外務省 海外安全ホームページ

海外安全アプリダウンロード

スポット情報

情報種別:海外安全情報(スポット情報)
本情報は(日本時間)現在有効です。

スペインにおけるクリミア・コンゴ出血熱の発生(ダニに咬まれたり、家畜などにむやみに触れないようにしてください。)

2016/09/03
1.クリミア・コンゴ出血熱の発生状況
 クリミア・コンゴ出血熱はウイルスを保有したマダニに咬まれたり、ウイルスに感染した動物(特にヒツジなどの家畜)や人の血液や体液に接触することにより感染します。2~9日の潜伏期間ののち、発熱、関節痛、発疹、紫斑(出血)、意識障害などの出血症状がみられます。症状出現後2週間ほどで約30%が死亡します。回復する場合は、症状出現後9~10日で症状が改善します。
(1)9月1日、スペイン保健省は、国内初となるクリミア・コンゴ出血熱の感染者が2名確認されたことを発表しました。マドリード州保健局によれば、1例目の感染者は、8月25日にマドリード市内のグレゴリオ・マラニョン病院で死亡した62歳の男性で、アビラ県(マドリード市の西北西約110Km)を散歩中にダニに刺されたと述べていたとのことです。また、2例目の感染者は、1例目の患者の治療に当たっていた看護婦で、8月31日夜にマドリード市内のカルロス三世病院に転院し、症状は安定しているとのことです。現在、同2名の患者と接触のあった約200名(そのうち半数は病院関係者)が同保健局の監視下に置かれているとのことです。
(2)今回のスペインでのクリミア・コンゴ出血熱の発生は、西ヨーロッパにおいて最初の国内感染例と考えられており、スペイン保健省によれば、同省は既にマドリード市等と連携して対処しているとのことです。
(3)スペインに渡航・滞在される方は、在スペイン日本国大使館のホームページ等から最新の情報を入手するとともに、ダニに咬まれない、家畜などにむやみに触れない等の予防に努めてください。また、発生地域から帰国し、疑わしい症状がある場合には、早期に医療機関を受診し、適切な治療を受けてください。

2.クリミア・コンゴ出血熱について
(1)感染源
ウイルスを保有したマダニに咬まれたり、ウイルスに感染した動物(特にヒツジなどの家畜)や人の血液等に接触することにより感染します。中国西部、東南アジア、中央アジア、中東、ヨーロッパ、アフリカで発生がみられます。
(2)症状
2~9日の潜伏期間ののち、発熱、関節痛、発疹、紫斑(出血)、意識障害などの出血症状がみられます。症状出現後2週間ほどで約30%が死亡します。回復する場合は、症状出現後9~10日で症状が改善します。
(3)治療方法
特別な治療法はなく、症状に応じた治療が行われます。
(4)予防方法
ワクチンや予防する薬はありません。
草の茂ったマダニの生息する場所に入る場合には、長袖、長ズボンを着用し、素足でのサンダル履き等は避けるなど、ダニに咬まれないよう注意してください。また、家畜にむやみに触れないよう心がけてください。

3.在留届及び「たびレジ」への登録のお願い
 海外渡航前には万が一に備え、家族や友人、職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方は、緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。在留届は、「在留届電子届出システム(ORRnet)」サイトから提出が可能です。また、「在留届」用紙による提出(持参、FAX、郵送)も可能です。「在留届」用紙での提出は、必要事項を記入の上、お近くの在外公館に直接提出してください。詳細は以下を参照ください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
 また、3か月未満の旅行や出張などの際には、海外滞在中も安全に関する情報を随時受け取れるよう、「たびレジ」に登録してください。詳細は以下を参照ください。
 https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/#

(参考情報)
厚生労働省検疫所
  http://www.forth.go.jp/useful/infectious/name/name51.htm
  国立感染症研究所
  http://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k02_g2/k02_31/k02_31.html

(問い合わせ先)
○外務省領事局政策課(海外医療情報)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5367
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
○外務省領事サービスセンター(海外安全担当)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902、2903
○外務省 海外安全ホームページ:
  http://www.anzen.mofa.go.jp/
  (携帯版) http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp

(現地在外公館連絡先)
○在スペイン日本国大使館
 住所:Calle Serrano 109 - 28006 Madrid – SPAIN
 電話:(1+34) 91-590-7600
 FAX:(1+34) 91-590-1321
 ホームページ:http://www.es.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○在バルセロナ日本国総領事
 住所:Avda. Diagonal, 640, 2a planta D 08017 Barcelona – SPAIN
電話:(1+34) 93-280-3433
 FAX:(1+34) 93-280-4496
 ホームページ:http://www.barcelona.es.emb-japan.go.jp/japones/index.htm