1. ホーム
  2. スポット情報詳細
スポット情報
本情報は2019年10月24日(日本時間)に失効しました。

エクアドル:緊縮財政政策に反対する大規模な抗議活動に関する注意喚起(継続)

2019年10月11日
【ポイント】
● 報道等によれば,キト,グアヤキル等各地において,先住民系組織等による抗議活動が継続しています。抗議活動参加者が暴徒化し,道路封鎖,放火,略奪,治安部隊との衝突等の暴力行為により,多数の死傷者が発生していますので,当面の間,エクアドルへの不要不急の渡航は止めてください。既に滞在中の方は,治安情勢に関する最新情報を入手し,不要不急の外出を控え,不測の事態に巻き込まれないようにしてください。

(内容)
1 10月3日(現地時間。以下同様),ガソリン等燃料補助金の廃止等の政府の緊縮財政政策に反対し,全土で交通ストや暴力的なデモ等の抗議活動が行われました。一部の抗議活動参加者は暴徒化し,道路封鎖,放火,略奪,治安部隊との衝突等の暴力行為が発生し,同日,大統領は非常事態宣言を発令しました(10月8日,同宣言の期限が60日から30日に変更されました。)。

2 また,報道等によれば,10月7日,先住民組織等による抗議活動により大統領宮殿が包囲されたため,大統領が,グアヤキルへ拠点を移しました。現在まで先住民組織等と事態収束に向けた対話は実現していない模様で,キト,グアヤキル等各地で抗議活動が継続しており,多数の死傷者が発生する等,情勢は不安定です。

3 つきましては,当面の間,エクアドルへの不要不急の渡航は止めてください。既にエクアドルに滞在中の方は,不要不急の外出を控えてください。また,やむを得ず外出する場合,不測の事態に巻き込まれないよう,決してデモや集会等に近づかないように細心の注意を払い,万が一,デモ隊や群衆に遭遇した場合には,直ちにその場から離れ,安全な場所へ避難してください。また,混乱に乗じた強盗や混乱を煽るようなフェイクニュース等も散見されていますので,併せて注意してください。

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省内関係課室連絡先)
○領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)(内線)2306
○領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)(内線)3047
○海外安全ホームページ
  https://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版・スマートフォン版)
  http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)

(現地大使館連絡先)
○在エクアドル日本国大使館
住所:Avenida Amazonas N39-123 y Calle Arizaga,Edf. Amazonas Plaza, Piso 11, Quito, Ecuador
電話:(市外局番02)227-8700
  国外からは(国番号593)-2-227-8700
FAX:(市外局番02)244-9399
  国外からは(国番号593)-2-244-9399
ホームページ:https://www.ec.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
page TOP