=-=-=-=-=-=-=-=

=-=-=-=-=-=-=-=
● 犯罪発生状況、防犯対策

1. 犯罪発生状況
 エチオピアでは,近年,民主化の機運が高まっている一方,首都アディスアベバにおいては,物価上昇による生活苦や,仕事に就けない若い世代の増加を背景として,軽犯罪の発生件数が毎年高い数値で推移しています。特に,強盗目的の侵入,スリや車上狙い等の窃盗は,外国人や富裕層だけではなく,ごく一般的なエチオピア人も同様の被害に遭っています。また,近年の交通量の増加にともない,交通事故件数も増加傾向にあります。

2.主な犯罪と発生場所
(1)スリ等の窃盗
主に,アディスアベバ市全域の主要道路周辺,マスカル・スクエア周辺,ピアッサ等の繁華街,マルカート等の市場及びショッピングモール等の不特定多数の人が集まる場所や,乗り合いタクシー(以下,ミニバス)の停留所及び車内において,昼夜を問わず,スリ等の犯罪が頻繁に発生しています。
また,地方都市や世界遺産等の観光地においても,同様の窃盗被害が報告されています。
(2)強盗
早朝及び夜間は,人目に付きづらい路地や街外れにおいて,複数名のエチオピア人による棍棒等を使用した襲撃や首締め強盗が発生しています。

3. 一般犯罪の主な手口
(1)スリ・置引き
ア 数名の子供が近づいてきて、1人がタバコを並べた木箱や雑誌等を体に近づけ,もう1人が、木箱の下から又は反対側からポケットやかばんの中の財布や携帯電話を抜き取る。
イ ミニバスに乗車中,「ドアを押さえておいてくれ」などと頼み,注意を引き,その間にかばん等から財布を抜き取る。荷物から目を離した隙に窃盗される(置引き)。
ウ 徒歩で移動中に,すれ違いざまにエチオピア人が口に含んだ液体若しくは唾を衣服にかけ逃走し,もう1人が近づいてきて,謝ると同時に衣服を拭くふりをしながら,ポケットから携帯電話機や財布を抜き取る。
(2)強盗(首絞め強盗等)
夜間や早朝,人通りの少ない路地や街外れにおいて,複数名のエチオピア人に尾行及び待ち伏せされ,隙を見て被害者の首を後ろから羽交い締めにする,棒で殴打する等の危害を加え金品を強奪する手口が認められます。被害者が気を失うまで過剰に暴行するケースもあり,被害者は重傷を負ったり,状況によっては死亡する場合もあります。 
(3)ホテルにおける盗難
ホテル関係者が清掃時に,衣類や化粧品のほか,パソコン等の貴重品を窃取する手口が認められます。
(4)ミニバスにおける盗難
上記(1)イの他,ミニバスの乗客全員が犯行グループの場合があり,窃盗に及んだ後,エンジントラブル等を装い停車し,犯人らは修理を行う素振りを見せ被害者1人だけが下車させられ,犯人らはそのままミニバスで逃走する手口が認められます。
(5)詐欺
滞在ホテルの関係者や、大使館員等の現地在住日本人の知り合いを名乗り,低料金でエチオピア独特のコーヒーセレモニーやエチオピアダンスを見せる,安くておいしい現地料理の店を紹介するなどを口実に民家や店等に案内し,食後に法外な金額を請求する詐欺が発生しています。 
最近では,法外な金額を請求されトラブルになったところに仲介役が現れ,相場より高い金額を旅行者に払わせトラブルを解決するものの,この仲介役が「もっといい店がある」と誘い,更に法外な金額を請求する店に連れて行くなどの組織的な犯行も見られます。

4.邦人被害の事例
(1)空港・ホテル等で声をかけて近づき,偽の身分証明を示すなどして,観光案内を行い,法外な案内料を請求された。また,案内中にも物品を盗まれた。
(2)アディスアベバ市内からの幹線道路において,早朝移動していたところ,銃器を所持した強盗集団に止められ,所持品を強奪された。
(3)首都アディスアベバにおいて夜間徒歩で移動していたところ,首絞め強盗に遭い意識を失った。その際に,所持品が強奪された。
(4)地方都市において物売りが近づいて来たため,汚い言葉を使い追い返したところ,その物売りが鈍器を持って引き返してきて,殴打された。
(5)車両走行中に牛・羊などの群れに遭遇し徐行した際,飼い主が急に車両前方に近づいて来て,車両に接触した素振りを見せ横転した。その後,警察へ届け出ない代わりに金銭を要求されると同時に,車外に出て対応に当たっていたエチオピア人ドライバーへ周囲の取り巻きが暴行を加えた。
(6)ミニバスに乗車中,他の乗客が嘔吐したため脇道に停車した。その後,清掃のため一旦下車するよう促され,従って下車したところ,ミニバスは走り去った。その際,既に携帯電話等の貴重品が盗難されていた。

5.防犯対策
(1)路上歩行中に物売りが近づいてきた際は,必要以上の接触は避け,物売りの人々に取り囲まれないようにしてください。
(2)携帯電話,スマートフォン,財布等の貴重品の携行には十分注意し,歩行中の通話やスマートフォン操作及びイヤフォンを使用しての音楽鑑賞は控えてください。
(3)夜間及び早朝の外出は避け,移動の際は極力タクシーを利用してください。
(4)詐欺を企むエチオピア人は,親しげに話しかけ,親切にガイド役や案内役を申し出ますので,十分注意するとともに,観光ガイド等の相談は旅行代理店の利用を検討してください。
(5)ホテル滞在時,外出中に部屋内の貴重品が盗難被害に遭う可能性がありますので,貴重品及びパスポートの管理には十分注意してください。また,在室中は必ずチェーンロックを掛け,不用意にドアを開けないようにしてください。
(6)万が一強盗に遭った際は,身の安全を第一に考え,抵抗せずに犯人の指示に従ってください。

6.2008年の国際NGO職員誘拐事件以降,エチオピアにおいてテロ・誘拐による日本人の被害は確認されていませんが,隣国ソマリアでは外国人を標的とした誘拐事件・海賊事件が発生するなど,ソマリアからエチオピア側に越境して犯罪が敢行される可能性があることから,これら国境付近ではテロ・誘拐の危険性が引き続き存在します。
また近年,シリア,チュニジア,バングラデシュにおいて日本人が殺害されるテロ事件が発生しています。こうしたテロは日本人が数多く渡航する欧米やアジアをはじめとする世界中で発生しており,特に,近年では単独犯によるテロや,一般市民が数多く集まる公共交通機関等(ソフトターゲット)を標的としたテロが頻発していることから,こうしたテロの発生を未然に防ぐことが益々困難となっています。
このようにテロはどこでも起こり得ることを十分に認識し,テロの被害に遭わないよう,海外安全ホームページや報道等により最新の治安情報の入手に努め,状況に応じて適切で十分な安全対策を講じるよう心がけてください。

○外務省 領事サービスセンター(海外安全担当)
電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/

−−−−−−−−−−
トップページ
−−−−−−−−−−