1. ホーム
  2. スポット情報詳細
スポット情報
本情報は(日本時間)現在有効です。

ハイチ:ヴェルティエール戦記念日(11月18日)に合わせた反政府デモに関する注意喚起(新規)

2018年11月16日
【ポイント】政府関係者等によるペトロカリベ基金の流用疑惑等をめぐり,11月18日(日)のヴェルティエール戦記念日を中心に大規模なデモが実施される予定です。これにより,デモ参加者等が暴徒化し,略奪行為,ホテル等への投石,治安部隊との衝突などの暴力行為が発生するおそれがありますので,ハイチへの不要不急の渡航は止めてください。

(内容)
1 ハイチでは,7月に公表された燃料費等の値上げをめぐり,首都圏等において一時大規模な抗議行動(広範囲に渡る道路封鎖や略奪行為)が発生し,また10月17日にはデサリーン記念日に合わせて大規模な反政府デモが発生しました。現状はおおむね平常に戻りましたが,野党等によるデモ等の呼びかけは常態化しており,最近では,政府によるペトロカリベ基金の流用疑惑に関して追及と抗議の運動「ペトロカリベ・チャレンジ」に関連した集会やデモも併せて実施されています。
特に11月18日(日)のヴェルティエール戦記念日(ハイチ独立戦争最後の大規模な戦いを記念した祝日)に合わせて,前日の17日,当日の18日及び直後の19,20日に大規模な抗議行動の呼びかけが複数の団体等により行われており,場合によっては,デモ参加者等が暴徒化し,略奪行為,ホテルへの投石,治安部隊との衝突などの暴力行為が発生するおそれがあります。なお,暴徒化,道路封鎖等の際には,銃を携行した者が混じる場合もあり,極めて危険な状況となります。

2 本件抗議行動は首都圏のみならず,ヴェルティエール戦記念日の公式行事(大統領出席)が開催されるカッパイシャン(Cap Haitian)市においてもデモ等が呼びかけられており,そのほかの都市においても発生する可能性が高いものとみられます。抗議行動が大規模化,広域化した場合には,一時的に航空便が欠航したり,国内の移動も困難となる事態も考えられます。そのような状況下では,ハイチ国家警察の対応や在ハイチ日本国大使館による支援も限定されることが想定されます。

3 つきましては,ハイチへの不要不急の渡航は止めていただき,やむを得ず渡航・滞在する方及び既に滞在中の方は,治安情勢に関する最新情報を入手し,不測の事態に巻き込まれないようにしてください。移動にあたっては決してデモや集会に近づかないように細心の注意を払い,万一デモ隊や群衆に遭遇した場合には,直ちにその場から離れ,安全な場所へ避難してください。

4 ハイチには,別途,危険情報(レベル2:不要不急の渡航は止めてください。)
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_255.html#ad-image-0 )が発出されていますので,併せて注意してください。

5 海外渡航の際には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。
 3か月以上滞在される方は,在ハイチ日本国大使館が緊急時の連絡先を確認できるよう,必ず「在留届」を提出してください。
 3か月未満の旅行や出張などの際には,渡航先の最新の安全情報や,緊急時に在ハイチ日本国大使館の連絡を受け取ることができるよう,外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省内関係課室連絡先)
○領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)(内線)2306
○領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)(内線)3047
○海外安全ホームページ
  https://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版・スマートフォン版)
  http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)

(現地在外公館館連絡先)
○在ハイチ日本国大使館
住所:Hexagone 2eme etage Angle Rues Clerveaux et Darguin Petion-Ville, Quest, HAITI
  電話:2256-5885/3333  国外からは(国番号509)-2256-5885/3333
FAX:2256-9444  国外からは(国番号509)-2256-9444
ホームページ:http://www.ht.emb-japan.go.jp
page TOP