1. ホーム
  2. 地図からの選択
  3. 安全対策基礎データ
  4. バハマ

※本情報記載の内容(特に法制度・行政手続き等)については、 事前の通告なしに変更される場合もありますので、渡航・滞在される場合には、渡航先国の在外公館または観光局等で最新情報を確認してください。

犯罪発生状況、防犯対策

1.犯罪発生状況
 国際機関の調査によれば,バハマは,カリブ諸国の中で暴力犯罪の発生が最も顕著な国の一つに挙げられており,治安情勢は厳しい状況にあります。
また,ギャング組織の暗躍も指摘されており,薬物や銃器が不法に出回っていると言われています。また,これらの利権を巡る抗争事案から銃撃戦や殺人事件等に発展するケースも少なくなく,治安の悪化が懸念されています。

2.日本人の被害例
 ナッソー市内を観光中,背後からつけてきた2人の男に所持していたバッグを強奪されたり,バスや車を降りた直後に背後から襲われて,現金やパスポートの入ったハンドバッグをひったくられた例があります。

3.犯罪多発地域
 首都ナッソーが位置するニュープロビデンス島や観光客の多いグランドバハマ島でスリやひったくり,置き引きなどが発生しています。

4.防犯対策
 以下に注意し,常に警戒心を持って行動してください。
* 夜間の一人歩きは極力避け,複数で行動する。
* 多額の現金や貴重品などを持ち歩かないよう心掛け,現金は何か所かに分けて所持する。
* 強盗等の被害に遭ったときは,身の安全を第一と考え,無理に抵抗しない。

5.テロ対策
 これまでに,バハマにおいて日本人・日本権益を直接標的としたテロ事件は確認されていませんが,近年,シリア,チュニジア及びバングラデシュにおいて日本人が殺害されたテロ事件や,英国,フランス,ドイツ,ベルギー,トルコ,インドネシア,フィリピン等,日本人の渡航者が多い国でもテロ事件が多数発生しています。このように,世界の様々な地域でイスラム過激派組織によるテロがみられるほか,これらの主張に影響を受けた者による一匹狼(ローンウルフ)型等のテロが発生しており,日本人・日本権益が標的となり,テロを含む様々な事件の被害に遭うおそれもあります。このような情勢を十分に認識して,誘拐,脅迫,テロ等に遭わないよう,また,巻き込まれることがないよう,海外安全情報及び報道等により最新の治安・テロ情勢等の関連情報の入手に努め,日頃から危機管理意識を持つとともに,状況に応じて適切で十分な安全対策を講じるよう心がけてください。

査証、出入国審査等

(手続きや規則に関する最新の情報については,駐日英国大使館(電話:03-5211-1100)に問い合わせてください。)
1.査証(ビザ)
 観光目的での3か月以内の滞在の場合,パスポートの残存期間が6か月以上あり,出国時の航空券(又は乗船証)と十分な滞在費用を所持していれば査証は不要です。滞在期間の延長を希望する場合は,移民局(Immigration Department)に申請する必要があります。
なお,就労等を目的として入国する場合は,事前に査証を取得する必要があります。駐日バハマ大使館はなく,駐日英国大使館が代行手続きを行っています。

2.出入国審査
 入国時には,バハマの出入国カードに必要事項を記載し,パスポート及び出国時の航空券を入国審査官に提示してください。    
出国時は,出国税が必要ですが,ほとんどの場合は航空券に含まれています。
 バハマから米国へ出国する際には,バハマ国内で米国の入国審査を受けることになります。この制度は米国へ出国する場合のみ利用可能で,米国以外の国へ渡航する場合には,通常通り目的地に到着後,入国審査を受けることになります。

3.所持金申告
 外貨及び現地通貨共に持込み制限はありません。
 外貨の持ち出し制限もありませんが,現地貨については,200バハマ・ドル以上を持ち出す場合は,中央銀行の許可が必要です。また,米国へ向け出国する場合は,バハマ出国時に米国の入国審査がありますので,米国の外貨申告要領に従って所持金等を申告してください。

4.通関
 タバコやアルコール類には持込み制限があります。
その他,植物,動物,果物,野菜,肉,麻薬,銃剣類の違法な持ち込みは禁止されています。

5.予防接種
黄熱に感染する危険のある国から来る,1歳以上の渡航者には黄熱予防接種証明書が要求されます。乗り継ぎのため,黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者にも黄熱予防接種証明書が要求されています。
※ガイアナ,スリナム,トリニーダード・トバゴからの渡航者には要求されていません。
黄熱予防接種証明書は生涯有効とみなされています。
ただし,バハマ自体は黄熱に感染する危険のある国ではないので,黄熱の予防接種は推奨されていません。
必要な予防接種等については,以下の厚生労働省検疫所ホームページを参考にしてください。
 ◎感染症情報( http://www.forth.go.jp/

滞在時の留意事項

1.入国の際に入国管理局から許可された期間は,バハマ政府への滞在届の提出は不要です。滞在の延長を希望する場合には,許可期間内に入国管理局に出頭し許可を受ける必要があります。

2.国内での移動制限は特にありません。

3.撮影制限は特にありませんが,本人の承諾なしで人物を撮影すると,トラブルのもととなりますので,十分に注意してください。

4.マリファナ,コカイン等の麻薬の使用,所持,売買,持ち込み,持ち出しは禁止されています。違反者は懲役刑,罰金刑などの対象になります。バハマ警察は,米国の薬物対策関係部局の協力を得て,違法薬物犯罪に厳しく対処しています。

5.就労には許可(ワーキング・ビザ)が必要であり,不法就労は罰金刑,懲役刑,強制送還の対象になります。

6.パスポートの常時携帯義務はありません。パスポートは自宅や宿泊施設内の安全な場所に保管し,念のためパスポートのコピーを携帯することをお勧めします。

7.不正両替,売買春,ポルノ,違法賭博行為は禁止されており,違反者は罰金刑,懲役刑などの対象となります。

8.車は日本と同様左側通行ですが,マナーは良いとは言えませんので,レンタカー等を利用する場合は運転に十分注意をしてください。

9.バハマは,国境を越えて不法に連れ去られた子の返還の仕組み等を定める「国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約(ハーグ条約)」の締約国です。一方の親の監護権を侵害する形で子どもを常居所地国であるハーグ条約締約国から他のハーグ条約締約国へ連れ去り又は留置した場合は,原則的に子が元の常居所地国に返還されることとなります。ハーグ条約についての詳細はこちらのページをご覧下さい。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/hague/index.html


10.現地に3か月以上滞在される方は,緊急時の連絡などに必要ですので,到着後遅滞なく在ジャマイカ日本国大使館(バハマを兼轄)に「在留届」を提出してください。また,住所その他届出事項に変更が生じたとき,又は日本への帰国や他国に転居する(一時的な旅行を除く)際には,必ずその旨を届け出てください。在留届の届出は,在留届電子届出システム(ORRネット,https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet )による登録をお勧めしますが,郵送,ファックスによっても行うことができますので,最寄りの在ジャマイカ日本国大使館まで送付してください。

11.在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)は,外務省海外旅行登録「たびレジ」への登録をお願いします(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/ )。「たびレジ」に渡航期間・滞在先・連絡先等を登録すると,滞在先の最新の安全情報がメールで届き,緊急時には在ジャマイカ日本国大使館からの連絡を受けることができます。安全情報の受け取り先として,家族・同僚等のメールアドレスも追加登録できますので,併せてご活用ください。

風俗、習慣、健康等

1.健康
(1)ジカウイルス感染症
 ジカウイルスをもったネッタイシマカやヒトスジシマカに刺されることで感染します。潜伏期間は2~12日であり,主に2~7日でおよそ2割の人が発症すると言われ,軽度の発熱,頭痛,関節痛,筋肉痛,斑丘疹,疲労感,倦怠感などを呈します。一般的にデング熱やチクングニア熱より軽症と言われています。
しかしながら,妊娠中のジカウイルス感染と胎児の小頭症との関連が示唆されており,妊娠中又は妊娠を予定している方は,流行国・地域への渡航・滞在を可能な限りお控えください。予防ワクチンや特異的な治療法はなく,蚊に刺されないように予防することが大切です。発熱が続く,または発疹が出るなど,ジカウイルス感染症を疑う症状が現れた場合には,医療機関への受診をお勧めします。
(参考)感染症広域情報(ジカウイルス感染症に関する注意喚起)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/pcinfectioninfolist.asp?pageno=1

(2)水道水は飲用に適していませんので,市販のミネラルウォーター等の利用をお勧めします。

2.タクシーについては,黄色のナンバープレートをつけたものが正規のタクシーです。なお,料金メーターがついていないものが殆どですので,乗車時にドライバーに行き先を告げた上で,料金を確認してから乗車してください。

3.万一の事故などに備え,十分な補償内容の海外旅行者保険への加入をお勧めします。

緊急時の連絡先

○警察:TEL:919
○消防:TEL:919
○救急:TEL:919
○在バハマ日本国名誉総領事: (242) 677-9026
○日本からの電話:1-242(国番号)+電話番号

問い合わせ先

○外務省領事サービスセンター
 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
 電話:(外務省代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関係課室連絡先)
○領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)(内線)2306
○領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)(内線)3047
○海外安全ホームページ
  http://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版)
  http://www.anzen.mofa.go.jp/sp/index.html (スマートフォン版)
  http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)

(現地大使館連絡先)
○在ジャマイカ日本国大使館(バハマを兼轄)
 住所:NCB Towers, North 6F, 2 Oxford Road,Kingston 5, Jamica
 電話:929-3338/9
   国外からは (国番号1) -876-929-3338/9
 FAX :968-1373
   国外からは (国番号1) -876-968-1373
  ホームページ: http://www.jamaica.emb-japan.go.jp/jp/

page TOP