情報種別:海外安全情報(スポット情報)
本情報は2015年07月27日(日本時間)に失効しました。

米国:竜巻についての注意喚起

2015年03月26日
1 米国南部及び中西部においては、例年3月から6月頃は竜巻(トルネード)が発生しやすく、死傷者を含む甚大な被害が発生する場合があります。

2 昨年は、ミシシッピ州、テネシー州、ネブラスカ州、アーカンソー州等において竜巻により死傷者が発生するとともに、建物損壊等の被害をもたらしました。

3 つきましては、米国南部及び中西部に渡航・滞在を予定されている方及び現在既に滞在中の方は、テレビ、ラジオのニュース、インターネット及び各州の緊急事態庁などのウェブサイト等から常に最新の気象情報の入手に努める等、十分な注意を払ってください。

4 また、万一、竜巻が迫ってきた場合及び竜巻に巻き込まれた場合には、警報等に従い安全確保に努めるとともに、自身の被害等の状況について日本の留守家族及び管轄の在外公館(日本国大使館、或いは総領事館等)に連絡してください。

《情報の入手先》
連邦緊急事態対処庁( http://www.fema.gov ) 
米国ナショナル・ハリケーン・センター( http://www.nhc.noaa.gov ) 
ウエザー・チャンネル( http://www.weather.com ) 

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902,2903
○外務省海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)5139