1. ホーム
  2. スポット情報詳細
スポット情報
本情報は(日本時間)現在有効です。

ナイジェリアにおけるラッサ熱の流行

2019年02月18日
【ポイント】
●ナイジェリア疾病管理センター(NCDC)は,1月22日,同国におけるラッサ熱の流行に対して緊急事態を宣言しました。
●世界保健機関は,2月14日,2019年1月1日から2月10日にかけて,327例(死亡72名)の感染症例が報告されたことを発表しました。

1 ナイジェリアにおけるラッサ熱の流行
(1)ナイジェリア疾病管理センター(NCDC)は,1月22日,同国におけるラッサ熱の流行に対して緊急事態を宣言しました。
(2)世界保健機関(WHO)は,2月14日,2019年1月1日から2月10日にかけて,327例(うち確定例324例,可能性が高い例3例,死亡72例)の感染症例が報告されたことを発表しました。多くの症例は,エド州(108例)及びオンド州(103例)から報告されているとのことです。
(2)つきましては,同国への渡航・滞在を予定している方及び既に滞在中の方は,在ナイジェリア日本国大使館のホームページなどから最新情報を入手し,以下2を参考に,ラッサ熱の感染予防に努めてください。

2 ラッサ熱について
(1)感染源
 ラッサ熱は,ラッサウイルスの感染により引き起こされるウイルス性出血熱の1つであり,ナイジェリアを始めとして西アフリカ一帯に見られます。マストミスというネズミの尿や糞に汚染された食物に接触したり,ホコリを吸い込むことでヒトに感染します。また,感染者の血液や体液への直接接触や性行為を介することでヒトからヒトへ感染します。医療衛生環境が十分でない所では,汚染注射器の使い回しなどにより院内感染も多く発生しています。
(2)症状
 感染者の約80%が軽症の,約20%が重症のラッサ熱を発症すると推定されています。全体の死亡率は約1%,入院が必要な症例での死亡率は約15~20%とされています。潜伏期間は,5日から21日で,多くは発熱や倦怠感で発症し,筋肉痛,腹痛,嘔吐,下痢などの症状が現れます。また,重症化すると全身の出血をきたし,死に至ることがあります。
(3)治療方法
 現在,ラッサ熱に対して有効なワクチンはなく,対症療法が行われます。C型肝炎の治療薬として用いられる抗ウイルス薬のリバビリンを,発症後早期に投与することで効果があるとされています。
(4)予防方法
 ラッサ熱の予防のためには,食料の保管方法やゴミの廃棄場所に気をつけて,ネズミを家に寄せ付けないようにすることが重要です。また,ラッサ熱の流行が見られる地域において,医療機関を受診する際には,ラッサ熱のような症状がある方との接触を極力避けるよう心がけてください。
(参考)
○厚生労働省検疫所ホームページ:ラッサ熱
 https://www.forth.go.jp/useful/infectious/name/name51.html 
   
3 在留届及び「たびレジ」への登録のお願い
 海外渡航前には,万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方は,緊急事態に備え,必ず在留届を提出してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html
 また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html 参照)

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902、2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局政策課(海外医療情報)
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5367
○海外安全ホームページ
  https://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版・スマートフォン版)
  https://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)

(現地在外公館連絡先)
○在ナイジェリア日本国大使館
  住所:No.9, Bobo Street, Maitama, Abuja
  電話:(市外局番090)-6000-9019/9099
   国外からは(国番号234)90-6000-9019/9099
  大使館ホームページ:https://www.ng.emb-japan.go.jp/j/ 
page TOP