1. ホーム
  2. スポット情報詳細
スポット情報
本情報は(日本時間)現在有効です。

モザンビーク:北部カーボ・デルガード州における車両襲撃事件発生に伴う注意喚起

2019年02月28日
【ポイント】
●2月21日以降,カーボ・デルガード州で身元不明の武装集団による車両襲撃事件が立て続けに3件発生しました。外国企業関係者の被害も出ています。
●治安情勢に関して最新情報の入手に努めるとともに,カーボ・デルガード州には極力近づかないようにするなど,安全確保に十分注意を払ってください。

1 2月21日以降,カーボ・デルガード州で身元不明の武装集団による襲撃事件が立て続けに3件発生しました。2017年10月以降,同州で度々発生してきた襲撃事件の主なターゲットは地方の集落でしたが,上記3件は全て通行中の車両が狙われたもので,外国企業関係者の被害も出ています。今後も同様の襲撃事件がモザンビーク北部で発生する可能性があります。なお,武装集団の実態はいまだ明らかではありませんが,イスラム過激派であると指摘する報道もあります。

2 以上の状況を考慮し,モザンビークでは,従来以上に安全に留意し,以下の対応に努めてください。
(1)最新情報の入手に努める。
(2)カーボ・デルガード州には極力近づかないようにする。
(3)外出の際には周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意する。

3 カーボ・デルガード州における最近の主な事件
●2月21日,カーボ・デルガード州モシンボア・ダ・プライア市とパルマ郡を結ぶ幹線道路において,武装集団による走行中の車両に対する襲撃事件が2件発生し,1人が死亡,6人が負傷。
●2月23日,同州マコミア郡において,武装集団による走行中の車両に対する襲撃事件が発生し,6人が死亡,多数が負傷。

参考:モザンビーク「海外安全情報」:
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_123.html

4 海外渡航の際には,万一に備え,家族,友人,職場等に,日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。
 3か月以上滞在される方は,在モザンビーク日本国大使館が緊急時の連絡先を確認できるよう,必ず在留届を提出してください。
 3か月未満の旅行や出張などの際には,渡航先の最新の安全情報や,緊急時に在モザンビーク日本国大使館の連絡を受け取ることができるよう,外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html)

5 なお,テロ・誘拐対策に関しては,以下も併せて御参照ください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(パンフレットは,https://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph_03.html に掲載。)
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph_10.html に掲載。)
(3)ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル
(マニュアルは,http://www.anzen.mofa.go.jp/anzen_info/golgo13xgaimusho.html に掲載)

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
 電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
 電話:(代表)03-3580-3311(内線3047)
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
 電話:(代表)03-3580-3311(内線2851)
○外務省海外安全ホームページ
 http://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版・スマートフォン版)
 http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

(在外公館連絡先)
○在モザンビーク日本国大使館
 住所:Av.Julius Nyerere, 2832, C.P.2494, Maputo, Mozambique
 電話: 21-499819~20
    国外からは(国番号258)21-499819~20
 FAX:21-498957
     国外からは(国番号258)21-498957
 ホームページ:https://www.mz.emb-japan.go.jp
page TOP