情報種別:海外安全情報(スポット情報)
本情報は2012年10月11日(日本時間)に失効しました。

フィリピン:マニラ国際空港深夜到着便利用者の強盗被害に関する注意喚起

2010年08月27日
1.最近、日本人旅行者が夜間にマニラ国際空港に到着した後、車両でマニ
 ラ市内に移動中、突然、銃を所持する犯行グループ(複数の男性の乗った
 車両)に行く手を塞がれ、旅券、金品を含む貴重品を奪われる事例が相次
 いで発生しています。中には、空港に到着したばかりの外国人旅行者の乗
 った車両が強盗団の襲撃に遭い、運転手が射殺され、旅行者が一時連れ去
 られる(但し、後に解放された)といった事件も発生しています。

2.被害事例に共通するとみられる点は概ね次のとおりです。
(1)被害者の多くは、午後10時過ぎの到着便でマニラ国際空港に到着し、
  その後、午前零時前後に空港を出発した後に被害に遭っています。

(2)犯行グループは4~5名の男性で、銃を所持し、旅券、金品等の貴重品
  を強奪する他、被害者側が抵抗する場合は、運転手を射殺したり、銃を
  突きつけて車内から乗客を連れ去ったりします。

(3)被害に遭う旅行者の多くは、利用する車両(運転手付レンタカーやホ
  テルハイヤー等)を予め手配しています。偶発的ではなく、犯行グルー
  プが事前に空港で狙いを定めているとみられます。

3.つきましては、深夜便による入国は極力避けるよう心がけ、やむを得ず
 深夜便を利用して到着した際には、空港において犯行グループに狙いをつ
 けられていないか身辺に十分注意すること(例えば空港で多額の両替をし
 ない等)や、流しのタクシーの利用を控えることはもとより、あらかじめ
 手配した車両を利用する場合も、待ち合わせ場所や出迎え者の名前等を事
 前に打ち合わせ、出迎え者の身辺事項の確認ができるようにする、運転手
 に車通りの多い道路を使用するよう指示する等、十分注意して行動するよ
 うにしてください。また、万一、こうした事件に遭遇した場合には、決し
 て抵抗しないようにする等、身の安全を確保するようにしてください。


(問い合わせ先)
 ○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐に関する問い合わせを除く)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139
 ○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐に関する問い合わせ)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)3100
 ○外務省領事サービスセンター(海外安全担当)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
 ○外務省 海外安全ホームページ: https://www.anzen.mofa.go.jp/
              https://www.anzen.mofa.go.jp/i/ (携帯版)
 ○在フィリピン日本国大使館(在マニラ日本国総領事館兼任)
  住所:2627 Roxas Boulevard, Pasay City, Metro Manila, 1300,
      Philippines
  電話: (63-2) 551-5710
  ホームページ: http://www.ph.emb-japan.go.jp/index_japanese_version.htm