外務省 海外安全ホームページ

海外安全アプリダウンロード

スポット情報

情報種別:海外安全情報(スポット情報)
本情報は(日本時間)現在有効です。

ウクライナ:ウクライナ東部における治安情勢の悪化に伴う注意喚起

2015/01/28
1 1月24日,ウクライナ東部のマリウポリ市に対する砲撃により,多数の一般市民の死傷者が出ました。また,ルハンスク市,デバリツェヴェ市及びドネツク市周辺においても衝突が続いており,現地の治安情勢は悪化しています。

2 分離派武装勢力の「ドネツク人民共和国」の首長を自称するザハルチェンコは,ドネツク州の(西の)州境に達するまで侵攻を続ける旨発言しており,ウクライナ東部における治安情勢の更なる悪化と他地域への影響の可能性も排除されません。

3 ドネツク州及びルハンスク州については,危険情報「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」を発出し,両州への渡航はどのような目的であれ当面控えるようお勧めしているところですが,改めて,注意喚起します。また,同地域に既に滞在中の方は,報道等により最新情報の入手に努めるとともに,滞在日数を切り上げる,不要不急の外出は控える,特に戦闘が起きている地域や武装勢力の支配地域には絶対に近付かないなど自らの安全確保に努めるようにしてください。また,その他の地域においても,大衆が集まって騒いでいる場に遭遇した場合は速やかにその場から離れ安全な場所へ移動する,常に周囲の状況に十分注意を払うなど,不測の事態に巻き込まれないよう,十分な安全対策を講じるようにしてください。

4 ウクライナについては,別途危険情報(http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2014T075.html#ad-image-0 )が発出されていますので,あわせてご参照ください。
 なお,ドネツク州,ハルキウ州,ルハンスク州を含むウクライナ東部3州での取材について,報道各社に向けても注意喚起を出していますので,フリーの報道関係者を含め別紙(http://www.anzen.mofa.go.jp/attached2/attached_ukraine20140425.pdf )を参照してください。

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)3678
○外務省海外安全ホームページ
  http://www.anzen.mofa.go.jp
  http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

(現地大使館連絡先)
○在ウクライナ日本国大使館
  住所:4, Muzeiny Lane, Kyiv, 01901, Ukraine
  電話:044-490-5500
   国外からは(国番号380)44-490-5500
  ファックス:044-490-5502
   国外からは(国番号380)44-490-5502
  ホームページ:http://www.ua.emb-japan.go.jp/jpn/index.html