=-=-=-=-=-=-=-=

=-=-=-=-=-=-=-=
● 犯罪発生状況、防犯対策

1 概況
(1)カナダは、一般的に治安が良いと言われていますが、犯罪発生率(人口10万人当たりの犯罪認知件数)は日本の約8倍の水準となっています。最近では、ギャング絡みの発砲・暴力事件も発生しているほか、夜間に銃器や刃物で通行人を脅したり、背後から襲い暴行を加えた後に所持品を奪うといった事案も発生しています。日本人の渡航者、滞在者が犯罪に巻き込まれる事案も発生していますので、適切な防犯対策を講じてください。特に、都市部で夜間のひと気のない場所に出かける際には注意が必要です。

(2)空港やホテル、レストラン等で旅行者を狙ったスリや置引き等が多発しているため、パスポートや現金などの貴重品を盗まれないよう注意する必要があります。被害に遭った日本人旅行者の多くが、貴重品を入れたバッグをほんのわずかの時間、足元や近くの椅子の上に置いた隙に盗まれています。荷物は常に視界に入る位置に置くよう心掛けるとともに、貴重品は必ず身につけて携行するようにしてください。

(3)カナダでは、米国ほど銃器の所持が自由ではありませんが、米国と国境を接しているため、銃の密輸が後を絶たず、銃器を使用した強盗等が増加傾向にあり、在留邦人が銃器で脅される被害も発生しています。万一、強盗等の被害に遭遇した場合には、相手が銃器を所持している可能性が十分にありますので、身体の安全を第一に考え、絶対に抵抗はせず、相手の要求に応じて金品を差し出し、立ち去らせた方が無難です。

2 防犯対策
・ 夜間の一人歩きは避ける。
 暗く人通りの少ない場所は避け、街灯があり、人通りのある場所を選んで通る。

・ 多額の現金や貴重品は必要な時以外は携行しない。
 日本人を含むアジア系観光客から盗んだ財布やバッグに多額の現金が入っていたことに味をしめた窃盗グループが、日本人旅行者を専門に狙っている可能性があります。日本人を狙ったこのような窃盗犯罪を防ぐためにも、多額の現金や貴重品の携行は極力避けることが肝要です。(カナダでは、少額でもカード決済が普及しています。) 
 また、万一被害にあった時に備えて、現金や貴重品は分散して所持するようお勧めします。

・ パスポートの取扱いに注意を払う。
 日本人のパスポートを狙った窃盗グループが存在しており、現金等貴重品とともにパスポートも盗まれる被害が多発しています。脱いだ上着のポケット等にパスポートを入れたままにせず、必ず身に付けて携行するよう特に注意が必要です。

・ 犯罪者に隙をみせない。犯罪を誘発しない。
 犯罪者はまず、多額の現金や貴重品を所持しているターゲットを物色し、そのターゲットの隙を狙います。財布の中身や貴重品を携行していることを他人に知られないように留意することが必要です。また、荷物を身体の前に抱えるなど犯罪を警戒していることを示すことによって、被害に遭う確率を低くすることができます。

・ 面識のない人を安易に信用しない。
 カナダの国民性は一般的に親切ですが、安易に、知り合ったばかりの人の家へ行ったり、自動車に同乗したりしないでください。

・ 車を利用する際も盗難に注意する。
 車の鍵のこじ開けは容易なことであるため、ハンドルロック棒等を利用し、盗難防止措置を施していることを示すことも必要です。また、車上荒らしの被害をさけるためにも、駐車する際は割高でも人目のある駐車場を利用することが大切です。 写真撮影等のほんの数分でも、車中に貴重品は残さないようにしてください。

・ 万一犯罪に巻き込まれた場合には、すぐに警察に届けてください。(電話による緊急連絡は911へ)。バンクーバー市警においては『Japanese Please!』と言えば、日本語でも対応してくれます。
 また、在カナダ日本国大使館及び各地の総領事館では日本人の方の犯罪被害について情報収集と注意喚起を行っています。何らかの犯罪被害に遭った場合は、警察への届出とあわせて最寄りの日本大使館、総領事館へもご一報ください。

3 都市別の状況や防犯対策については、在カナダ日本国大使館及び総領事館が在留邦人向けに作成した「安全の手引き:https://www.anzen.mofa.go.jp/manual/canada_manual.html 」をご確認ください。

4 テロ対策
 カナダにおけるテロ・誘拐については、テロ・誘拐情勢(https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcterror_222.html )をご確認ください。


−−−−−−−−−−
トップページ
−−−−−−−−−−