1. ホーム
  2. スポット情報詳細
スポット情報
本情報は2019年02月19日(日本時間)に失効しました。

ナイジェリア:大統領選挙実施に伴う注意喚起(新規)

2019年02月01日
【ポイント】
●2月16日(土)に大統領選挙が実施される予定です。
●選挙期間前後は,首都アブジャを含む全土において,情勢が急速に悪化するおそれがありますので,最新の情報を入手し,安全確保に努めてください。
●大統領選挙当日は,投票以外の行動に制限が課せられることも想定されますので,外出を控えるようにしてください。

【内容】
1 ナイジェリアでは,2月16日(土)に大統領選挙が実施される予定です。また,同日には上下院議員選挙,3月2日(土)には州知事・議会選挙が順次実施される予定です。

2 前回(2015年)の大統領選挙は比較的平和裏に実施されましたが,前々回(2011年)の同選挙では,暴動により800名以上が殺害され,北部の12州で一部が暴徒化するなど,情勢が悪化しました。今次選挙においては,現時点で,既に選挙集会場の襲撃事案,政党間同士の抗争などで死傷者も発生しており,今後もさらに情勢が悪化するおそれがあります。
 なお,北東部においては昨年来,ボコ・ハラムによる軍等に対する攻撃が激化し,1月には選挙を粉砕すべく攻撃を行う旨をビデオメッセージで表明しており,選挙戦に乗じたテロ等が発生するおそれも排除できません。また,ミドルベルトを中心とする遊牧民と農民との抗争が最近激化しています。

3 つきましては,選挙期間前後は,首都アブジャを含む全土において,急速に情勢が悪化するおそれがありますので,最新の治安情報を入手し,以下の安全対策を講じてください。
(1)選挙キャンペーンが行われている場所,選挙関連施設(投票所及び開票所)には近づかない。
(2)テロや襲撃の標的となり得るマーケット,ホテル,モール等,外国人が多数集まる場所,宗教関係施設,政府関連施設(特に軍,警察,治安関係施設等)にも極力近づかない。
(3)万一,デモ等に遭遇した場合には,速やかにその場から離れる。
(4)大統領選挙当日は,軍や警察によるチェックポイントが増え,また,一部の道路が通行止めになる等,投票以外の行動に制限が課せられることも想定されるため,外出を控える。
(5)万一,被害に遭った場合や周囲に異常を発見した場合には,速やかに在ナイジェリア日本国大使館へ連絡する。

4 ナイジェリアについては,別途危険情報(https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2018T118.html#ad-image-0)を発出しています。ナイジェリア全土において,危険レベル2以上ですので,不要不急の渡航は控えるようにしてください。

5 海外渡航の際には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。
 3か月以上滞在する方は,在ナイジェリア日本国大使館が緊急時の連絡先を確認できるよう,必ず在留届を提出してください(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet)。
 3か月未満の旅行や出張などの際には,渡航先の最新安全情報や,緊急時の在ナイジェリア日本国大使館からの連絡を受け取ることができるよう,「たびレジ」に登録してください(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/)。

(問い合わせ窓口)
○外務省 領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903
(外務省関連課室連絡先)
○領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
  電話:(代表)03-3580-3311(内線5140)
○領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
  電話:(代表)03-3580-3311(内線3047)
○海外安全ホームページ
  https://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版・スマートフォン版)
  http://anzen.mofa.go.jp/mbtop.html (モバイル版)

(現地大使館連絡先)
○在ナイジェリア日本国大使館
  住所:No.9, Bobo Street, Maitama, Abuja
  電話:(市外局番090)-6000-9019/9099
   国外からは(国番号234)90-6000-9019/9099
  大使館ホームページ:http://www.ng.emb-japan.go.jp/j/
page TOP