1. ホーム
  2. 地図からの選択
  3. 安全対策基礎データ
  4. ツバル

ツバル
安全対策基礎データ

更新日 2021年03月09日

(ツバルには日本国大使館がないため、事故等に遭遇した場合は、まず現地警察に連絡し、必要に応じて在フィジー日本国大使館(ツバル兼轄、連絡先は末尾)にも連絡してください。)

1 ツバルは、重犯罪の発生率は極めて低く、現在までのところ、治安上の問題はさほどありません。しかし、飲酒に起因した暴行事件(けんか)等が主に週末に発生していますので、夜間のナイトクラブやその周辺ではこれらの事件に巻き込まれないよう注意が必要です。

2 現在、ツバル国内に在留邦人は多くはありませんが、近年、ツバルが海面上昇の危機に瀕していると言われていることから、取材・調査研究目的で訪れる日本人渡航者がいます。対日感情は良好であるため、日本人をターゲットとする犯罪事例はありませんが、基本的な防犯対策は必要です。

3 近年では、単独犯によるテロや一般市民が多く集まる公共交通機関等(ソフトターゲット)を標的としたテロが頻発するなど、テロの発生を予測し未然に防ぐことがますます困難となっています。テロはどこでも起こり得ること、日本人も標的となり得ることを十分に認識し、テロの被害に遭わないよう、海外安全ホームページ(テロ・誘拐情勢: https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcterror_274.html )や報道等により最新の治安情報の入手に努め、状況に応じて適切で十分な安全対策を講じるよう心掛けてください。

(手続や規則に関する最新の情報については、入国管理事務所(電話(国番号688)20240)、関税局( 電話:(国番号688)20235)、観光局(外務省(電話:(国番号688)20117)より交換)、ホームページ:http://www.timelesstuvalu.com 等にお問い合わせください。)

1 観光などを目的として日本人がツバルに短期滞在する場合は、事前に査証を取得する必要はありません。入国審査時に最長1か月(原則、出国の搭乗便出発日まで)の滞在許可が与えられますが、入国時に6か月以上の残存有効期間のある旅券(パスポート)、復路の航空券、滞在に必要な十分な現金を所持していない場合には入国は認められません。入国後、滞在期間の延長を希望する場合は、入国管理事務所で100豪ドル(2021年1月現在1豪ドル=約80円)の手数料を添えて申請すれば、3回までの延長(最初の入国時の滞在許可を含めて合計4か月まで)が認められます。

2 就学、就労、研究調査等の目的での滞在の場合は、事前に必要書類に手数料100豪ドルを添えて、入国管理事務所に居住許可を申請する必要があります(申請方法や必要書類については、直接入国管理事務所((国番号688)20240)にお問い合わせください)。承認されれば1か月の滞在が可能となり、入国後、3回まで延長が可能です。それ以上の長期滞在を目的とする場合は、事前に申請の上、承認の後に手数料(ツバル国外からの申請は600豪ドル、ツバル国内からの申請は1,200豪ドル)を支払うことで1年間の滞在許可が与えられ、延長する場合は1回につき1年間の延長が許可されます(手数料100豪ドル、回数の限度なし)。

3 免税範囲は、18才以上一人あたり、1リットルまでの蒸留酒またはワイン、紙巻きたばこ200本までです。

4 肉類や乳製品(缶詰を除く)、動植物、野菜、果物、木製品等の他、400豪ドル相当額以上の価値のある物品は、持込みに際し申告及び検査が必要です。

5 持込み禁止・制限品は、違法薬物、銃器(水中銃を含む)、軍需品、多量の花火、公序良俗に反する雑誌・DVD・ビデオなどです。これに違反した場合は、ツバルの法令により処罰されます。

6 医療用麻薬を含む医薬品の携帯による持込み、持出しの手続については厚生労働省の以下のホームページをご確認ください。
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/yakubuturanyou/index_00005.html

7 出入国ともに3,000豪ドル相当額以上の持込み、持出しには制限があります。

8 ツバルを出発する全ての国際航空便においては、容量100ミリリットル以上の液体、エアゾール、ジェルは機内に持込むことはできません。100ミリリットル未満のものについては、透明なビニール袋に入れる必要があります。

9 出国時、航空機利用の場合には35豪ドルの出国税が課せられますが、予め航空運賃に含まれています。

1 1年を通して、気温が摂氏30度を超す熱帯性気候であるため、日射病にかかることがあります。日除けの帽子を着用するほか、水分及び塩分の補給を欠かさないよう留意してください。また、ツバルの直射日光は日本に比べ極めて強く、長時間戸外にいる場合は軽い火傷症状になるケースもありますので、日焼け防止クリーム等を用いることをお勧めします。また、物資が非常に少ないツバルでは、日焼け止めクリームや蚊除けの防虫スプレーなどの入手が困難なため、渡航前に用意されることをお勧めします。

2 宿泊施設が非常に少ないため(ホテル1軒、ゲストハウス数軒)、渡航前に予約することをお勧めします。また、レストランの店舗数も極めて少なく、ホテルを除いては中華料理店が数軒ほどあるのみです。

3 ツバルの通貨は、豪ドルです。なお、ツバル国内でのみ使用できる豪州の硬貨に酷似したツバル独自の硬貨が流通しています。

4 ツバルには河川や湖沼等がないため、飲料水は雨水と海水淡水化装置に頼っており、慢性的な水不足となっています。このため、ホテルでも断水となる場合がありますので、あらかじめ断水時間帯を確認し、状況に応じて水を溜めておく等の対応が必要です。水道の水は、雨水を溜めて利用しているため、濾過及び煮沸して飲むか、ミネラルウォーターを利用してください。ミネラルウォーターはホテルやスーパー等で購入できます。

5 銀行は、National Bank of Tuvaluの一行のみで、営業時間は月曜日から金曜日までの午前9時から午後2時までです。日本円を含む主要な通貨の両替が可能です。ATMはありませんので、キャッシュカードやクレジットカードで現金を引き出すことはできません。

6 電話は、プリペイドカードを利用することで国際電話も可能です。プリペイドカードは、ホテル、ツバル・テレコム事務所、商店などで販売しています。

7 インターネットは、ホテル及び空港を含む政府庁舎周辺地区では公衆Wi-Fi(有料)があります。プリペイドカードは、ホテルやツバル・テレコム事務所で販売しています。そのほか、インターネットカフェが数軒あります。いずれも通信速度は極めて遅く、日中はメールの受信すらままならない状況です。

8 公共交通機関は、台数は少ないものの、タクシーが運行しています。近距離の場合、運賃は2豪ドル程度です(メーターはありません。)。他にレンタルバイクのサービス(1日約10豪ドル)があり、事前にホテルに頼んでおくと指定の日時に配車されます。

9 ツバルで自動車を運転する場合の手続等の詳細についてはツバルの警察署にご確認ください。

10 車両は、日本と同じく右ハンドル左側通行となっています。信号機がありませんので、交差点を通過する場合には十分注意し、状況により、他の車両を優先させる等の配慮が必要です。また、速度を低減させるための「バンプ」と呼ばれる帯状突起が随所に設置されていますので、通過の際には注意が必要です。

11 フナフチ環礁内西側の海洋資源保護区域へ入るには、事前にフナフチ町役場で許可を得る必要があります。

12 空港の滑走路は飛行機の離発着がない場合には、立入りが制限されておらず、スポーツなどが自由に行われていますが、離発着前にはサイレンの合図とともに消防車両及び警察車両が巡回しますので、すぐに滑走路の外に出なければなりません。

13 ツバルに3か月以上滞在される方は、緊急時の連絡等に必要ですので、到着後遅滞なく、在フィジー日本国大使館(ツバルを兼轄。連絡先は末尾)に「在留届」を提出してください。また、住所その他の届出事項に変更が生じたとき、または日本への帰国や他国に転居する(一時的な旅行を除く。)際には、必ずその旨を届け出てください。なお、在留届の届出は在留届電子届出システム(オンライン在留届、https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html )による登録をお勧めしますが、郵送及びFAXによって行うことができますので、在フィジー日本国大使館に送付してください。

14 在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む。)は、「たびレジ」への登録をお願いします(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html )。「たびレジ」は、滞在先の最新の安全情報などを日本語のメールで受け取れる外務省のサービスです。登録した情報は、ツバルで事件や事故、自然災害が発生した際に、在フィジー日本国大使館が安否確認を行う際にも利用されます。安全情報の受け取り先として、家族・同僚等のメールアドレスも追加登録できますので、併せてご活用ください。

1 ツバル国民のほとんどはキリスト教徒(プロテスタント系)で、日曜日は休息と礼拝の日とされています。慣習的に商店は閉まり、各種行事は開催しないこととなっています。旅行者も日曜日の観光やレジャーに際しては、こうした現地の習慣を尊重することが望まれます。
 ツバルには自国の新聞社やテレビ局がないため、公式情報の入手はラジオに限られます。なお、衛星放送の受信機を有している家庭やホテルのロビーでは、衛星放送を視聴することができます。

2 服装に制限はありませんが、女性の身だしなみについては注意が必要です。地方では水着を含めて露出の多い服装は避ける方が無難です。

3 島のあちこちに「ファレカウプレ(Falekaupule)」と呼ばれる村の集会所がありますが、村人たちの神聖な場所となっており、儀式等への参加はもちろん、何も行われていない時でも、立ち入る場合には必ず事前に村人に許可を得てください。

4 住民の生活は開放的で、住居は外壁が無く内部が容易に見える家屋も多くありますが、住民の感情に十分配慮し、興味本位でのぞき込んだり、無断で家屋の写真を撮影したりしないようにしてください。

5 医療施設は、フナフチに総合病院が1か所あるのみです。医師及び医薬品が慢性的に不足しているため、ツバルに渡航する場合には常備薬を持参するようにしてください。ただし、特殊な薬品については、可能な限り(医師の指示に従い)英文の処方箋や説明書を携行することをお勧めします。
 現在、特に流行している病気はありませんが、まれに結核やコレラ、デング熱等が流行することがあります(マラリアはありません。)。デング熱には予防薬や予防接種がなく、蚊に刺されないようにすることが唯一の予防方法です。虫よけスプレー等を利用すること、肌の露出を控えた服装を心掛けることをお勧めします。なお、デング熱はまれに重症化し、デング出血熱となることがあります。旅行中及び帰国後1週間以内に関節痛、頭痛、目の奥の痛みなどを伴う急な発熱があった場合には、最寄りの医療機関で受診してください。
 感染症広域情報 「アジア・大洋州におけるデング熱の流行」
 https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2017C013.html
 その他、必要な予防接種等については、以下の厚生労働省検疫所ホームページ参考にしてください。
 https://www.forth.go.jp/

6 滞在中に病気にかかった場合や大きな怪我をした場合には、早めに診察を受け、症状が悪化する前に日本やオーストラリア、ニュージーランドなどの近隣の先進国の病院で早期に治療を受けることをお勧めします。大きな病気やケガの際には、国外へ搬送され治療を受けることとなりますので、緊急移送サービス等をカバーする十分な補償内容の海外旅行保険に加入しておくことを強くお勧めします。

7 新型コロナウイルスに関する感染症危険情報が発出されていますので、引き続き外務省ホームページなどを通じて動向を注視してください。

◎警察、消防:電話 911
◎病院、救急車:電話 20749
◎観光局(外務省:電話 20117より交換)
◎在フィジー日本国大使館:電話 (国番号679) 3304633
 ※ツバルは在フィジー日本国大使館が兼轄しています。

○ 外務省海外安全相談センター
 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
 電話:(外務省代表)03-3580-3311(内線)2902、2903

(外務省関連課室連絡先)
○ 領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)(内線)4965
○ 領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)(内線)3678
○ 領事局政策課(感染症関連)(内線)4475
○ 外務省海外安全ホームページ
  https://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版・スマートフォン版)
  http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)

(現地大使館連絡先)
○ 在フィジー日本国大使館
 住所:Level 2, BSP Life Centre, Thomson Street, 1 Suva, Fiji(G.P.O. Box 13045)
 電話:3304633
  国外からは(国番号679)3304633
 ファックス:3302984
  国外からは(国番号679)3302984
 ホームページ:https://www.fj.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 ※ ツバルは在フィジー日本国大使館が兼轄しています。

※本情報記載の内容(特に法制度・行政手続き等)については、 事前の通告なしに変更される場合もありますので、渡航・滞在される場合には、渡航先国の在外公館または観光局等で最新情報を確認してください。

page TOP