1. ホーム
  2. スポット情報詳細
スポット情報
本情報は(日本時間)現在有効です。

ウガンダ:クイーンエリザベス国立公園における誘拐事件発生に伴う注意喚起

2019年04月05日
【ポイント】
●4月2日(火)夕方,コンゴ民主共和国との国境付近のクイーンエリザベス国立公園において,外国人の誘拐事件が発生しました。
●治安情勢に関して最新情報の入手に努めるとともに,クイーンエリザベス国立公園には極力近づかないようにするなど,安全確保に十分注意を払ってください。

(内容)
1 ウガンダ政府の発表によると,4月2日(火)の17時から19時の間に,クイーンエリザベス国立公園のカトケ・ゲート(Katoke Gate)の近くで,武装した4人組の犯行グループが米国人観光客1人(女性)とウガンダ人のツアーガイド1人(運転手)を誘拐しました。その後,犯人が被害者の電話を使って50万ドルの身代金を要求したことから,誘拐の主な目的は身代金目的であると考えられています。4日現在,犯人は未だ捕まっておらず,事件は解決しておりません。

2 4月3日(水),在ウガンダ米国大使館は,当該事件の発生場所を訪れる際には警戒を怠らないことを求める声明を発出しました。

3 つきましては,上記の状況を考慮し,ウガンダに渡航・滞在される方は従来以上に安全に留意し,以下の対応に努めてください。
(1)海外安全ホームページや報道等により最新の治安情報の入手に努める。
(2)クイーンエリザベス国立公園をはじめ,最近事件が発生している場所には極力近づかないようにする。
(3)屋外では出来るだけ大人数で行動するとともに,周囲に注意を払い,決して油断しない(狙われやすい対象とならない)。
(4)深夜・早朝など暗い時間の外出を控える。
(5)万一強盗等に襲われた場合は決して抵抗せず,人命を最優先する。

参考:ウガンダ「海外安全情報」:
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_093.html

4 海外渡航の際には,万一に備え,家族,友人,職場等に,日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。
 3か月以上滞在される方は,在ウガンダ日本国大使館が緊急時の連絡先を確認できるよう,必ず在留届を提出してください。
 3か月未満の旅行や出張などの際には,渡航先の最新の安全情報や,緊急時に在モザンビーク日本国大使館の連絡を受け取ることができるよう,外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html)

5 なお,テロ・誘拐対策に関しては,以下も併せて御参照ください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(パンフレットは,https://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph_03.htmlに掲載。)
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph_10.htmlに掲載。)
(3)ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル
(マニュアルは,http://www.anzen.mofa.go.jp/anzen_info/golgo13xgaimusho.htmlに掲載)

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
 電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
 電話:(代表)03-3580-3311(内線3047)
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
 電話:(代表)03-3580-3311(内線2851)
○外務省海外安全ホームページ
 http://www.anzen.mofa.go.jp/(PC版・スマートフォン版)
 http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp(携帯版)

(在外公館連絡先)
○在ウガンダ日本国大使館
 住所:Plot No.8, Kyadondo Road, Nakasero, Kampala, Uganda
    (P.O.Box 23553 Kampala, Uganda)
 電話:(国番号256)0312-261-564~6
 FAX:(国番号256)0312-261-567
 領事部メールアドレス:ryoji@kp.mofa.go.jp
 ホームページ: http://www.ug.emb-japan.go.jp/index_j.htm
page TOP