中央アフリカ | Central Africa

情報種別:海外安全情報(危険情報)
本情報は2016年01月08日(日本時間)に失効しました。

中央アフリカに対する海外安全情報(危険情報)の発出

2014年02月10日

関係国地図

地図へ

●全土:「レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)」(継続)

☆詳細については、下記の内容をよくお読みください。

1.概況
(1)中央アフリカは1960年に旧宗主国フランスから独立した後も長年にわたりクーデターが繰り返されるとともに国軍兵士の反乱、騒じょう事案が頻発する等、不安定な政情が続き、2003年にボジゼ大統領がクーデターにより政権を取った後も反政府武装勢力の活動が継続していました。
(2)2012年12月、中央アフリカ政府に対する不満を募らせていた複数の反政府勢力の連合体であるセレカが武装蜂起しました。2013年3月、セレカが首都バンギを制圧し、ポジゼ大統領は国外に脱出し、同年4月、暫定制憲議会はセレカのジョトディア代表を大統領に選出した旨の声明を発出しました。しかし、その後も、首都バンギに駐留しているセレカが、市内において暴行・略奪を繰り返しました。これに反発した一部のキリスト教徒が自警団アンチ・バラカを結成し、セレカやその他のイスラム教徒に反撃を行い始め、市内では慢性的に戦闘が繰り返されるようになりました。同年12月初旬から年末にかけて、バンギ市内で特に大規模な戦闘が行われ、数百人の死者が出たと報じられています。これらの戦闘もあり、中央アフリカは混乱状態が続いています。
(3)2014年1月、ジョトディア暫定大統領は辞任し、新たにサンバ・パンザ暫定大統領が就任しましたが、国内各地では引き続き戦闘が繰り返され、多数の死者が発生していることから、治安状態は国内全域に渡り極めて劣悪な状態です。

2.地域情勢
(1)首都バンギ
 :「レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)」
 2012年12月に武装蜂起したセレカと呼ばれる反政府勢力は、2013年3月に首都バンギを制圧し、ジョトディア代表が暫定大統領に就任する旨の声明を発表しました。しかし、その後もセレカの暴行・略奪は繰り返されたことから、これに反発した一部のキリスト教徒による自警団アンチ・バラカがセレカやその他のイスラム教徒に対して反撃を行い、バンギ市内では大規模な戦闘が繰り返されました。同年12月初旬から年末にかけて、特に大規模な戦闘が行われ、数百名の死者が出たと報じられています。
 2014年1月、ジョトディア暫定大統領は辞任し、新たにサンバ・パンザ暫定大統領が就任しましたが、首都バンギ市内では引き続き戦闘が繰り返され、多数の死者が発生していることから、同市の治安状態は極めて劣悪な状態です。
 ついては、同市に既に滞在中の方は、直ちに退避してください。また、同市への渡航を予定している方は、どのような目的であれ止めてください。
(2)その他の地域
 :「レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)」
 2012年12月、反政府勢力であるセレカが2007年から2011年にかけて政府との間に結ばれた停戦合意の遵守を求めて北部の町を攻撃し、更に首都バンギに向けて侵攻しました。2013年3月に首都バンギが制圧されるまで、バミンギ・バンゴラン州のヌデレ、オート・コト州ウアダやブリア、ナナ・グリビジ州のカガ・バンドロ、ウハム州のバタンガフォ、ワカ州のバンバリ等が制圧されました。
 セレカに反発する一部のキリスト教徒による自警団アンチ・バラカが結成され、セレカその他のイスラム教徒との戦闘行為が繰り返されており、国内全土で混乱が見られます。
 ついては、同地域への渡航は、隣国カメルーン、チャド、スーダン、南スーダン、コンゴ民主共和国、コンゴ共和国からの入国を含めて、どのような目的であれ止めてください。また、現在同地域にいる方は直ちに退避してください。

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902、2903

(外務省関係課室連絡先)
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)2306
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)3680
○外務省海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp/
             http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

(現地大使館連絡先)
○在カメルーン日本国大使館(中央アフリカを兼轄)
 住所:1513, Rue1828, Bastos-Ekoudou, Yaounde, Cameroun
 電話:(国番号237)2220-6202、2220-6585
 FAX:(国番号237) 2220-6203
 ホームページ:http://www.cmr.emb-japan.go.jp/jp/index-jp.html