=-=-=-=-=-=-=-=

=-=-=-=-=-=-=-=
● 犯罪発生状況、防犯対策

1 概況
(1)カナダは,一般的に治安が良いと言われていますが,犯罪発生率(人口10万人当たりの犯罪認知件数)は日本の約5倍の水準となっています。最近では,ギャング絡みの発砲・暴力事件も発生しているほか,夜間に銃器や刃物で通行人を脅したり,背後から襲い暴行を加えた後に所持品を奪うといった事案も発生しています。特に,都市部で夜間のひと気のない場所に出かける際には注意が必要です。日本人の渡航者,滞在者が犯罪に巻き込まれる事案も発生していますので,防犯対策は日本にいるとき以上に注意が必要です。

(2)空港やホテル,レストラン等で旅行者を狙ったスリや置引き等が多発しているため,パスポートや現金など貴重品を盗まれないよう注意する必要があります。被害に遭った日本人旅行者の多くが,貴重品を入れたバッグをほんのわずかの時間,足元や近くの椅子の上に置いた隙に盗まれています。荷物は常に視界に入る位置に置くよう,心がけるとともに,貴重品は必ず身につけて携行するようにして下さい。

(3)カナダでは,米国ほど銃器の所持が自由ではありませんが,米国と国境を接しているため,銃の密輸が後を絶たず,銃器を使用した強盗等も散見され,増加傾向にありますし,在留邦人が銃器で脅された被害も発生しています。万一,強盗等の犯人に遭遇した場合には,相手が銃器を所持している可能性が十分にありますので,身体の安全を第一に考え,絶対に抵抗はせず,相手の要求に応じて金品を差し出し,立ち去らせた方が無難です。

(4)現在カナダでは,テロ組織からの指示や支援を受けないものの,これらの主張に影響を受けた者が,過激化してテロを引き起こすケース(いわゆる「ローンウルフ(一匹狼)型テロ」)が発生しており,このようなテロに対する危機感が高まっています。
 近年における発生事案としては,2014年10月,ケベック州において発生した兵士轢き逃げ死亡事件,同じくオタワ市中心部において発生した守衛兵士銃殺及び連邦議事堂内侵入事件,2017年1月にケベック市で発生したイスラム文化センターでの銃乱射事件,及び同9月にエドモントン市で発生したテロ容疑事件があります。
 これまでのところ,日本人や日本権益に対する具体的な脅威情報は無く,カナダを直接の標的とするテロの具体的な情報も確認されてはいませんが,誰しもテロの被害者になる可能性があります。軍・公安関連施設には無用に立ち寄らないようにし,人が多く集まる施設(レストラン,バー,ホテル,ショッピングモール等),公共交通機関等を利用する際には,周囲の状況に注意を払い,いざという時の避難経路確認等の安全確保に十分留意してください。

2 防犯対策
* 夜間の一人歩きは避ける。
 暗く,人通りの少ない場所は避け,街灯があり,人通りのある場所を選んで通る。

* 多額の現金や貴重品は必要な時以外は携行しない。
 日本人を含むアジア系観光客から盗んだ財布やバッグに多額の現金が入っていたことに味をしめた窃盗グループが,日本人旅行者を専門に狙っている可能性があります。日本人を狙ったこのような窃盗犯罪を撲滅するためにも,多額の現金や貴重品の携行は極力避けることが肝要です。(カナダでは,少額でもカード決済が普及しています。) また,万一被害にあった時に備えて,現金や貴重品は分散して所持するようお勧めします。

* パスポートの取扱いに注意を払う。
 日本人のパスポートを狙ったパスポート専門の窃盗グループが存在し,現金等貴重品とともにパスポートも盗まれる被害が多発しています。パスポートを脱いだ上着のポケット等に入れたままにせず,必ず身に付けて携行するよう,特に注意が必要です。

* 犯罪者に隙をみせない。犯罪を誘発しない。
 犯罪者はまず,多額の現金や貴重品を所持しているターゲットを物色し,そのターゲットの隙を狙います。財布の中身や貴重品を携行していることを他人に知られないように留意することが必要です。また,ひったくりされにくい荷物の持ち方等で犯罪を警戒していることを示すことによって,被害に遭う確率を低くすることができます。

* 面識のない人を安易に信用しない。
 カナダの国民性は,一般的に親切ですが,知り合ったばかりの人の家へ安易に行ったり,自動車に同乗したりしないでください。

* 車を利用する際も盗難に注意する。
 車の鍵のこじ開けは,犯人にとって容易なことなので,ハンドルロック棒等を利用し,盗難防止措置を施していることをアピールすることも必要です。また,駐車する際は割高でも人目のある駐車場を利用することが大切です。ほんの数分でも,車中に貴重品は残さないようにしてください。

* 万一犯罪に巻き込まれた場合には,すぐに警察に届けてください。電話による緊急連絡は911へ。バンクーバー市警においては『Japanese Please!』と言えば,日本語でも対応してくれます。
また,日本大使館または日本総領事館では邦人の方の犯罪被害について情報収集と注意喚起を行っております。そのため,何らかの犯罪被害に遭った場合は,警察への届出とあわせて最寄りの日本大使館,総領事館へも御一報ください。

3 都市別の状況は次のとおりです。なお,都市部の治安問題等には共通する部分も多いので,
実際に訪問される都市以外の状況にもご留意ください。

* オタワ
 日本人が被害に遭いやすいのは,空港,ホテル,レストランやバイワードマーケット(Byward Market)周辺の観光スポット等における置引きやスリ等の窃盗犯罪です。また,スレーターストリート(Slater Street)近辺のオフィス街やその周辺では,人通りの少なくなる夜間にコンビニエンス・ストアやガソリンスタンドでの強盗事件が発生していますので,夜間に一人で外出する際には,街灯が多く,人通りのある場所を歩くといった注意が必要です。
 バイワードマーケット東側地区のジョージストリート(George Street)に所在する,ホームレスを収容するシェルター「ブースセンター」(Booth Centre)周辺の治安状況は悪いため,昼夜を問わず近づかないようにしてください。
 バイワードマーケット地区は,レストラン,バー,ナイトクラブ等が建ち並び,観光客も多く訪れる賑やかな地区ですが,ギャング絡みの発砲・暴力事件等も発生しています。多くは,週末の夜中から朝方にかけての発生であり,深夜の無用な外出を控えることをお勧めします。
 また,車上狙いや,空き巣の被害も発生していますので,駐車の際は監視員のいる駐車場を選ぶ,貴重品は人目の付く場所には残さない・置かないなどの注意が必要です。

* カルガリー
 薬物犯罪,車両盗難,侵入窃盗が多発しています。特に2014年からの景気後退により失業者が増加し,薬物依存者やホームレスによる暴力犯罪が増加しています。夜間の外出には注意が必要です。
日本人旅行者がレストラン,ナイトクラブ,移動中のバスや飛行機内で旅券を紛失する事案が多発しています。所持品の盗難や置き忘れに注意してください。
 カナディアン・ロッキー等の山岳部は天候が変わりやすいので,ハイキングやスキー等で無理な行動は控えてください。

* トロント
 交際,金銭,雇用主とのトラブルが多発しています。親しげに近寄ってくる外国人異性から積極的なアプローチを受けても,気軽について行かない,はっきり「ノー」と断り,相手に付け入る隙を与えない,知らない人を安易に信用しないなどの対応を心掛けてください。また,不法就労は,文字どおり「違法」であり、雇用主とのトラブル(賃金未払い、暴力等)に発展するケースが少なくありませんので,注意ください。
 インターネット掲示板/情報サイト掲載の賃貸物件にかかる詐欺被害が多発しています。インターネット邦人用情報サイトの掲示板等の掲載内容は,書き込みが無料・自由である一方,(サイト内の注意書きにもありますが)掲載内容の真偽についてはサイト側としては責任を負わず,掲載内容の信憑性の確認作業は自己責任となっています。いかなる名目でも前金(お部屋の仮抑え金、最初と最後の月の家賃、キー・デポジットなど)を支払う前には,信頼のおける業者・人物かどうか,契約書,領収書の有無を確認する等十分に注意願います。なお,オンタリオ州では,2018年4月30日より大家とテナント(借家人)は標準賃貸契約書を使用し双方当事者同士が署名し契約を結ぶことを法律により義務づけています。
 振り込め詐欺,アパート詐欺に注意ください。国税庁やその他政府関係者なりすましの電話,身の覚えのない請求を受け,支払いを急がせる,また,第三者に相談させる余地を与えないやり口は,振り込め詐欺の共通点ですので,まずは,警察に相談してください。
 旅行者や留学生等を狙った窃盗犯罪が多く,被害はホテルのロビー及びカウンター,レストラン,空港カウンター等で発生しており,ホテルや空港のトイレの個室の物掛けに掛けた荷物を,扉の外から盗まれた例もあります。レストラン及びナイトクラブ等で,パスポートを身分証明書として携行し,その際に紛失する事例も多く見られます。
トロントの一部(ダウンタウン東地区,フィンチ通り西側等)は,麻薬中毒者や浮浪者等が多く,治安が悪い場所があります。また,麻薬取引やギャング同士の抗争等,銃器を使用した殺人事件等が増加しています。こうしたことに巻き込まれない様,普段から周囲に気を配ってください。夜間のひと気のない場所での通行は極力控え,また,万一襲われた時は抵抗はしないようお勧めします。

* バンクーバー
 旅行者や留学生を狙った置き引き等の窃盗犯罪が,空港,ホテル・ロビー,レストラン,ショッピングセンター,観光地のほか,図書館やカフェでも多発しています。また,最も多発している窃盗犯罪は,観光地等で駐車している車の窓ガラスを割り,車内から物を盗むという手口です。このため,駐車する際は,人目のある駐車場を選び,かつ車内には何も残さないようにしてください。
 また,2018年4月の深夜には,バンクーバー市内に住んでいる邦人男性がスカイトレイン駅から自宅に徒歩で帰宅途中,拳銃のようなものを突きつけられた上,更に催涙スプレーを噴射され,旅券や財布,携帯電話等が入ったカバンを奪われる強盗事件が発生しました。夜間のスカイトレイン駅の周辺等では以前にも同様の強盗事件が発生しています。夜間のひと気のない場所への外出は極力控え,また,多額の現金や貴重品の携行は極力避けるとともに,万一襲われた時は抵抗はしないようお勧めします。
 レンタカーを借りる際に金額未記入のクレジットカードの伝票にサインさせられて,後で多額の請求書が送られる等の被害が発生しています。
 麻薬取引やギャング同士の抗争等,銃器を使用した殺人事件等が増加しています。こうした抗争に巻き込まれないよう注意してください。 また,バンクーバーの一部(ダウンタウン東地区,中華街近辺等)は,麻薬中毒者や浮浪者等がたむろしているため治安が悪く,注意が必要です。特別な用事のない限り,このような治安の悪い地区には立ち入らないでください。
 2016年には邦人女性が殺害される痛ましい事件が発生するなど,とりわけ凶悪事件の発生率は日本と比較して依然として高い状態にあります。

* モントリオール,ケベック市
 殺人や強盗のような凶悪犯罪はまれですが,夏から秋にかけての観光シーズンを狙った置き引きやひったくり,車上狙いが毎年多数発生しています。手荷物は常に目の届くところに置き,駐車時も車両内に放置することのないよう気をつけてください。
 2017年1月,ケベック市のモスク(イスラム教の礼拝堂)において,イスラム教徒を狙った襲撃事件が発生しています。その他にも,近年は移民受入れに反対を唱える極右団体が活発に活動し,左翼系団体と衝突する事案も確認されているため,町中でデモ行進等を見かけた際は興味本位で近づかず,また,ノートルダム大聖堂のような観光名所を除き,宗教施設についても特段の必要性がない限りは避けるようお願いします。

4 テロ対策
 これまでに,カナダにおいてテロによる日本人の被害は確認されていませんが,近年,シリア,チュニジア,バングラデシュにおいて日本人が殺害されるテロ事件が発生しています。また,テロは,日本人が数多く渡航する欧米やアジアをはじめとする世界中で発生しており,特に,近年では単独犯によるテロや,一般市民が多く集まる公共交通機関等(ソフトターゲット)を標的としたテロが頻発していることから,こうしたテロの発生を予測したり未然に防ぐことが益々困難となっています。
 このようにテロはどこでも起こり得ること及び日本人が標的となり得ることを十分に認識し,テロの被害に遭わないよう,海外安全ホームページや報道等により最新の治安情報の入手に努め,状況に応じて適切で十分な安全対策を講じるよう心がけてください。

○外務省 領事サービスセンター(海外安全担当)
電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/

−−−−−−−−−−
トップページ
−−−−−−−−−−