1. ホーム
  2. スポット情報詳細
スポット情報
本情報は(日本時間)現在有効です。

ギニア:国軍の一部兵士による大統領の拘束

2021年09月06日
【ポイント】
●9月5日(現地時間、以下同様)、コナクリ市カルム地区において、激しい銃撃が発生し、コンデ大統領はギニア国軍の一部兵士により拘束されたと報じられており、今後も不安定で混乱が続く可能性が排除できません。
●ギニアに渡航・滞在を予定している方は、当面の間、不要不急の渡航は止めてください。既にギニアに滞在中の方は、外出を控え、自宅での安全確保に努めてください。

【本文】
1 9月5日(現地時間、以下同様)、コナクリ市カルム地区において、激しい銃撃が発生しました。ギニア国軍の一部兵士は、コンデ大統領を拘束し、同国憲法・国家機関・政府の解体と、陸と空の国境閉鎖を宣言しました。現時点では、同国の政情の見通しは不透明であり、今後も不安定で混乱が続く可能性が排除できません。

2 つきましては、当面の間、ギニアへの不要不急の渡航は止めてください。既にギニアに滞在中の方は、在ギニア日本国大使館との連絡を密に行い、ギニアに関する海外安全情報や報道等により状況の推移に十分注意すると共に不測の事態に備え、不要不急の外出は止めてください。また、やむを得ず外出する場合、次の点に留意しつつ、不測の事態に巻き込まれることがないよう、慎重な行動を心がけて安全を確保するよう努めてください。
(1) 集会、行進等が行われている場合、その場所には決して近づかない。
(2) 政治的と捉えられるような言動や行動は避ける。
(3) 万一、被害に遭った場合や周囲に異常を発見した場合には、速やかに在ギニア日本国大使館へ連絡する。

3 既にギニアに滞在中の方で、「たびレジ」または「在留届」の登録をされていない方は、速やかに在ギニア日本国大使館に登録を行ってください。(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet

4 ギニアには別途「危険情報」(https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_099.html#ad-image-0 )を発出していますので、併せて留意してください。


(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞ヶ関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902、2903

(外務省関連課室連絡先)
○領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)9850
○領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047
○海外安全ホームページ:
  https://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版・スマートフォン版)
  http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)

(現地大使館連絡先)
○在ギニア日本国大使館
  住所:Ambassade du Japon en Guinee、Landreah Port、Corniche Nord、Commune de Dixinn、Conakry、Republique de Guinee
  郵便物宛先:B.P.895、Conakry、Republique de Guinee
  電話:(市外局番なし)628-68-38-38~41 夜間・休日:664-58-04-94
   国外からは(国番号224)628-68-38-38~41
  FAX:(衛星電話コード870)782-500-815(インマルサット)
  ホームページ:http://www.gn.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
 Email:ryouji@ck.mofa.go.jp
page TOP