1. ホーム
  2. 広域情報詳細
広域情報
本情報は(日本時間)現在有効です。

シンガポール海峡における襲撃事案に関する注意喚起

2022年10月18日
(ポイント)
●シンガポール海峡では、武装集団による海上での襲撃事案が多発しています。
●シンガポール海峡及び同海峡周辺海域を航行する船舶の運航事業者及び当該船舶に乗船を予定されている方は、同海域においてこのような襲撃事案による被害に遭遇する危険性を十分認識し、最新情報の入手に努めるほか、情勢によってはこれらの海域を航行する船舶への乗船を控えてください。

1 インドネシア、シンガポール及びマレーシアの領海に接するシンガポール海峡では、刃物や銃器で武装した集団が商船等に乗り込み、船員を脅迫や拘束したり、船の備品を窃盗したりするといった事案が近年多発しています。国際商工会議所(ICC)国際海事局(IMB)の報告書によれば、2021年にシンガポール海峡で発生した乗り込み事案(未遂含む)は35件で、前年より約50%増加して、1992年以降最多となったとのことです。2022年7月には、武装した不審者2名が航行中の日本関係船舶に侵入し、部品を窃盗する事件も発生しています。
 今後も同海峡において同種の事案が継続的に発生する可能性は高いとみられています。また、同報告書によれば、過去3年は第4四半期に発生件数が増加する傾向にあるとされています。

【参考】最近のシンガポール海峡での襲撃事案の発生件数(出典:2021年IMB年間報告書)
2017年:4件 2018年:3件 2019年:12件 2020年:23件 2021年:35件

2 ついては、シンガポール海峡及び同海峡周辺海域を航行する船舶の運航事業者及び当該船舶に乗船を予定されている方は、引き続き十分な警戒が必要です。同海域において海賊等事案による被害に遭遇する危険性を十分認識し、事前に関連する報道や下記ホームページ等を通じて、最新情報の入手に努めてください。
 また、乗船予定の船舶の安全対策を確認するほか、情勢によっては、船舶の運航事業者や旅行事業者と相談の上、同海域を航行する船舶への乗船を控えてください。

(関連ホームページ)
○アジア海賊対策地域協力協定(ReCAAP)ホームページ
http://www.recaap.org/
○外務省ホームページ(海賊問題)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/pirate/index.html
○外務省海外安全ホームページ
http://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版・スマートフォン版)
http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.asp (携帯版)
○パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
https://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph_10.html
○パンフレット「海外における脅迫・誘拐対策Q&A」
https://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph_04.html
○国土交通省海事局(海賊対策)
http://www.mlit.go.jp/maritime/maritime_tk2_000004.html
○海上保安庁(海賊対策)
http://www.kaiho.mlit.go.jp/mission/chian/anti-piracy.html


(問合せ先)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902、2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2851
page TOP