=-=-=-=-=-=-=-=

=-=-=-=-=-=-=-=
● 犯罪発生状況、防犯対策

1.犯罪発生状況
(1)ガイアナでは,強盗目的の殺人や建物への侵入犯罪,性的暴行の件数は依然として多く,治安が良いとは言えません。特に2016年から2017年10月までの間に日本人が強盗被害に遭う事件が7件(在留邦人4件,短期渡航者3件)発生していますが,在留邦人数が20数名程度であり,他国に比べて日本人渡航者も少ないことを考えれば,この被害件数は非常に多いと言えます。また,2016年1月には英国人が強盗目的で殺害されるなど,外国人が凶悪犯罪に巻き込まれるケースも発生していますので,これまで以上に注意が必要です。

(2)銃器のまん延により,殺人・強盗などで銃器が用いられるケースが増加しています。集団強盗も珍しくなく,過去には警察署やテレビ局が強盗団に襲撃されるといった大きな事件も発生しています。首都ジョージタウンにおいても,ひったくりや強盗などの路上犯罪が頻発していますので,貴重品管理に注意してください。また,レストランや商店など,現金を取り扱う場所にて強盗などに襲われるケースが増えているので,夜間には利用を控えるなどの特別な注意が必要です。

(3)薬物犯罪については,隣国(スリナム,ベネズエラ,ブラジル)と陸続きであり,内陸部は当局の管理が行き届いていない地域も多いことから,薬物密輸ルートが多く存在すると言われています。国境付近では強盗集団や麻薬の密輸団などが暗躍している地域もあります。
奥地(国境地帯)に入る必要がある場合は,必ず現地の業者など現地に精通し信用できる案内人の同行を求めることをお勧めします。

(4)この他にも,警察官が殺害された事件(2015年9月及び2016年3月),刑務所での暴動(2016年3月)や脱獄事件(2017年7月に2件発生)など,強盗以外の凶悪犯罪も頻発していますので,ガイアナ滞在の際は十分な注意が必要です。

2.犯罪被害危険地域
(1)首都ジョージタウンのタイガーベイやアルボーイズ・タウン等治安の悪い地域には近づかないでください。また,中心街であるスターブロック・マーケットやリージェント・ストリート,ウォーター・ストリート周辺も,多くの人が訪れる地域ですが,危険な地域に近いことから十分注意する必要があります。

(2)2010年1月には,首都ジョージタウンのスターブロック・マーケットで手榴弾が暴発し,多くの死傷者が出ました。また,2016年6月にはジョージタウンにある新聞社職員の車両脇に手榴弾が置かれていた事件が発生しています(警察が迅速に対応し,被害は発生していません。)。

(3)人通りの多い場所や,見通しの良い場所,一見安全に見える場所であっても犯罪が発生していますので,注意が必要です。外出する際には複数で行動し,日没後の行動は避けてください。

3.テロ対策
 これまでに,ガイアナにおいて日本人・日本権益を直接標的としたテロ事件は確認されていませんが,近年,シリア,チュニジア及びバングラデシュにおいて日本人が殺害されたテロ事件や,英国,フランス,ドイツ,ベルギー,トルコ,インドネシア,フィリピン等,日本人の渡航者が多い国でもテロ事件が多数発生しています。このように,世界の様々な地域でイスラム過激派組織によるテロがみられるほか,これらの主張に影響を受けた者による一匹狼(ローンウルフ)型等のテロが発生しており,日本人・日本権益が標的となり,テロを含む様々な事件の被害に遭うおそれもあります。このような情勢を十分に認識して,誘拐,脅迫,テロ等に遭わないよう,また,巻き込まれることがないよう,海外安全情報及び報道等により最新の治安・テロ情勢等の関連情報の入手に努め,日頃から危機管理意識を持つとともに,状況に応じて適切で十分な安全対策を講じるよう心がけてください。

○外務省 領事サービスセンター(海外安全担当)
電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/

−−−−−−−−−−
トップページ
−−−−−−−−−−