外務省 海外安全ホームページ

海外安全アプリダウンロード

スポット情報

情報種別:海外安全情報(スポット情報)
本情報は(日本時間)現在有効です。

フランス:緊急事態宣言の終了に伴う治安及びテロ対策の強化に関する法律の施行について

2017/11/01
【ポイント】
●2015年11月のパリ同時多発テロ事件以降に発出されていた緊急事態宣言が本年11月1日に終了しましたが,テロの脅威に対処するため,新たな法律が施行されました。
●欧州各地で,不特定多数を標的とするテロや襲撃事件が続発しており,引き続き注意が必要です。


☆詳細については,下記の内容をよくお読み下さい。

1 フランスでは,2015年11月のパリ同時多発テロ事件以降,6回にわたり延長を重ねてきた緊急事態宣言が本年11月1日に終了しましたが,引き続き,テロの脅威に対処するため,緊急事態宣言下で例外的に認めてきた行政当局の権限等を一般法に明記するための新たな法律(治安及びテロ対策強化に関する法律)が施行されました。欧州各地で,不特定多数を標的とするテロや襲撃事件が続発しており,更なるテロや襲撃事件の発生が懸念されますので,引き続き注意が必要です。

2 フランスへ渡航・滞在される方は,引き続き,最新の関連情報の入手に努め,不特定多数が集まる場所(公共交通機関,観光施設,デパートや市場,競技場,宗教施設等)や,政府・軍・警察関係施設では,周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど安全確保に努めてください。

3 なお,ご参考までに同法律の概要は以下のとおりです。今次法律は時限立法であり,定められた規定は2020年末まで適用可能となっています。
(1)保護区域の設定
 プレフェ(Prefet:治安責任を有する官選知事)又はパリ警視総監は,テロ攻撃の危険がある場所について保護区域の設定を行い,当該区域に入ろうとする者や車両に対し,検査・検問を行うことができる。
(2)宗教施設の閉鎖
 プレフェ等は,テロ行為を扇動・賞賛等する宗教施設を最大6か月間閉鎖することができる。強制閉鎖処分は通知から早くとも48時間後に行われ,この間に通知を受けた宗教施設は,行政裁判所に提訴することができる。
(3)個別監視措置
 プレフェ等は,テロ行為を賞賛したり,テロ組織と関係を有したりするなど,治安や公共の秩序に対する特に深刻な脅威となる行動をとっているとみなされる深刻な理由がある者に対し,当該者の生活の拠点となるコミューン(市町村)を超える範囲で画定された区域内にとどまるよう個別監視措置(居所指定措置)を命じることができる。個別監視措置命令を受けた者は,自らの連絡先の届出及び週1回の警察等への出頭又は移動型電磁的監視装置(電子ブレスレット等)の装着が義務付けられる。
(4)訪問及び押収
 プレフェ等は,自由勾留判事の許可を得て,深刻なテロの脅威となる行動をとっているとみなされる者の居宅等に対する訪問及び押収を行うことができる。

4 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方には,緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,「たびレジ」に登録してください。
(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/# 参照)

5 なお,テロ・誘拐対策に関しては,以下も併せてご参照ください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)
(3)ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル
(マニュアルは,http://www.anzen.mofa.go.jp/anzen_info/golgo13xgaimusho.html に掲載。)

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

(現地大使館等連絡先)
○在フランス日本国大使館
住所:7, Avenue Hoche, 75008, Paris, France
電話: (市外局番01) 4888-6200
国外からは(国番号33)-1-4888-6200
FAX: (市外局番01) 4227-5081
国外からは(国番号33)-1-4227-5081
ホームページ:http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/

○在ストラスブール日本国総領事館
住所:"Tour Europe", 20, Place des Halles, 67000 Strasbourg, France
電話: (市外局番03) 88-52-85-00
国外からは(国番号33)-3-88-52-85-00
FAX: (市外局番03) 88-22-62-39
国外からは(国番号33)-3-88-22-62-39
ホームページ:http://www.strasbourg.fr.emb-japan.go.jp/

○在マルセイユ日本国総領事館
住所:70, Avenue de Hambourg, 13008 Marseille, France (B. P. 199,13268  Marseille Cedex 08, France)
電話: (市外局番04) 91-16-81-81
国外からは(国番号33)-4-91-16-81-81
FAX: (市外局番04) 91-72-55-46
国外からは(国番号33)-4-91-72-55-46
ホームページ:http://www.marseille.fr.emb-japan.go.jp/

○在リヨン領事事務所
住所:131, boulevard de Stalingrad, 69100 Villeurbanne, France
電話: (市外局番04)37-47-55-00
国外からは(国番号33)-4-37-47-55-00
FAX: (市外局番04)78-93-84-41
国外からは(国番号33)-4-78-93-84-41
ホームページ:http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/