情報種別:海外安全情報(スポット情報)
本情報は2017年07月03日(日本時間)に失効しました。

トルコ: 在イスタンブール米国総領事館の館員家族出国命令に伴う注意喚起

2016年11月01日
【ポイント】
●10月29日,米国国務省は,米国市民への攻撃を示唆する情報に基づき,在イスタンブール米国総領事館の館員家族の出国を命じた旨発表しました。同発表を踏まえ,テロに対する注意を強化してください。特に,米国関連施設や欧米人等の外国人が集まる場所に近づかないようにしてください。

☆詳細については,下記の内容をよくお読み下さい。

1 10月29日,米国国務省は,在トルコ米国大使館・総領事館ホームページにおいて,在イスタンブール米国総領事館の館員家族の出国を命じることを決定した旨発表しました。米国国務省のこの決定は,「イスタンブールにおいて過激派グループが米国市民を攻撃する挑戦的な努力を継続していることを示唆する治安情報に基づいてなされた」とのことです。なお,在イスタンブール米国総領事館は,通常通り開館するとされています。
https://tr.usembassy.gov/travel-warning-october-29-2016/)

2 同発表は米国市民を対象としたものでありますが,これまでトルコにおいては,対象を欧米人に限らない無差別テロが発生していることを踏まえ,トルコ・イスタンブールへ渡航・滞在を予定している方または既に滞在中の方は,テロに対する注意を強化し,以下の事項に努めて下さい。
●テロ事件等不測の事態に巻き込まれることのないよう,最新の関連情報の入手に努める。
●上記情報を踏まえ,特に米国関連施設や欧米人等の外国人が集まる場所に近づかないようにする。
●政府,軍,警察関係施設にもできるだけ近づかない。
●外出の際には周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意する。

トルコ「海外安全情報」:
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo.asp?id=052#ad-image-0

3 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方は,緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,「たびレジ」に登録してください。
(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/# 参照)

4 なお,テロ・誘拐対策に関しては,以下も併せて御参照ください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,https://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
 電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
 電話:(代表)03-3580-3311 (内線)3679
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139
○外務省海外安全ホームページ: https://www.anzen.mofa.go.jp
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

(現地公館連絡先)
○在イスタンブール日本国総領事館
 住所:Tekfen Tower 10th Floor, Buyukdere Caddesi No. 209, 4.Levent, 34394, Istanbul, Turkey
 電話:(国番号90)-212-317-4600
 ホームページ:http://www.istanbul.tr.emb-japan.go.jp/index_j.html
○在トルコ日本国大使館
 住所:Resit Galip Caddesi No. 81,06692,G.O.P., Ankara, Turkey
 電話:(国番号90)-312-446-0500
 ホームページ:http://www.tr.emb-japan.go.jp/index_j.htm