などの凶悪犯罪の発生率は、カリブ諸国の中では比較的低い状況ですが、2019年は殺人事件が16件報告されており、人口当たりの犯罪発生率は、日本と比較すると何倍もの高い値です。特に摘発される薬物犯罪の数は、周辺のカリブ諸国以上の水準にあります。政府は違法薬物や銃の取締りを強めており、違反者には厳しい刑罰が科せられます。

(2)外国人が被害に遭いやすい犯罪として、ビーチにおける窃盗事件があります。特に観光客に人気のある南西部のGrand AnseビーチやBBCビーチにおいて、親しく話しかけて相手の注意をそらした隙に所持品を盗む手口が頻発しています。また、大麻等の違法薬物の密売話を持ちかけてくる場合もありますので、そうした話には決して応じず、速やかにその場を離れる様にして下さい。

(3)治安当局は、観光客の多いビーチ等では警察官や民間警備会社によるパトロールを強化していますが、観光地を外れるほど警察官のパトロールも少なくなるため、注意が必要です。

2 防犯対策
グレナダに渡航する際には、日没後の一人歩きを避け、移動にはタクシーを利用するなどの注意が必要です。また、セキュリティー面で信頼できるホテルを選び、戸締まりを励行し、所持品の管理には十分注意することが必要です。

3 テロ・誘拐
 グレナダのテロ・誘拐については、テロ・誘拐情勢(https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcterror_290.html )をご確認ください。

(手続や規則に関する最新の情報については、グレナダ当局や在トリニダード・トバゴ日本国大使館(グレナダを兼轄)等にお問い合わせください。)
1 査証
日本人に対しては、就労以外を目的とした渡航で、出国の航空券および滞在費を所持しており、かつ滞在先が確保された3か月以内の滞在であれば、事前の入国査証の取得が免除されています。ただし、入国時にパスポートの残存有効期間が6か月以上あることが必要です。3か月以上の滞在を希望する場合は、改めて入国管理事務所で滞在期間延長の許可を受ける必要があります。
新型コロナウイルス感染症対策のため、入国制限措置や入国に際しての条件・行動制限がとられていることがありますので、最新の情報(https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html )を事前にご確認ください。

2 出入国
 出国税は航空券に含まれているため、出国時に支払う必要はありません。
黄熱の流行地域から入国する場合は、イエローカード(黄熱予防接種証明書)の提示を求められます。

3 外貨申告
出入国に際して、10,000米ドル以下の外貨の持込みおよび持出しは申告する必要はありませんが、これを超える場合には税関に申告する必要があります。米ドルなどの外貨から現地通貨ECドル(東カリブドル)への両替は銀行またはホテルで行えますが、日本円の両替はできません。

1 各種取締法規
(1)違法薬物
違法薬物の所持、使用、運搬などは違法であり、違反者には高額な罰金と懲役刑が科せられます。治安当局では、薬物中毒者の蔓延を危惧しており、薬物犯罪の取締りを強化しているため、摘発者数も高い水準にあります。滞在中に他人の荷物を預かったり、反対に自分の荷物などを預けたりすると、知らない間に「運び屋」に仕立てられる危険がありますので、注意してください。また、近年では、日本人観光客がビーチで見知らぬ男から違法薬物を勧められたという報告もあります。勧められた場合はきっぱり断り、絶対に興味本位で手を出さないようにしてください。

(2)不法就労
外国人が就労するには、許可を取得する必要があります。不法就労は、罰金、懲役、強制送還の対象となります。

2 写真撮影の制限
空港、警察および軍事施設などは撮影禁止です。

3 交通事情
(1)車両の通行は日本と同じ左側通行です。公共交通機関として乗り合いバス(ミニバン)があり比較的安価ですが、速度超過や無理な追越し、飲酒運転などの危険行為が珍しくなく、安心して利用できる乗り物とは言えませんので、できるだけ避けてください。タクシーは、空港を始め首都セントジョージズのタクシー乗り場でも利用できますが、中には法外な料金を要求する運転手もいますので、事前に観光案内所、ホテル等で料金の目安を確認しておくと安心です。

(2)グレナダでは当局の許可無しでは国際運転免許証をそのまま使用することはできません。国際運転免許証、自国の運転免許証およびパスポートを提示すれば、許可が受けられます。有効期間は3か月間で、手数料は60ECドル(24米ドル)です。

(3)小さな島国であるため、起伏やカーブが多く、また大きな穴が放置されているなど道路の舗装整備が行き届いていません。また、交通マナーも悪いため、運転には十分注意する必要があります。万一に備えて、交通事故損害保険に加入しておくことをお勧めします。

4 自然災害
 カリブ海地域では、ハリケーンや地震、津波などの自然災害に対する備えが必要です。グレナダは過去にハリケーンの襲来により甚大な被害を受けたことがあります。概ね6月から年末頃にかけてのハリケーンのシーズンに渡航される方は、テレビやラジオ、インターネットなどを通じて最新の気象情報の収集に努め、ある程度長期間滞在する場合は水や非常食などを常備しておくなどの対策を検討してください。

5 在留届(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html
 グレナダに3か月以上滞在される方は、緊急時の連絡等に必要ですので、到着後遅滞なく在トリニダード・トバゴ日本国大使館(グレナダを兼轄)に「在留届」を提出してください。また、住所その他届出事項に変更が生じたとき、または日本への帰国や他国に転居する(一時的な旅行を除く)際には、必ずその旨を届け出てください。在留届の届出は、オンラインによる在留届電子届出システムによる登録をお勧めしますが、郵送、ファックスによっても行うことができますので、在トリニダード・トバゴ日本国大使館まで送付してください。

6 「たびレジ」(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html
在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)は、外務省海外旅行登録「たびレジ」への登録をお願いします。「たびレジ」に渡航期間・滞在先・連絡先等を登録すると、滞在先の最新の安全情報がメールで届き、緊急時には在トリニダード・トバゴ日本国大使館からの連絡を受けることができます。安全情報の受け取り先として、家族・同僚等のメールアドレスも追加登録できますので、併せてご活用ください。

1 衛生事情
(1)水
水道水の衛生状態は良いとは言えないので、市販のミネラルウォーター等の飲用をお勧めします。

(2)食料品
スーパーマーケットなどの食品は衛生面は良いですが、新型コロナウイルス感染予防の観点から注意が必要です。また、街頭や市場などで売られる食材には、衛生上の観点から注意が必要です。

2 病気
(1)カリブ地域一帯は、エイズへの感染率が高いので、注意が必要です。また、熱帯地域に多い蚊が媒介する感染症(ジカウイルス感染症、デング熱など)の発生も珍しくないので、蚊に刺されないための対策が必要です。

(2)新型コロナウイルス
  新型コロナウイルス感染防止対策として、公共の場でのマスク着用の義務化等の規制が課されており、違反者には罰則が科されます。規制措置の確認・遵守を徹底の上、感染予防に努めてください。

 ◎感染症(新型インフルエンザ等)関連情報
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/search/pcinfectioninfo.html#widearea

3 医療事情
病気や負傷の場合には、現地の病院でとりあえずの応急処置を受けることは可能です。また、新型コロナウイルス対策として国内の複数の病院が、指定病院とされ、同患者の治療に当たっています。しかし医療設備には限りがあり、入院や手術を要するような症状の場合には、早めに米国や日本への転院を考える必要があります。万一に備えて、緊急移送サービスの付いた海外旅行傷害保険への加入をお勧めします。
その他必要な予防接種等については、以下の厚生労働省検疫所ホームページを参考にしてください。
◎感染症情報(http://www.forth.go.jp/

4 その他
グレナダは一年を通じて安定した気候で過ごしやすい島ですが、乾季(おおむね1月から5月頃までの間)には水が不足し、場合によっては島内全域で給水制限が行われることがあります。この時期に渡航する際には、十分な貯水タンクを有するホテルを利用する方が安心です。

◎警察:TEL・911
◎消防・救急:TEL・911
◎在トリニダード・トバゴ日本国大使館(グレナダを兼轄)
住所:5 Hayes Street,St. Clair, Port of Spain, Trinidad and Tobago, W. I. (P.O.Box1039)
電話:(国番号1-868)628-5991
FAX: (国番号1-868)622-0858
ホームページ:https://www.tt.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
E-mail: embassyofjapan@po.mofa.go.jp

※グレナダには日本の在外公館はなく、在トリニダード・トバゴ日本国大使館が兼轄しています。

○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902、2903

(外務省関係課室連絡先)
○領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連除く)(内線) 5145
○領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)(内線)3047
○領事局政策課(感染症関連)(内線) 4475
○海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版・スマートフォン版)
http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)

※本情報記載の内容(特に法制度・行政手続き等)については、 事前の通告なしに変更される場合もありますので、渡航・滞在される場合には、渡航先国の在外公館または観光局等で最新情報を確認してください。

page TOP