1. ホーム
  2. 海外出張/ビジネス
  3. 官民合同テロ・誘拐対策実地訓練(国内・国外)

官民合同テロ・誘拐対策実地訓練(国内・国外)

官民合同テロ・誘拐対策実地訓練
(国内・海外)


◆官民合同テロ・誘拐対策実地訓練とは?

緊急事態発生時における官と民の連携強化を目的に,外務省職員と企業関係者が合同で危機管理会社が実施するフィールド型の実地訓練に参加するものです。訓練では,テロ,誘拐,無差別襲撃,強盗などを対象リスクとして,理論講習,実技訓練,ロールプレーを通じて,自ら身を守る知識や組織における危機管理体制の強化に活用できる知識・技能を習得します。

国外の主要都市で開催する3日間の訓練と,日本国内における1日間の訓練があります(いずれの訓練も,移動・参加にかかる費用は自己負担)。また,今年度から,2016年7月のダッカ襲撃テロ事件の教訓も踏まえ,安全対策に資金的・人的リソースを割くことのできない中堅・中小企業関係者を対象として,外務省が一部費用を負担した形で簡易版実地訓練(数時間)を東京で実施する予定です。


◆2018年度開催日程 
(国内実施分)募集は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

(国外実施分)締切を延長して受け付けています!

 参加応募はこちらから(タイ)PDFが開きます


◆2017年度開催実績(海外実施分)PDFが開きます


◆本件に関するお問い合わせ
外務省 領事局 邦人テロ対策室 総務班
〒100-8919 東京都千代田区霞が関2-2-1
TEL:03-3580-3311(内線 3047)
ryoutai@mofa.go.jp
外務省 領事局 邦人テロ対策室 総務班
〒100-8919 東京都千代田区霞が関2-2-1
TEL:03-3580-3311(内線 3047)
ryoutai@mofa.go.jp


page TOP