外務省 海外安全ホームページ

海外安全アプリダウンロード

スポット情報

情報種別:海外安全情報(スポット情報)
本情報は(日本時間)現在有効です。

ハイチ:ハリケーン・マシュー通過後の被害に関する注意喚起(新規)

2016/10/14
【ポイント】ハリケーン・マシューがハイチ南西部に大きな被害をもたらし,生活物資等の不足から盗難や強盗,抗議活動が発生しているほか,交通の混乱,コレラの流行拡大が懸念されますので注意が必要です。

1 10月3日及び4日,ハリケーン・マシューがハイチに上陸し,ハイチ南西部を中心に大きな被害をもたらしました。最も被害が大きい南県及びグランダンス県では,多数の死傷者が出ているほか,多くの建築物等が破損・倒壊し,交通障害等も発生しています。

2 南県及びグランダンス県においては,救援物資が十分に行き届いていない地域があり,農業や畜産業も壊滅的な被害を受けていることから,生活物資をめぐり盗難や強盗,抗議活動等が発生しているほか,支援物資を運搬する車両が襲われる事件も発生しており,十分な注意が必要です。

3 南県,グランダンス県,ニップ県及び西県西部一部地域(プチゴワーブ市)の国道においては,ハリケーンの影響で道路や橋の状態が非常に悪くなっており,復旧作業が進められています。また,支援物資運送のための渋滞も発生しており,しばらくは交通状態の混乱が予想されますので,通行には十分な注意が必要です。

4 今回のハリケーン被害でハイチの衛生状況が悪化し,ハイチ保健省が被害の大きい南県,グランダンス県においてコレラが広がり始めていると発表したとの現地報道がありました。特に,南県シャルドニエール(Chardonnière)市及びポータピモン(Port-à-Piment)市で感染被害が大きいとのことです。今後更に流行が拡大することが懸念されますので,水や食べ物には十分な注意が必要です。

5 つきましては,ハイチ西部(南県,グランダンス県,ニップ県,西県西部(プチゴワーブ))への不要不急の渡航は止めていただき,やむを得ず渡航・滞在を予定している方及び既に滞在中の方は,上述の状況に御留意の上,現地報道等から現地の最新情報を入手し,自身の安全確保に努めてください。
 現地の衛生・医療事情については,在外公館医務官情報( http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/cs_ame/haiti.html )もご参照ください。

6 ハイチには,別途,危険情報
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_255.html#ad-image-0 )が発出されていますので,併せて注意してください。

7 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方は,緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
 また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,「たびレジ」に登録してください。
(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/# 参照)

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
 電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902, 2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
 電話:(代表)03-3580-3311 (内線)3047
○外務省海外安全ホームページ
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://www.anzen.mofa.go.jp/sp/index.html (スマートフォン版)
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (モバイル版)

(現地在外公館館連絡先)
○在ハイチ日本国大使館
住所:Hexagone 2eme etage Angle Rues Clerveaux et Darguin Petion-Ville, Quest, HAITI
電話:2256-5885/3333  国外からは(国番号509)-2256-5885/3333
FAX:2256-9444  国外からは(国番号509)-2256-9444
ホームページ:http://www.ht.emb-japan.go.jp