外務省 海外安全ホームページ

海外安全アプリダウンロード

スポット情報

情報種別:海外安全情報(スポット情報)
本情報は2018年03月14日(日本時間)に失効しました。

コロンビア:ELN(国民解放軍)による「武装ストライキ」実行宣言に伴う注意喚起

2018/02/09
【ポイント】
● 2月7日,左翼ゲリラ「ELN」は2月10日から13日までの間,全国において,「武装ストライキ」を行う旨宣言しました。都市部での同ゲリラによる攻撃等が発生する可能性も否定できません。
● ELNは本年1月10日以降,各地で攻撃を行っており,同ストライキ期間以外でも,十分注意してください。


1 2月7日,左翼ゲリラ「ELN(国民解放軍)」は,2月10日午前6時から13日午前6時までの間,全国において,「武装ストライキ」(武力による経済封鎖等)を行う旨発表し,特に,運輸業者と旅行者に対し,移動を控えるよう警告しました。2016年9月にELNが実施した武装ストライキでは,主にアラウカ県やノルテ・デ・サンタンデール県等において道路封鎖,バスへの放火,治安機関等への攻撃が多数発生しており,都市部においても同ゲリラによる攻撃等が発生する可能性も否定できません。

2 政府とELNは,昨年10月から本年1月9日までの一時停戦合意を結んでいましたが,同期限以降,ELNによるとみられる治安機関,石油インフラ施設等への攻撃が多発しており,同ストライキ期間以外でも注意が必要です。

3 つきましては,コロンビアに渡航・滞在される方は,以上の状況を考慮し,不測の事態に巻き込まれないよう引き続き以下の対応に努めてください。
(1)報道等で,関連情報を入手するとともに,山間部への訪問を避ける。また,国内の移動には長距離バスは利用をしない。
(2)テロの標的となりやすい場所(※)には可能な限り近づかず,やむを得ず訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら速やかにその場を離れるなど安全確保に努める。
(※)公共交通機関,警察や軍などの治安機関,政府施設,インフラ施設,ショッピングセンター,デパート,市場,観光施設,コンサート会場などのイベント会場等不特定多数が集まる場所等
 
4 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方は,緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
 また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,「たびレジ」に登録してください。
(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/# 参照)

5 なお,テロ・誘拐対策に関しては,以下も併せて御参照ください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,https://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)(内線)3047
○領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)(内線)2306
○海外安全ホームページ:
 https://www.anzen.mofa.go.jp/
 https://www.anzen.mofa.go.jp/sp/index.html (スマートフォン版)
 http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)

(現地在外公館連絡先)
○在コロンビア日本国大使館
 住所:Carrera 7 No.71-21 Torre B Piso 11 Bogota, Colombia
 電話:(57-1)317-5001
 FAX :(57-1)317-4989
 http://www.colombia.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html