=-=-=-=-=-=-=-=

=-=-=-=-=-=-=-=
● 犯罪発生状況、防犯対策

1. ラトビア国家警察の発表によると,2017年の犯罪件数は44,250件(2016年 45,639件, 2015年 47,406件)で,年々減少傾向であり,またヨーロッパの大都市と比べれば比較的安全であるといえますが,大使館への邦人被害の報告は,夏の観光シーズン中のスリ,窃盗事件が多い状況にあります。スリ,窃盗等は,気のゆるみから被害に遭うこともありますので,常に身の回りに注意しておくことが肝心です。

[日本人の被害例]
(1)エストニア,リトアニア等の近隣諸国から,長距離バスでラトビア・リガ市のバスターミナルに到着し,バスからスーツケース等の荷物が下ろされるのを待っている間に,手荷物の中から貴重品が盗まれた。
(2)バスターミナルから町の中心部に向かって歩いていたところ,通りがかりの男に話しかけられ,そのすきに背負っていたリュックのポケットからポータブル・オーディオをすられた。
(3)リガ中央バスターミナル内の有料トイレ(個室)を利用していたところ,見知らぬ男に施錠していた扉を強引に開けられ,床に置いていた所持品一切を奪われた。
(4)市内のファーストフード店で,アジア系の男女からケチャップのようなものが衣服に付いていると声を掛けられ,鞄を席に置いたまま洗面所に衣服を洗いに行ったが,席に戻ると荷物がなくなっていた。
(5)ホテルでの朝食バイキングで,席に荷物を置いたまま食事を取りに行ったら,荷物がなくなっていた。
(6)リガ市内中央駅・バスターミナル・中央市場付近の地下道で,ラトビア人風の若者に写真を撮ってほしいと頼まれ,写真を撮っているうちにハンドバックの中から貴重品を盗まれた。
(7)中央駅近くの地下道にて,後ろから近付いてきた女に所持品を盗まれそうになった。
(8)リガ中央駅のホームでバッグの中にあった財布を盗まれた。
(9)リガ旧市街をグループで散策中,手首に下げていたカメラを人混みの中ですられた。
(10)宿泊していたユースホステルの部屋に南京錠でチャックを閉じたリュックを置いて外出したところ,帰宅するとリュックがナイフ等で切り裂かれ,中にあったパスポートや現金を盗まれた。

2.防犯のための注意事項・対策
(1)首都リガの旧市街,中央駅,中央市場などの人混みの中を歩く時は,スリ,ひったくり,置き引きに注意することが必要です。また,人通りが少ない時間帯や場所は避け,バスターミナルやその周辺では特に注意が必要です。
(2)夏の観光シーズンには,旧市街地域や中央駅周辺において,浮浪者,薬物中毒者や酔っぱらいの数が増加する傾向があります。特に夜間の旧市街では,酔っぱらいによる突発的な傷害事件も時折見られます。こうした人物を見かけた場合は,目を合わさず,速やかに離れてください。
(3)路面電車,バス,トロリーバスなどが主な公共交通手段ですが,車内でスリにあわないよう,バッグなどの所持品は身体の前に抱えるように持つなどして気をつけてください。特に見知らぬ人が声を掛けてきた時には,それに気を取られているすきにスリを働こうとする人が近くにいる可能性もあると考えて注意することが必要です。

3.  これまでに,ラトビアにおいてテロによる日本人の被害は確認されていませんが,近年,シリア,チュニジア,バングラデシュにおいて日本人が殺害されるテロ事件が発生しています。また,テロは,日本人が数多く渡航する欧米やアジアをはじめとする世界中で発生しており,特に,近年では単独犯によるテロや,一般市民が多く集まる公共交通機関等(ソフトターゲット)を標的としたテロが頻発していることから,こうしたテロの発生を予測したり未然に防ぐことが益々困難となっています。
 このようにテロはどこでも起こり得ること及び日本人が標的となり得ることを十分に認識し,テロの被害に遭わないよう,海外安全ホームページや報道等により最新の治安情報の入手に努め,状況に応じて適切で十分な安全対策を講じるよう心がけてください。

○外務省 領事サービスセンター(海外安全担当)
電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/

−−−−−−−−−−
トップページ
−−−−−−−−−−