情報種別:海外安全情報(スポット情報)
本情報は(日本時間)現在有効です。

ベネズエラ:全国市長選挙及びスリア州における州知事選挙の実施に伴う注意喚起

2017年12月07日
【ポイント】
●12月10日,全国市長選挙及びスリア州で州知事選挙が行われます。本年4月以降,当国は,経済情勢が一層悪化し,国民の不満も鬱積していることから,選挙の結果次第では,政府・与党と野党支持者の衝突や暴動等,不測の事態が予想されます。

(内容)
1 12月10日(日),全国市長選挙(335の自治体)及びスリア州において州知事再選挙が実施されます。報道によれば,投票会場は,ほぼこれまでの国政選挙と同じ会場(13,559カ所の投票所)とされており,投票時間は,午前7時頃~午後5時頃までです。

2 投票日の前後も,各地で治安機関と野党支持者による衝突が起こる可能性があります。
(1)投票所及びその周辺(半径500メートル以内)には,武装した国軍等が警備に従事します。また,政府を支持する武装組織(コレクティーボ)が,投票所周辺において,選挙に反対する野党支持者を狙って暴力事件を引き起こす可能性があるため,投票所の周辺には,絶対に近づかないで下さい。
(2)野党支持者の過激派による官公庁等を狙った事件が発生する可能性もあるため,大統領官邸,国会,政府機関が集中するリベルタドール市セントロ地区には,極力近づかないで下さい。
(3)現下の厳しい経済状況や治安の悪化もあり,当面,夜間早朝の外出及び不要不急の外出は控えて下さい。食料品・飲料水等の備蓄に努め,やむなく外出せざるを得ない場合には,テレビ・ラジオ・インターネット等で,事前に外出先や経路の状況を確認して下さい。
(4)万一に備え,家族,友人,職場等に,日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。

3 ベネズエラには別途「危険情報」( http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo.asp?id=260 )が発出  
されており,安全対策を含む滞在にあたっての注意が列挙されています。必ず,同情報も参照するようにしてください。

4 3か月以上滞在する方は,在ベネズエラ日本国大使館が緊急時の連絡先を確認できるように必ず在留届を提出してください。(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet
  また,やむを得ずベネズエラに3か月未満の旅行や出張する際には,渡航先の最新の安全情報や,緊急時の大使館からの連絡を受け取ることができるように,外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)(内線)2306
○領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)(内線)3047
○海外安全ホームページ
http://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版)
http://www.anzen.mofa.go.jp/sp/index.html (スマートフォン版)
http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)

○在ベネズエラ日本国大使館
 住所:Torre Digitel, Piso 9, Av.Don Eugenio Mendoza con Esquina Calle Miranda,  Urb. La Castellana, Municipio Chacao, Estado Miranda
 電話:(市外局番0212)262-3435 国外からは(国番号58-)212-262-3435
FAX:(市外局番0212)262-3484 国外からは(国番号58-)212-262-3484