情報種別:海外安全情報(スポット情報)
本情報は2017年07月03日(日本時間)に失効しました。

トルコ: 駐トルコ・ロシア大使殺害事件に伴う注意喚起

2016年12月20日
【ポイント】
●12月19日,トルコ首都アンカラ中心部の文化センターで駐トルコ・ロシア大使が銃撃を受け死亡,その他 3名が負傷する事件が発生しました。トルコ国内では,今回の事件をはじめ様々なテロが発生していることから,行動に注意し,テロに巻き込まれないようにする必要があります。
●具体的には以下の対応に努めてください。
(1)最新の関連情報を入手する。
(2)テロの標的となりやすい場所(特に軍,警察,治安関係施設。また,観光施設,レストラン,ホテル,ショッピングモール,スーパーマーケット等人が多く集まる施設,公共交通機関,政府関連施設,欧米・ロシア関連施設や欧米人が多く集まる場所等)にはできるだけ近づかないようにする。
(3)外出の際には周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意する。

☆詳細については,下記の内容をよくお読み下さい。

1 12月19日,トルコ首都アンカラ市中心部に所在するチャーダシュ文化センターで開催された写真展の開会セレモニーで,アンドレイ・カルロフ駐トルコ・ロシア大使が銃撃を受け死亡,その他 3名が負傷する事件が発生しました。犯人はその場で射殺され,20日現在,この事件への関与を認める過激派組織等からの声明などは確認されていません。
また,関連は不明ですが,ロシア大使殺害事件の数時間後,同市に所在する米大使館の前で空に向けて発砲した男が拘束される事件も発生しています。

2 トルコでは,都市部や東部・南東部でテロが発生しており,なかには外国人観光客が犠牲となる事件も複数発生しています。犯行主体もISIL(イラク・レバントのイスラム国)等のイスラム過激派組織,PKK(クルド労働者党)やその関連組織である「クルディスタン解放の鷹(TAK)」,左翼系反政府武装組織「革命人民解放党/戦線(DHKP-C)」,等様々です。今回の事件の背景は明らかではありませんが,今後もトルコ国内で様々な形態のテロが発生する危険は十分にあります。

3 つきましては,トルコに渡航・滞在される方は,テロ事件等不測の事態に巻き込まれることのないよう,以下の対応に努めてください。 
(1)最新の関連情報を入手する。
(2)テロの標的となりやすい場所(特に軍,警察,治安関係施設。また,観光施設,レストラン,ホテル,ショッピングモール,スーパーマーケット等人が多く集まる施設,公共交通機関,政府関連施設,欧米・ロシア関連施設や欧米人が多く集まる場所等)にはできるだけ近づかない。
(3)外出の際には周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意する。

トルコ「海外安全情報」:
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_052.html#ad-image-0

4 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方は,緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,「たびレジ」に登録してください。
(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/# 参照)

5 なお,テロ・誘拐対策に関しては,以下も併せて御参照ください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,https://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)

(参考スポット情報)
・「トルコ:イスタンブールにおけるテロ事件発生に伴う注意喚起」(2016年12月12日)
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2016C337.html

・「イスラム過激派組織「ISIL(イラクとレバントのイスラム国)」指導者の声明発出に伴う注意喚起」(2016年11月4日)
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2016C295.html

・トルコ: 在イスタンブール米国総領事館の館員家族出国命令に伴う注意喚起(2016年11月1日)
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2016C289.html

・トルコ:イスタンブール市アタテュルク国際空港における自爆テロに伴う注意喚起(更新)(2016年7月4日)
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2016C173.html

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
 電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
 電話:(代表)03-3580-3311 (内線)3047
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139
○外務省海外安全ホームページ: https://www.anzen.mofa.go.jp
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

(現地公館連絡先)
○在トルコ日本国大使館
 住所:Resit Galip Caddesi No. 81,06692,G.O.P., Ankara, Turkey
 電話:(国番号90)-312-446-0500
 ホームページ:http://www.tr.emb-japan.go.jp/index_j.htm 

○在イスタンブール日本国総領事館
 住所:Tekfen Tower 10th Floor, Buyukdere Caddesi No. 209, 4.Levent, 34394, Istanbul, Turkey
 電話:(国番号90)-212-317-4600
 ホームページ:http://www.istanbul.tr.emb-japan.go.jp/index_j.html