1. ホーム
  2. スポット情報詳細
スポット情報
本情報は(日本時間)現在有効です。

ジャマイカ:非常事態宣言発令に伴う注意喚起(新規)

2018年09月25日
【ポイント】
●9月23日,最近の一般犯罪の急増に伴う治安悪化を受け,首都キングストンのセント・アンドリュー中部地区,同南部地区及びキングストン西部地区に,新たに非常時事態宣言が発令されました。
●また,セント・ジェームズ県及びセント・キャサリン県ノース地区に発令中の非常事態宣言もそれぞれ再延長されました。これらの地域への渡航・滞在には十分注意してください。

(内容)
1 首都キングストンでは,一般犯罪の増加に伴う治安悪化が指摘されており,特にセント・アンドリュー中部地区及び南部地区及びキングストン西部地区の治安悪化が著しいことから,9月23日にこれらの地域に非常時事態宣言が発令されました。

2 また,1月18日に発令されたジャマイカ国内の北西に位置するセント・ジェームズ県(含むモンテゴ・ベイ地区),及び3月8日に発令された首都キングストンより北西に位置するセント・キャサリン県のノース地区(含むスパニッシュタウン)に対する非常事態宣言もそれぞれ再延長されています。

3 非常事態宣言の発令により,同地域内では軍及び警察の部隊による令状無しでの検問,捜索活動が実施されています。

4 つきましては,これらの地域内を移動の際には,以下の点に十分注意してください。
・最新の現地情報を入手するよう心がける。
・当局による検問,捜索活動が行われた場合には協力する。
・夜間の外出は控える。
・外出の必要がある場合には,身分証明証を必ず携行し,武器と間違われるようなものは携行せず,時間に余裕を持って行動する。また,目立たない服装,行動を心がけ,人混みを避ける等,周囲に注意する。 

5 ジャマイカには別途「危険情報」が発出されており,安全対策を含む滞在にあたっての注意が列挙されています。必ず以下の情報も参照するようにしてください。(http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo-_249.html#
 3か月以上滞在される方は,在ジャマイカ日本国大使館が緊急時の連絡先を確認できるよう,必ず「在留届」を提出してください。
 3か月未満の旅行や出張などの際には,渡航先の最新の安全情報や,緊急時に在ジャマイカ日本国大使館の連絡を受け取ることができるよう,外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html


(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省内関係課室連絡先)
○領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)(内線)2306
○領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)(内線)3047
○海外安全ホームページ
  https://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版・スマートフォン版)
  http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)

(現地大使館連絡先)
○在ジャマイカ日本国大使館
 住所:NCB Towers, North 6F,2 Oxford Road, Kingston 5, Jamaica
 電話:(市外局番0876) 929-3338/9
   国外からは(国番号1)-876-929-3338/9
 FAX:(市外局番0876)968-1373 
   国外からは(国番号1)-876-968-1373
 ホームページ:http://www.jamaica.emb-japan.go.jp/jp/
page TOP