1. ホーム
  2. スポット情報詳細
スポット情報
本情報は(日本時間)現在有効です。

モルディブ:大統領就任式開催に伴う注意喚起(新規)

2018年11月07日
【ポイント】
●11月17日,首都マレ市で大統領就任式が行われる予定です。就任式の前後には政治的な緊張が高まることが予想され,注意が必要です。
●マレ市(特にマレ島)を中心に,不測の事態が発生する可能性もありますので,最新の情報入手に努め,交通規制や警備体制の強化等に注意してください。

(内容)
1 11月17日(土)夕刻から深夜まで,首都マレ市で大統領就任式及び関連行事が行われる予定です。

2 モルディブでは本年2~3月に,与野党間の対立に伴う治安悪化が懸念されたことによる非常事態宣言の発出,9月の大統領選挙とその後の選挙結果取り消し訴訟,野党党首などの政治犯に対する再審など,政治的な動きが活発となっており,注意が必要です。なお,これらの政治的な動きは首都マレ市(特にマレ島)を中心に起きており,これまでのところ,他の地域・島嶼では影響が少ないといえます。

3 つきましては,大統領就任式が開かれる首都マレ市で,支持者等が集結する中で不測の事態が発生する可能性が高まるおそれがあります。この期間に,首都マレ市に滞在される方は,最新の治安情報を入手し,不測の事態に巻き込まれないよう,以下の点に留意しつつ安全対策を講じてください。万一,被害に遭った場合や周囲に異常を発見した場合には,速やかに在モルディブ日本国大使館へ連絡してください。
(1)最新の治安関連の情報収集を行う。
(2)同日夕刻から深夜まで,首都マレ市のナショナル・スタジアムや共和国広場,政府関係施設など,式典が開かれる予定の場所等には,近寄らない。
(3)政党支持者(黄色またはピンク色の旗・幟・Tシャツを身につけている)には気をつける。

【テロ・誘拐対策に関しては,以下も併せてご参照ください。】
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは, https://www.anzen.mofa.go.jp/life/ に掲載。)

4 モルディブについては,現在,危険情報や感染症危険情報は出ておりませんが,最新のスポット情報や安全対策基礎データ等を参照の上,安全対策に心がけてください。

5 海外渡航の際には,万一に備え,家族,友人,職場等に,日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。
3か月以上滞在される方は,在モルディブ日本国大使館が緊急時の連絡先を確認できるよう,必ず「在留届」を提出してください。
3か月未満の旅行や出張などの際には,渡航先の最新の安全情報や,緊急時に在モルディブ日本国大使館の連絡を受け取ることができるよう,外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html

(問い合わせ窓口)
○外務省 領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903
(外務省関連課室連絡先)
○領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)(内線)5139
○領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)(内線)3047
○海外安全ホームページ
  https://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版・スマートフォン版)
  http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (モバイル版)

(現地大使館連絡先)
○在モルディブ日本国大使館
住所:8th Floor, Aagé Building, 12 Boduthakurufaanu Magu, Henveiru, Malé, 20094, Republic of Maldives
電話(市外局番なし)330-0087
国外からは(国番号:960)330-0087
FAX:(市外局番なし)330-0065
国外からは(国番号:965)330-0065
緊急携帯電話(夜間、休館日):(市外局番なし)778-8492
国外からは(国番号:960)778-8492
ホームページ:http://www.mv.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
page TOP