1. ホーム
  2. スポット情報詳細
スポット情報
本情報は(日本時間)現在有効です。

イラク:治安情勢に関する注意喚起

2019年05月21日
【ポイント】
●5月9日,バグダッド市内のサドルシティー地区において,ISIL(イラク・レバントのイスラム国)による犯行と考えられる自爆テロが発生しました。
●5月15日,米国国務省は,在イラク米国大使館及び在エルビル米国総領事館の不急の業務に従事する職員に対し,イラクから出国するよう指示したことを明らかにしました。
●5月19日午後8時30分頃(現地時間),バグダッド中心部のインターナショナル・ゾーン(いわゆるグリーン・ゾーン)内にロケット弾が着弾しました。
●報道等により最新の治安情報の収集に努め,安全確保に十分注意するとともに,不測の事態に備え,いつでも出国できるよう旅券及び査証又は滞在許可証の所在並びに有効期間などをご確認ください。

1 5月9日,バグダッド市内のサドルシティー地区において,ISIL(イラク・レバントのイスラム国)による犯行と考えられる自爆テロにより,多数の死傷者が発生しております。

2 5月15日,米国国務省は,在イラク米国大使館及び在エルビル米国総領事館の不急の業務に従事する職員に対し,イラクから出国するよう指示したことを明らかにするとともに,イラクに在留する米国人に対して可能な限り速やかに商用機でイラクから出国するよう警告しました。

3 5月19日午後8 時30分頃(現地時間),バグダッド中心部のインターナショナル・ゾーン(いわゆるグリーン・ゾーン:政府機関や外国公館の多くが所在)内にある米国大使館付近にロケット弾が着弾しました。なお,この着弾による人的被害はありません。最近の中東情勢を踏まえ,このような事案が発生したことについて特に注意を払う必要があります。

4 イラクには,これまでも「レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)」又は「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」を発出しており,どのような目的であれ同地域への渡航は止めてください。やむを得ない事情で現在滞在中の方は,在イラク大使館ホームページや,外務省海外安全ホームページ,現地報道等,複数の情報源から最新の治安情報の収集に努め,安全確保に十分注意してください。また,情勢に応じていつでも出国できるよう,以下のポイントに留意して不測の事態に備えてください。
●旅券及び査証又は滞在許可証の所在並びに有効期間の確認
●現金(現地通貨及び外貨)の準備
●航空券の手配(オープンチケットの購入等)や仮予約

参考:イラク「海外安全情報」
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_045.html#ad-image-0

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省内関係課室連絡先)
○領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)(内線)5139
○領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)(内線)3047
○海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版・スマートフォン版)
http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (携帯版)

(在外公館連絡先)
○在イラク日本国大使館
住所:International Zone,Baghdad, Iraq
電話:(870-772)-582-564(衛星電話)
FAX:(870-782)-502-564
緊急連絡先:+964-(0)77-0494-2018
ホームページ:https://www.iraq.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
E-mail:embjp.ryoji.iraq@bd.mofa.go.jp

○在エルビル領事事務所
住所:Erbil Rotana Hotel,8F, Gulan Street, Erbil, Kurdistan, Iraq
電話:964-(0)66-210-5555(ext.827,821,825,829)
FAX:964-(0)66-210-5556
緊急連絡先:+964-(0)750-080-4116,+964-(0)751-740-6711~2
ホームページ:http://www.iraq.emb-japan.go.jp/itpr_ja/erbil.html
E-mail:conjp.erbil@bd.mofa.go.jp
page TOP