=-=-=-=-=-=-=-=

=-=-=-=-=-=-=-=
● 犯罪発生状況、防犯対策

1 首都フリータウンの市内では,治安情勢が比較的安定し,市民生活も正常化しています。しかしながら,市内中心部は人口過密状態にあり,窃盗や武装強盗等の犯罪,特に外国人を狙ったひったくり,与野党支持者間の衝突等が発生しています。

2 首都フリータウン以外の地域では交通,通信等の基本的インフラが整備されておらず,不測の事態が発生した際の退避や移動手段の確保が困難となりますので,渡航される場合には,夜間の外出は極力控え,現地事情に精通した人間を同行させる等,十分な安全対策をとることをお勧めします。

3 国際詐欺事件
(1)日本人を含め外国人が被害者となる通称「419事件」(国際詐欺事件)が増加していますので注意してください。「419事件」は,インターネットや電子メールを利用して,アフリカ諸国の政府機関,政府高官や関係者をかたり様々な儲け話を持ちかけ,連絡を取り合ううちに『手数料』や『政府高官へのわいろ』などの名目で『前渡し金』をだまし取ろうとすることが特徴です。手口も巧妙化しており,被害は詐欺だけにとどまらず,犯人グループによる拉致監禁,身代金要求といった凶悪犯罪にまで及ぶことがありますので,十分注意してください。
(2)この手の国際詐欺の対策は,主に以下のとおりです。
ア 誘いに対して,反応,返信は絶対にしない。
イ 途中で詐欺と気付いたら,一切,連絡や返信はしない。
ウ 手数料を要求されても,絶対に送金しない。
エ 口座番号と暗証番号を照会されても,絶対に教えない。

4 テロ
 これまでに,シエラレオネにおいて日本人・日本権益を直接標的としたテロ事件は確認されていませんが,近年,シリア,チュニジア及びバングラデシュにおいて日本人が殺害されたテロ事件や,パリ,ブリュッセル,イスタンブール,ジャカルタ等でもテロ事件が発生しています。このように,世界の様々な地域でイスラム過激派組織によるテロがみられるほか,これらの主張に影響を受けた者による一匹狼(ローンウルフ)型等のテロも発生しており,日本人・日本権益が標的となり,テロを含む様々な事件の被害に遭うおそれもあります。このような情勢を十分に認識して,誘拐,脅迫,テロ等に遭わないよう,また,巻き込まれることがないよう,海外安全情報及び報道等により最新の治安・テロ情勢等の関連情報の入手に努め,日頃から危機管理意識を持つとともに,状況に応じて適切で十分な安全対策を講じるよう心がけてください。

○外務省 領事サービスセンター(海外安全担当)
電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/

−−−−−−−−−−
トップページ
−−−−−−−−−−