情報種別:海外安全情報(スポット情報)
本情報は(日本時間)現在有効です。

イスラエル:米国大使館のエルサレム移転に関する注意喚起(新規)

2018年05月11日
【ポイント】
●昨年12月,米国がエルサレムをイスラエルの首都と承認し,在イスラエル米国大使館をエルサレムに移転する方針を表明したことを受け,各地で抗議活動やデモが発生し,特にガザ地区では多くの死傷者が発生しています。
●本年5月14日に在イスラエル米国大使館のエルサレム移転が予定されています。これを受けてさらにデモ等が発生する可能性があります。

1 昨年12月,米国がエルサレムをイスラエルの首都と承認し,在イスラエル米国大使館をエルサレムに移転する方針を表明したことを受け,ガザ地区境界付近やヨルダン川西岸等の各都市において,パレスチナ人による抗議活動や,パレスチナ人とイスラエル側官憲・軍との間での衝突が頻発しました。特にガザ地区では,3月30日の「土地の日」以降,デモに参加する現地住民等とイスラエル軍の衝突が発生しており,ガザ住民側に多くの死傷者がでています。

2 本年5月14日には,在イスラエル米国大使館のエルサレム移転が予定されています。これを受けてさらにデモ等が発生する可能性もあります。また,翌15日はパレスチナにおける「ナクバの日」(イスラエル建国に伴いパレスチナ人が居住地を追われた悲劇を嘆く日)となっており,デモ行進の実施がパレスチナ全土で呼びかけられています。

3 なお,特に毎週金曜日正午前後,各モスクにおいてイスラム教徒により行われる集団礼拝(金曜礼拝)の後に集会・デモ・衝突が発生する傾向がありますので十分ご注意ください。また,イスラエル及びパレスチナに所在する米国関連施設(大使館,総領事館等)や検問所周辺においても抗議デモ等が実施される可能性がありますので,同施設周辺への接近についても十分な注意が必要です。

4 注意事項
既に累次の注意喚起でもお知らせしているとおり,当地に渡航・滞在される方は,不測の事態に巻き込まれることのないよう,具体的に以下の対応に努めてください。
(1) 最新の関連情報を入手して下さい。
(2) 衝突や暴力事案が発生する可能性のあるエルサレム旧市街,東エルサレム,ヨルダン川西岸地区内各所に設置されているイスラエル軍検問所付近等にはできるだけ近寄らない等,十分注意を払って下さい。
(3) イスラエルにおいては,ガザ地区等からのロケット弾等の飛来の可能性があることを常に考慮し,ロケット弾等の飛来を知らせるサイレン等に接した場合には,直ちに近隣のシェルター又は堅牢な建物に避難できるよう日頃より心がけて下さい。
(4) 以下の場所に出入り又は接近,利用する際は,十分注意して行動してください。
教会・モスク等宗教関係施設,政府関連施設(特に軍,警察,治安関係施設),米国政府関連施設(大使館,総領事館等),公共交通機関,観光施設,観光地周辺の道路,記念日・祝祭日等のイベント会場,レストラン,ホテル,ショッピングモール,スーパー・マーケット,ナイトクラブ及び映画館等の不特定多数の人が集まる施設。
(5) 現地での行動にあたっては,不測の事態に巻き込まれる危険性に十分注意を払うとともに,海外安全情報(外務省海外安全ホームページ)の確認,当地報道及び在イスラエル日本国大使館ホームページ等から,最新の治安情報の入手に心がけて下さい。もし,移動中に集会等に遭遇した場合には,速やかにその場から離れて下さい。

5 なお,イスラエル及びパレスチナの一部には,「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」が発出されていますので,これらの地域への渡航は,どのような目的であれ止めてください。
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2016T166.html#ad-image-0

6 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方は,緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。
また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,「たびレジ」に登録してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省内関係課室連絡先)
 ○領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)(内線)2306
 ○領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)(内線)3047
 ○海外安全ホームページ
  https://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版)
  https://www.anzen.mofa.go.jp/sp/index.html (スマートフォン版)
  http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)

(現地大使館等連絡先)
○在イスラエル日本国大使館
 住所:Museum Tower 19th & 20th Floor, 4, Berkowits St, Tel-Aviv 6423806, ISRAEL
 電話:(市外局番03)695-7292
   国外からは(国番号972)3-695-7292
 FAX:(市外局番03)691-0516
   国外からは(国番号972)3-691-0516
 ホームページ:http://www.israel.emb-japan.go.jp/

○在ラマッラ出張駐在官事務所(在ラマッラ日本政府代表事務所)
 住所:Abraj House Building,8 floor,15TokyoStreet,Al-Masyoun,Ramallah
 電話:(市外局番02)241-3120,241-3121
   国外からは(国番号972)2-241-3120,2-241-3121
 FAX:(市外局番02)241-3123
   国外からは(国番号972)2-241-3123
 ホームページ:http://www.ps.emb-japan.go.jp/